プラハのオーガニックスキンケア店「Botanicus」に行ってきました。突き抜けたこだわりには感動を生み出す力がある。

ヨーロッパには、お洒落でこだわりを感じる専門店を多く見つけます。
チェコのプラハで見つけた「ボタニクス(botanicus)」もそのひとつ。プラハ郊外で生まれたオーガニックスキンケアブランドです。DSC06591 DSC06593 DSC06594 DSC06595 DSC06600 DSC06610製品に使われるのは、チェコ国内で採れた草花や果実。「薔薇」や「ラベンダー」だけでなく「蜂の巣」など、ちょっと変わった石鹸やコスメが店内に並んでいます。こうした他にはない、オンリーワンの商品を扱っているメーカーはやはり魅力的ですね。

もちろん観光客にも大人気。驚いたのは中国人の「爆買い」に対応するために、中国人専用のお店も作っていたこと。そちらは始終中国人のツアー客で賑わっており、「プラハ市内でもっとも人口密度が高いお店では?」と思うほどでした。

僕らが買い物をしたのは、すぐそばにある中国人以外を対象にしたお店。こちらは落ち着いて買い物ができましたし、日本人の定員さんも2人いらしたので、いろいろと相談に乗っていただくことができました。DSC06602 DSC06604 DSC06605 DSC06606 DSC06607 DSC06609 DSC06613 DSC06612 DSC06617自国にあるもの、自分たちにしかつくれない商品をつくり、唯一無二のブランディングをつくること。これはリアルなショップだけではなくて、僕らの仕事にも当てはまることだなあと感じました。

フリーランスで働く僕らは、どうやって相手から選ばれるか、どうすれば他の人と差別化をすることができるかをいつも考えます。

身につけている人が少ないスキルを覚えたり、特異な経験をしたり。このお店にならんでいる色とりどりの石鹸のように、どれだけ自分の中にある引き出しを豊かに、色鮮やかに保っておけるかということが、生命線のように思います。

ヨーロッパの専門店に入ると、他店を寄せ付けない「突き抜けたこだわり」を感じます。以前このブログでも紹介した、パリのマスタード専門店「MAILLE」もそうですね。そのときも、「こんなお店があったのか!」「よくこの分野で突き抜けたな!」と感動したことを覚えています。

突き抜けたこだわりは、感動を生み出す力がある。僕も自分の仕事に、もっともっとこだわりを持たなければならないと感じました。

Botanicus
住所:Týn 1049/3, 110 00 Praha 1
営業時間:10:00-18:30
場所:30メートルくらい離れた場所に2店舗

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

世界を自由に飛び回る力をつけるために 「世界を自由に飛び回る力をつける」そのために、僕はPC一台でできる仕事の仕組みを作ってきました。 ...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

関連記事

紅茶を頼むにもルールがある。「事前知識」がなければ、たとえ英語がわかっても会話を...

[ホテルジム]アマネム(AMANEMU)のフィットネスジムを貸し切ってトレーニン...

ウィーンで自転車に乗ろう!シティバイクの借り方とウィーンの自転車事情について。

語学研修中に叶ったふたつの夢

これでもう焦らない!海外のスターバックスでの注文手順をまとめました。

パリの紅茶専門店・マリアージュ フレールに行ってきました。100種類以上の紅茶缶...