オペラ座からCDG空港まで直結!ロワシーバスの乗り方・乗車場所・チケットの乗り方と注意をまとめました。

新婚旅行ではヨーロッパを3ヶ月ほど周遊していたのですが、パリはとても気に入って、計1ヶ月ほど滞在しました。

パリのシャルルドゴール空港から市内へ、 市内からシャルルドゴール空港へ移動する手段として便利な「ロワシーバス(Roissy Bus)」。

オペラ座の横から出発し、 その後はノンストップで空港に到着します。

空港への足として真っ先に候補にあがるこのロワシーバスの乗り方や料金を解説します!

ロワシーバスの乗車場所は?

ロワシーバスですが、オペラ座近くのこちらの場所になります。

住所でいうと「11 Rue Scribe,75009 Paris」。

地下鉄移動になると、重いスーツケースを運ばなければならないため、パリ最終日はこの近くのホテルをとって、徒歩でバス停に行けるようにしました。

高級ホテルがあるのは「Opera駅」周辺に、3つ星の泊まりやすい価格があるホテルは、「Madeleine駅」から上に集まっています。(ちなみに僕ら夫婦の定宿は「Best Western Hotel Folkestone Operat West」というホテル。オペラ座にもギャラリーラファイエットにも徒歩圏内でオススメです!)
[kanren postid=”18832″]

ロワシーバスの時間・運行頻度は?

ロワシーバスの運行頻度ですが、

  • 時間 06:00-23:00
  • 間隔 15-20分おきに運行

となっています。

空港までは早ければ40分くらいで到着しますが、だいたい60分を目安にしておくといいでしょう。

ロワシーバスのチケットはどこで買う?

チケットはこのバス乗り場に自動発券機があります。

特に予約は必要ありませんので、当日バス乗り場にいって自販機で買いましょう。

料金は、クレジットカードとコインのみで1人11ユーロ

紙幣しか持っていない場合は、直接バスの運転手さんから購入します。

この自販機、VISAとMASTERが対応しているのですが、カードによっては使えない人が多いらしく、けっこうこの自販機前で困っている観光客が多かったです。

CDG空港のターミナルにも注意!

空港直結のロワシーバスですが、シャルル・ド・ゴール空港はとても広く、ターミナルも分かれています。

Roissy-Bus-Route

こちらがロワシーバスが通る順番。

注意すべきは、最初に到着する「T1」から最後の「T3」までは、15分〜30分くらいかかること!

夕方のラッシュ時にはもっとかかるかもしれません。ターミナル間を移動する車道が少ないので、ちょっと車が多くなると一気に渋滞してしまうからです。

ですので、事前に航空会社のターミナルを確認して、あなたのターミナルがどこにあるかを確認し、遠いターミナルの場合は時間に余裕を見るか、鉄道で向かうことをオススメします。

7月。夕方のラッシュ時に巻き込まれ焦る!

バスの場合は一度乗ってしまえば、 終点までゆっくりできるので何度か利用していたのですが、、、

今回はじめて「夕方のラッシュ」に巻き込まれました。

乗車は17時。今までは40分程度でスムーズに移動できていたのですが、今回はなんと80分!

一番最初に到着するターミナル1で、80分です。 最後のターミナル3では、100分超えです。

しかも、初めて気がついたのですが、

「このバス、空調機能がありません」

もしかしたら故障していたのかもしれませんが、 僕たちが乗ったバスには冷房がなく、 蒸し風呂状態で誰かが倒れても不思議ではない状態でした。

乗車している人もみんなくたくたで、「まるで東南アジアのバス移動みたいだな……」と思うほど。

こんな経験から、

  • 移動はラッシュ時を避けよう
  • ラッシュ時には確実に到着する鉄道を利用
  • ペッドボトルの水は常に携帯しよう

という教訓を学びました。

とはいっても便利なロワシーバス。移動時間に気をつけて利用してくださいね!

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

※2014年7月より続けてきたオンラインサロン「パワートラベラー実践会」は、育休のため2017年3月に募集を停止いたしました。現在はこちらの...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

 icon-tag メールマガジンも配信しています

メールマガジン「パワートラベラー養成講座(無料)」では、旅資金を稼ぐ簡単な方法やアイディア、僕のライフスタイルについて配信しています。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。 「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」 そんな働き方を叶...

関連記事

ジョホールバルで本格的な日本食が食べられる!「JAPAN STREET in C...

ロンドン・ヒースロー空港で宿泊できる? 治安は? ターミナル5で夜明かししてみた...

STORYS.JPに投稿したあいりん地区のストーリーが、アニメーション化されるこ...

その場で瓶詰めしてくれる「マスタードサーバー」に心躍る!パリで人気のマスタード専...

結婚することで広がる自由もある、とパリで妻のワンピースを選びながら気がついた話。

自分にとっての異国とは、心理的な距離によって決められるのだと、新山口駅で気がつい...