文庫本『どんなに弱くても 人は自由に働ける』が、台湾にて翻訳出版されることになりました!

2014年に出版した本が昨年文庫化になり、今回はその文庫本の海外出版オファーが来ました!

翻訳出版されるのはどんなに弱くても 人は自由に働けるという文庫本です。朝日新聞出版より、2018年2月に発売されました。

今回オファーをいただいたのは、台湾の出版社さん。これから翻訳作業にはいるため発売時期は決まっていませんが、自分の書いた本が、こうして誰かの手で翻訳され、海外の書店に並ぶというのは感慨深いものがあります。

僕は23歳のときに鬱病になり会社を退職、半年間ほど寝たきりで過ごしていたことがあります。何もないゼロの状態から、世界を自由に飛び回るライフスタイルを夢みて、そこに辿り着くまでの2年間でやった孤軍奮闘の軌跡をまとめたのが、こちらの本です。

海外での出版は初めてなので、もし出版されたら現地に見に行きたいと思います!

日本で発売中の文庫本はこちら:どんなに弱くても 人は自由に働ける

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

文豪たちが愛したてんぷら屋「てんぷらと和食 山の上」に妻と出かけてきました。

文庫本「どんなに弱くても 人は自由に働ける」のレビューが届き始めました。内容とブ...

バレンタインなので妻に花をプレゼントしました【Family Tradition】

赤ちゃんと2人きりでスターバックスへ。通い慣れたスタバは、まるで異世界だった。

世界中、自由に旅する会社をつくりたい。

夢をカチカチ唱えるために。カウンターを手に入れました!