旅する起業家、というスタイルについての覚書

アメブロが最近削除されている人が多いので、旅用のブログを新しく立ち上げました。

主に海外で仕事ができるwifiカフェと、言語習得情報についてまとめる予定です。

僕は「旅人」とはいいながら、日中ホテルに籠ってたり、喫茶店に籠ってたり、日本とあまり変わらない生活を送っています。

観光名所も特に周っていませんし、生活リズムを崩さないために、ヘビーな移動旅行もスケジュールに入れていません。

こんなことをしていて「旅人」と言うのもはばかられますが、、、最初の1年はこれで通します。

僕は2012年から2017年までの5年間を、海外で過ごす予定でいます。そのため、世界一周をまったく急いでいません。

仕事もやりつつ、世界一周もやりつつだと、どちらも中途半端になることは目に見えています。

そのため最初の1年は、これまで通りアフィリエイトビジネスと、語学の習得に注力していきます。

1年後というと僕は26歳。

「世界一周しましたよ~」という26歳より、

海外を仕事続けて、月収ベースで100万稼げるようになったんですね。仕事の合間に、英語とベトナム語とタイ語とスペイン語を覚えたので、これから世界一周する予定なんですよ~

・・・という26歳の方が明らかにカッコいいし、より自由に世界を楽しめると思っています。

普通、世界一周は「一生に一度、できるかできないか」という、一世一代の大イベントになると思うのですが、

僕の場合は「世界を旅するためにこの仕事で独立した」ので、世界一周は特別なものでもなんでもなく、いつでもできる普通のことという風に捉えています。

たとえば、25歳でとりあえず主要言語を覚えて、26歳で世界一周をしつつ、どんなことに興味を持つか下見。

そこで経済状況に興味を持ったなら、27歳は「経済」をテーマにさらに一周。

さらに世界についての理解を深めるために、28歳は「政治」をテーマにもう一周。

大まかな外観は掴んだので、29歳は少数民族や地方文化に焦点を当ててもう一周。

自分を広げ、世界を広げ、人脈を広げ、本当に世界の役に立ち、自分も納得できる「仕事」を30歳で決定する。たとえば、そんな風な生き方もできると思います。

世界一周はいつでもできる。

旅人らしい旅の仕方もいつでもできる。

だからこそ、今自分が取り組んでいるものをしっかりと焦らずにやりたいと思っています。

今取り組んでいるものはインターネットビジネスと、語学習得。今はこの二つだけを、徹底して育成する。読んでいる方は物足りないかもしれませんが、とにかく僕は僕のやり方を徹底して貫き、僕にしか出せない結果を出します。

まあそんなこんなで気長にお付き合いいただけると嬉しいです。

ではまた!

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

※2014年7月より続けてきたオンラインサロン「パワートラベラー実践会」は、育休のため2017年3月に募集を停止いたしました。現在はこちらの...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

 icon-tag メールマガジンも配信しています

メールマガジン「パワートラベラー養成講座(無料)」では、旅資金を稼ぐ簡単な方法やアイディア、僕のライフスタイルについて配信しています。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。 「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」 そんな働き方を叶...

関連記事

NO IMAGE

モチベーションではなく生存欲求に仕事をさせよう。

NO IMAGE

ガラケーサイトが淘汰されるその前に、資産となるコンテンツサイトを構築する

NO IMAGE

ようやく仕事の面白さが五臓六腑に沁み渡る。

NO IMAGE

1円の価値

NO IMAGE

20代のすべてを、この夢の実現に捧ぐ。

2011年3月、起業宣言。