【保存版】パリで観光に便利なおすすめホテルとエリアをまとめました!

2015年5月から、新婚旅行でパリに1ヶ月ほど滞在をしてきました。

その間、パリ中心部を3-5日くらいの間隔でホテルを変えて転々としていたのですが、
だんだんと、パリ市内のこともわかるようになり、
「この地区は便利!」ということがわかるようになりました。

この記事では「パリ滞在ならこの地区に泊まりたい」という観光に便利なエリアと、
僕ら夫婦が泊まってよかったおすすめホテルをまとめています。

パリ滞在の参考にしていただければ嬉しいです!

パリ観光おすすめエリア①.ノートルダム大聖堂のホテル

まずパリ観光におすすめしたいのが、ノートルダム大聖堂周辺のエリアです。

ノートルダム大聖堂周辺エリア

このエリア、観光スポットが多いシテ島、そしてセーヌ川のほとりにあります。

僕は「セーヌ川沿いを好きな人と一緒に歩きたい」という希望が昔からあり、
その願望を叶えるのにまさにピッタリの場所でした。

このエリアに宿泊するメリットとしては、
なんといっても世界遺産・ノートルダム大聖堂に歩いていけること。

この大聖堂、昼間は観光客が列をなしているのですが、朝早い時間帯はガラガラだったりします。

大聖堂の中をほとんど貸切状態で歩けますし、
美しいバラ窓もじっくり観察することができます。
そうした楽しみができるのもこの界隈のホテルに宿泊する特権ですね!

このエリアのおすすめホテル「hotel de notre dame paris 」★★★

僕ら夫婦が泊まったホテルが「hotel de notre dame paris」。

ノートルダム大聖堂から歩いてすぐ、
セーヌ川の南側のレストランやカフェも多い地域にあるホテルです。

ノートルダム大聖堂エリアのおすすめホテル ノートルダム周辺ホテル

ノートルダム大聖堂エリアのおすすめホテル

部屋も広く快適。収納スペースも広くスーツケースを広げても余裕があります。

近くには和食、カフェ、スーパーなどひと通りのものが揃っているので、夜遅く帰ってきてもご飯には困りません。治安も、人通りが多い地域なのであまり悪くは感じませんでした。

この近辺は地下鉄駅もありますし、空港から市内へ伸びるRER線の駅も徒歩圏内。なので、パリ到着の初日にこのエリアのホテルに宿泊すると、「パリに来た!」感覚が味わえて楽しいと思います!

Hotel de Notre Dame Parisの予約ページへ⇒

ノートルダム大聖堂近くの他価格帯のホテルを検索する⇒

パリ観光おすすめエリア②.オペラ座周辺のホテル

オペラ座正面写真

パリ観光に欠かすことができないパリ・オペラ座。

オペラ座そのものも観る価値があるスポットですが、この界隈はショッピングにもとても便利。

パリに来たなら訪れたい高級デパート「ギャラリー・ラファイエット」をはじめ、
パリ発のブティック、雑貨屋、キャビアやマスタードの専門店など
ちょっと歩くとすぐに買いたいアイテムが見つかるエリアです。

妻はこのエリアがお気に入りで、毎日のように専門店やアパレルショップを巡っていました。

オペラ座エリアで買い物をする妻

実はこのオペラ座エリア、観光の起点とするのもとてもおすすめ。

ライトアップされたパリの街を走るナイトツアーバスも、このオペラ座近くが発着点。
シャルル・ド・ゴール空港に向かうバスの発着もここからです。

パリ最終日はこのオペラ座地区に滞在してショッピング、
そしてナイトツアーバスで夜のパリの街をぐるりと巡りながら、
翌日はロワシーバスで空港へ、というプランなんて素敵だと思います。

[kanren postid=”19676″]

オペラ座周辺のおすすめホテル「BEST WESTERN Folkestone Opera Hotel」★★★

オペラ座エリアのおすすめホテル 外装1 オペラ座エリアのおすすめホテル 内装2

オペラ座周辺ホテル

このエリアのおすすめホテルが、「Best Western Folkestone Opera Hotel」。

キャビアやトリュフ、FOSHIONなど心惹かれる専門店が多い「Madeline」駅、
ギャラリー・ラファイエット、そしてオペラ座まで徒歩圏内というとても立地が良いホテル。

このホテルの最上階の3部屋はテラス付き。
僕らは普通に予約したのですが、
アップグレードだったのかテラス付の部屋でとても快適に過ごせました。

ホテルの向かいにあるパン屋さんでバケットを買い、
ホテルの隣にあるお肉屋さんで生ハムやパテを買って朝食にしたり。
ワインを買ってきてテラスで飲んだりと、
まるでパリで暮らしているかのような滞在を楽しむことができます。

ショッピング目的でパリに行かれるなら、まずこの界隈のホテルがベストです。
エルメスの本店なども歩いて行けるので、お探しものがある方はここに拠点を構えて毎日通いましょう!

