【世界喫茶店探訪】リスボンのシアード地区・Armazens do Chiado内のスタバで仕事してきたよ!

ポルトガルは首都リスボン、シアード地区の中心にあるショッピングモール、Armazens Do Chiado内にあるスタバで仕事してきました。

シアード地区は、古くから残る伝統的な街並みと、新しいモノが入り混じった活気ある商業地域。歩いているだけで異国情緒を味わうことができる目抜き通りです!

外観はこんな感じ。異国情緒溢れる。

DSCF1606DSCF1612DSCF1615
営業時間は10時-23時。僕が行ったのは昼過ぎの時間だったので、けっこう空いていました。夕方以降は激混みで、席が確保できるかは微妙な感じです。無料wifiもついています。(ヨーロッパのスタバでの無料wifiの接続方法はコチラに書いています

内装はこんな感じ。意外と奥が広くて快適!

DSCF1622 DSCF1617 DSCF1623
オーダーを取ってくれた美人店員の笑顔が素敵でした。スタバって日本でもそうだけど、美人が多いですよね。

DSCF1625
ボードには色んな国の人からの一言メッセージが。

DSCF1631
店内はL字型になっていて、奥にスペースが続いています。パーテーションのデザインが素敵ですね。

DSCF1632DSCF1637
まだそこまで歩けてはいないのですが、リスボン、気軽に入れて長時間いられるようなファーストフード的なお店は少ない感じです。

ただ、どのレストランも喫茶店も、例えばパリのように気取った雰囲気はないので、気軽に入ることができます。これから色んな店に入って、外で仕事ができそうな場所を開拓していく予定です。

DSCF1636

この喫茶店でコーヒーを飲む!

地下鉄・Baixa/Chiado駅を降りてすぐ。サンタジュスタのリフトがあるカルモ通りと、繁華街ガレット通りがぶつかる場所。

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

これでもう焦らない!海外のスターバックスでの注文手順をまとめました。

台湾の街を歩いて。外国で日本語が通じるということが、こんなに心地よいものとは知ら...

パリノートルダム大聖堂のコンサートに参加して。僕らは世界に無限にある美しい催しの...

アメリカの電話番号が月1$で持てるアプリ「iPlum」を使ってみた!

2017年最初の妻とのデートは神戸へ、お気に入りの紅茶ブランド「MARIAGE ...

パリの日本人御用達「ブックオフ・パリオペラ店」に行ってきた。一瞬パリにいることを...