パリの風を感じながら走る。パリ市街を走るオープンバスに乗ってきました!

パリ市街を走るオープンバスに乗ってきました。

パリでは市街地をオープンエアーで楽しむことができる、2階建ての観光バスが走っています。

バスは4つのルートに分かれていて、主要な観光スポットをすべて回ってくれます。停留所は観光スポットを中心に約50ヶ所あり、乗り降りは自由。目当ての観光スポットで降りて、観光をしてからまたバスに戻ってくることもできるなどとても便利です。

2階部分はオープンエアーになっていて、パリの風に吹かれながらオープンカー気分を味わえることができます。ルートが決まっているので移動の不便さは多少ありますが、パリの街を感じながらの観光には最高の選択肢のひとつです。

公式HP:http://www.paris.opentour.com/fr/

オープンバスのチケットの購入方法

1 2

チケットは事前に予約することもできますし、当日そのままバスに乗り込んで、運転手さんにお金を支払い購入することもできます。支払いは現金の他、VISAとMASTERに対応しています。

3

こちらがチケットです。

料金は、

  • 1日パス:32ユーロ
  • 2日パス:36ユーロ
  • 3日パス:40ユーロ

となっています。幼児は無料、子ども(4〜11歳)は一律16ユートとなっています。
1日も3日間もあまり値段に差がありませんね。今回は移動の足も兼ねて3日間40€のチケットを購入しました。

これはバスだけの値段ですが、他にも「バス+ナイトツアー」「バス+ルーブル」「バス+船」などのプランが用意されています。それぞれルートや値段が違いますので、詳しくは公式サイトからご確認ください。

チケット購入の特典や車内設備について

4

また特典としてパリ市内で使えるお店のクーポン券もついてきます。バス停留所近くにあるお店やミュージアムがだいたい10%引きになるので、レストラン探しの参考にしてもいいでしょう。

5

車内にはオーディオ付き。日本語にも対応しています。ここに配布されるイヤホンをさしこむと、各国言語でのガイドを聞くことができます。といっても本格的なものではなく、街やスポットの簡単な説明が中心で、そうしたスポットがない区間は音楽がずっと流れている、というようなものです。

6 7

2階からの眺めです。なかなかにいい感じ! 車窓からの風景をご紹介していきます。

9 10 8 11

屋根がないこともあり、パリの街を見下ろしながら走ることができます。歴史的建造物やモニュメントなどは特に、徒歩では見られない角度から楽しむことができます。シャンゼリゼ通りや凱旋門など、こうしたスポットの近くには停留所があるのでどこでも降りることができます。

エッフェル塔で途中下車

12

エッフェル塔に差し掛かったので途中下車してみました。

14 13

セルフィで自撮りをする妻。

ちなみにエッフェル塔のチケットは当日行っても買えますが、事前に公式サイトから予約をしておくと並ばずに入ることができるのでオススメです。今日も観光客が長蛇の列を作っていましたが、予約の列はガラガラでした。

エッフェル塔の公式サイトはこちら
http://www.toureiffel.paris/

途中下車の旅。オペラ座にも行ってきたよ!

5月のパリは新緑の美しい季節です。

DSC04450

ただ、オープンバスの日差しはとても強いので、帽子や日焼け止めは必須です。また日陰に入ったり、風が強く吹くと肌寒いこともあるので、上着を持っておくことをオススメします。

DSC04455 DSC04451

「MADELIENE」という停留所の近くにあった「Paris London」という店で食事をしました。ランチで1人20€前後と少しお高いですが、美味しかったです。

Paris London
http://www.cafeparislondon.com/

DSC04487 DSC04486DSC04463DSC04465DSC04472 DSC04474DSC04471DSC04476

途中下車してパリオペラ座にも行ってきました。

オペラ座は見学料が必要だったと思ったのですが、この日は10時-16時まで無料開放されていました。日曜日ということでも人も多かったですが、シャガールの天井や豪華な装飾は感動ものでした!

まとめ:のんびりパリを回りたい人にはオススメ!

DSC04488

ということでオープンバスを使ってパリ市内を観光してきました。

利用してみた感想ですが、ある程度時間に余裕がある人で、ゆっくり色んな場所を見て回りたい人にはピッタリの選択肢です。

ルートが決まっているのと、すべての停留所に停車するので時間はかかりますが、常にパリの街を感じて走ることができるので、「あ、ルーブルはここにあるんだ」「このあたりはまた雰囲気が違うな」「この近辺は高級ブティックが多いな」といった、街の全体像を把握することができます。

また、観光に疲れたらバスに戻ってくれば休むことができます。観光地はどこも人で溢れかえっていることが多いですし、休憩するためにその都度カフェに入るとコストがかさみます。このバスは決まったルートをぐるぐる回ってくれますし、その間に休憩をすることができます。

僕らはパリ観光の一日目でこのオープンバスに乗ったのですが、この1日だけでパリの全体像はなんとなくわかったように思います。徒歩で歩くよりもラクチンですし、なによりパリの風を感じながら観光できるこのオープンバス、パリお立ち寄りの際には利用されてみてください。

オープンバス公式HP:http://www.paris.opentour.com/fr/

[kanren postid=”18832,21150″]

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

※2014年7月より続けてきたオンラインサロン「パワートラベラー実践会」は、育休のため2017年3月に募集を停止いたしました。現在はこちらの...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

 icon-tag メールマガジンも配信しています

メールマガジン「パワートラベラー養成講座(無料)」では、旅資金を稼ぐ簡単な方法やアイディア、僕のライフスタイルについて配信しています。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。 「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」 そんな働き方を叶...

関連記事

【世界喫茶店探訪】リスボンの中心地・ロシオ駅1階にあるスタバで仕事してきたよ!

これからは、両手をPCとスマホ以外のものに触れる時間を、未体験の体験に触れにいく...

リッツのリワードポイントは購入できる? 無料宿泊に足りない「1000ポイント」を...

なんだこのバンズの美味さは! アムステルダム1位のバーガー店「LOMBARDO’...

サントリーニ島はあまりに過酷? ネットの情報と生の情報の差異

オーストリアのカーシェアリングが便利そう!専用アプリで簡単に予約・乗車でできる「...