オペラ座からCDG空港まで直結!ロワシーバスの乗り方・乗車場所・チケットの乗り方と注意をまとめました。

新婚旅行ではヨーロッパを3ヶ月ほど周遊していたのですが、パリはとても気に入って、計1ヶ月ほど滞在しました。

パリのシャルルドゴール空港から市内へ、 市内からシャルルドゴール空港へ移動する手段として便利な「ロワシーバス(Roissy Bus)」。

オペラ座の横から出発し、 その後はノンストップで空港に到着します。

空港への足として真っ先に候補にあがるこのロワシーバスの乗り方や料金を解説します!

ロワシーバスの乗車場所は?

ロワシーバスですが、オペラ座近くのこちらの場所になります。

住所でいうと「11 Rue Scribe,75009 Paris」。

地下鉄移動になると、重いスーツケースを運ばなければならないため、パリ最終日はこの近くのホテルをとって、徒歩でバス停に行けるようにしました。

[aside type=”normal”]高級ホテルがあるのは「Opera駅」周辺に、3つ星の泊まりやすい価格があるホテルは、「Madeleine駅」から上に集まっています。(ちなみに僕ら夫婦の定宿は「Best Western Hotel Folkestone Operat West」というホテル。オペラ座にもギャラリーラファイエットにも徒歩圏内でオススメです!)[/aside]

[kanren postid=”18832″]

ロワシーバスの時間・運行頻度は?

ロワシーバスの運行頻度ですが、

  • 時間 06:00-23:00
  • 間隔 15-20分おきに運行

となっています。

空港までは早ければ40分くらいで到着しますが、だいたい60分を目安にしておくといいでしょう。

ロワシーバスのチケットはどこで買う?

チケットはこのバス乗り場に自動発券機があります。

特に予約は必要ありませんので、当日バス乗り場にいって自販機で買いましょう。

料金は、クレジットカードとコインのみで1人11ユーロ

紙幣しか持っていない場合は、直接バスの運転手さんから購入します。

この自販機、VISAとMASTERが対応しているのですが、カードによっては使えない人が多いらしく、けっこうこの自販機前で困っている観光客が多かったです。

CDG空港のターミナルにも注意!

空港直結のロワシーバスですが、シャルル・ド・ゴール空港はとても広く、ターミナルも分かれています。

Roissy-Bus-Route

こちらがロワシーバスが通る順番。

注意すべきは、最初に到着する「T1」から最後の「T3」までは、15分〜30分くらいかかること!

夕方のラッシュ時にはもっとかかるかもしれません。ターミナル間を移動する車道が少ないので、ちょっと車が多くなると一気に渋滞してしまうからです。

ですので、事前に航空会社のターミナルを確認して、あなたのターミナルがどこにあるかを確認し、遠いターミナルの場合は時間に余裕を見るか、鉄道で向かうことをオススメします。

7月。夕方のラッシュ時に巻き込まれ焦る!

バスの場合は一度乗ってしまえば、 終点までゆっくりできるので何度か利用していたのですが、、、

今回はじめて「夕方のラッシュ」に巻き込まれました。

乗車は17時。今までは40分程度でスムーズに移動できていたのですが、今回はなんと80分!

一番最初に到着するターミナル1で、80分です。 最後のターミナル3では、100分超えです。

しかも、初めて気がついたのですが、

「このバス、空調機能がありません」

もしかしたら故障していたのかもしれませんが、 僕たちが乗ったバスには冷房がなく、 蒸し風呂状態で誰かが倒れても不思議ではない状態でした。

乗車している人もみんなくたくたで、「まるで東南アジアのバス移動みたいだな……」と思うほど。

こんな経験から、

  • 移動はラッシュ時を避けよう
  • ラッシュ時には確実に到着する鉄道を利用
  • ペッドボトルの水は常に携帯しよう

という教訓を学びました。

とはいっても便利なロワシーバス。移動時間に気をつけて利用してくださいね!

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

ディズニーランドパリ ナイトショーの時間は? 終わってからの列車移動、治安は大丈...

結婚することで広がる自由もある、とパリで妻のワンピースを選びながら気がついた話。

ドローン起業家・「東海空中散歩」主催の吉武 穂高さんとお会いしました。

パリノートルダム大聖堂のコンサートに参加して。僕らは世界に無限にある美しい催しの...

その場で瓶詰めしてくれる「マスタードサーバー」に心躍る!パリで人気のマスタード専...

パリのシャングリラホテルで誕生日サプライズ!エッフェル塔ビューのテラス付き部屋に...