このホテルの詳細・予約ページはコチラ⇒

オペラ座界隈の他価格帯のホテルを検索する⇒

おすすめエリア③ シャンゼリゼ通り周辺のホテル

「世界で最も美しい大通り」とも言われるシャンゼリゼ通り。

ファストファッションから有名ブランド、劇場や映画館、
ナイトクラブまでが並ぶ、パリで最も人が集まる場所のひとつです。

シャンゼリゼ通り

シャンゼリゼ通りにはアパートを借りて5日ほど滞在したのですが、
大通りを一本入ると住宅地になっていて、
地元の人が通うレストランやスーパーなどもあるのが意外でした。

まだ午前中の人が少ない時間帯に、ラデュレやルイヴィトンの本店を巡り、凱旋門の上に登ったり。

午後はラグジュアリーホテルとして有名な「ホテルプラザアテネ」のラウンジでお茶をしたり。

晩御飯はスーパーで買ってきた食材で自炊をしたり、、、
そんな、シャンゼリゼ通りで「生活」するような日々を過ごすこともできてしまいます。

シャンゼリゼ通りのおすすめホテル(アパート)「Parisian Home – Apartments Champs Elysees」

シャンゼリゼ通りのおすすめホテル 内装1 シャンゼリゼ通りのおすすめホテル内装2 シャンゼリゼ通りのおすすめホテル キッチン写真

シャンゼリゼ通りのおすすめホテル リビング

僕ら夫婦が宿泊したアパートが、「Parisian Home – Apartments Champs Elysees」。

こちらはホテルというより、キッチン・家具付きのアパートです。

部屋のインテリアもお洒落ですし、キッチンも広く自炊がしやすく、
パリでの「生活」を楽しむことができました。

シャンゼリゼ通り沿いのホテルは高く、安い部屋でも2万円くらいはしてきます。
アパートを借りると同じ価格帯でも、ホテルよりずっと広い部屋を借りることができます。

もし良いホテルが見つからない場合は、
アパートも視野に入れて探してみることをおすすめします。

シャンゼリゼ通りのホテル・アパートを検索する⇒

おすすめホテル番外編:高級ホテル「Shangri-La Hotel Paris」に宿泊してきました。

「パリのシャングリラに泊まりたい!」という妻のかねてからの希望もあって、
滞在の途中に「シャングリラホテル パリ」に宿泊してきました。

パリ随一の5つ星ホテル、部屋の内装もテラスからの眺めも、
ホテルのスタッフの親切さもパーフェクトでした!

おすすめ高級ホテル シャングリラホテルパリ 内装1 おすすめ高級ホテル シャングリラホテルパリ 内装2 おすすめ高級ホテル シャングリラホテルパリ ベッド写真 おすすめ高級ホテル シャングリラホテルパリ ウェルカムドリンク おすすめ高級ホテル シャングリラホテルパリ デスク おすすめ高級ホテル シャングリラホテルパリ 内装3 おすすめ高級ホテル シャングリラホテルパリ バスルーム おすすめ高級ホテル シャングリラホテルパリ テラス写真

このホテルはテラス付きの部屋に泊まるのがおすすめ。

エッフェル塔を眺めながらテラスで食事をしたり、お話したり、とても楽しい時間となりました。
エッフェル塔のライトアップを部屋から見ることができたのも忘れられない思い出です。

シャングリラホテルパリ詳細はこちら

[kanren postid=”3423″]

パリ滞在はやっぱり市内中心部が楽しい!

以前、まだ独身だったときにパリに訪れたのですが、
そのときは「ホテル代がもったいない」ということで、
市の外れにあるホテルを取っていました。

パリは大きな街なので、歩いて回るには限界があります。

結局、目的地までたどりつくためには地下鉄を乗り継がなくてはならず、
どこにいっても観光客であふれているので、
「観光をする前に疲れ果ててしまう…」ということも少なくありませんでした。

今回はその真逆に、市内観光地のど真ん中にホテルを取り、
そこを転々としていったのですが「これが同じパリ!?」と驚くくらい、
楽しい滞在になりました。

徒歩圏内にお洒落なお店やレストランが並んでいると、
それだけでワクワクした気持ちになりますよね。

多少ホテルの値段が高くなっても、
パリは市内ど真ん中のホテルに宿泊することをおすすめします!

<追伸>
今回の旅では「HotelsCombined」というサイトを経由してホテルを予約しました。

AgodaやExpediaなどの予約サイトを比較検索できるサイトで、いつでも「最安値」の部屋を見つけることができますよ。

HotelsCombinedでパリ市内のホテルを検索する⇒

[kanren postid=”21150″]

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

※2014年7月より続けてきたオンラインサロン「パワートラベラー実践会」は、育休のため2017年3月に募集を停止いたしました。現在はこちらの...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

 icon-tag メールマガジンも配信しています

メールマガジン「パワートラベラー養成講座(無料)」では、旅資金を稼ぐ簡単な方法やアイディア、僕のライフスタイルについて配信しています。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。 「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」 そんな働き方を叶...

関連記事

ウィーンで自転車に乗ろう!シティバイクの借り方とウィーンの自転車事情について。

東京リッツのクラブフロアのデートで知っておきたい「ドリンクオーダー」の話

パリでアパートメントを借りてみた!検索方法と契約手順、おすすめの滞在エリアをまと...

プラハのオーガニックスキンケア店「Botanicus」に行ってきました。突き抜け...

妻がフィリピンに行くと言い出した。その理由がすごい。

NO IMAGE

飛行機にも「途中下車」がある? ドバイかと思いきや、行き先はバンコクだった。