1月17日:アフィリエイターのモチベーション管理方法

僕は仕事をするときに、

・モチベーションを上げないこと

・決して頑張らないこと

の2点を心がけているようにしています。

なんだか不自然な信条かもしれませんが、

モチベーションにイチイチ左右されて仕事の効率が変化したり、変に頑張ることで、数日後に息切れして体が動かなくなってしまうよりも、一定のテンションで淡々とやるべきことをこなしていくのが、

効率的にも、作業量としても、一番利に適っているとわかってきたからです。

モチベーションを上げなければできないことは、為そうとするその一事が、まだ自分にとって「特別なこと」であるからだと思います。

そうではなくて、その一時を生活の中にすっかり溶け込ませて、それに従事していることが当たり前の状態になれば、

やるためにエンジンをかける必要も、意気込む必要もなく、

ただ呼吸や排せつや食事や睡眠や生理現象と同じレベルで、その一事をやり続けることができるのではないでしょうか。

僕はなるべく、そういった生理現象のレベルにまで、自分の仕事のレベルを落としていきたいと思っています。

誰も自分の呼吸や排せつの如何を気にしたり、自慢をしたり、不安を感じることがないように、

ただひたすらに淡々と、心臓が規則正しく脈打つように、自分の仕事を押し進めていきたい。

また、これはジェームス・スキナー氏の著書『お金の科学』に書いてあったことですが、

「成功をするためには、毎日「成功税」を納めなくてはならない、春に種蒔きを忘れて、秋に収穫を望むことは決してできないのだ」

それを読んだときに、とにかく毎日、少額でもいいから「成功税」を納め続けようと心に決めました。

アフィリエイトに従事する人間にとっての成功税は、

・記事を書くこと
・サイトを作り、修正を加えること
・新しい流行と時代を読むこと

の大まかに3つに分類されると思いますが、

とにかくどんなモチベーションであろうと、気乗りしなかろうと作業効率が悪かろうと、手だけは動かして成功税を払い続ける、これだけは毎日やると自分に課しています。

まあ「心がける」とか「課す」とか固い文句を使っていますが、こういったことを、無意識に、何も心がけずにゆるーく、当たり前に毎日行える人間になりたいなあと思っています。

阪口ユウキ

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

4月29日:自転車発電をしながらの旅の可能性を考える

2月12日:カラコン500サイト修正完了

12月4日:印象・わかば

9月2日:精神と時の部屋を出て再び事業に励む

3月15日:絶対に、稼ぐ。 腹に据えるはその一事

3月3日:旅する起業家の確定申告事情【情報収集編】