インテリア

24リットルあたり驚きの198円。BRITAのタンク型浄水器を導入したら、月々の水代が劇的に安くなりました。

自宅で大量に使う飲料用の水をどうするか。これまで色々と考えてきました。

ウォーターサーバーにするか、都度購入するか。コストを計算し、使い勝手の良さを比較・体験し、とうとう今回購入したタンク型浄水器「BRITA」に辿りつきました。

使ってみてコスト的にも、サイズ的にもとても良いと思ったのでご紹介します!

BRITAに至るまでの経緯

最初はウォーターサーバーを考えていたのですが、ウォーターサーバーは、使用したい水の量に対して価格が高いと思っていました。

たとえば購入を検討していた「プレミアムウォーター」の場合、

24リットル:4,233円(最低利用期間2年の場合)

が基本料金。

24リットルは、わりとすぐになくなる量で、米やスープなど料理にも利用することを考えると、月々最低この2倍は使います。料金が安い!と謳っている会社でも、数百円くらいしか安くならなかったので、導入をすることを辞めました。

代わりに選んだのがカクヤス

代わりに選んだのが、

カクヤスで毎度頼む!

という選択肢です。

この半年以上、カクヤスさんにお世話になっていました。

カクヤスは、対応しているエリア限定になりますが、専用アプリで注文すると、注文時から90分〜120分ほどで届けてくれます。

とにかく、早い。

価格も安く、たとえばサントリー天然水(2リットル)の価格は次の通り、

となっています。

ウォーターサーバーのボトルは1本あたり12リットルのものが多いので、上記のプレミアムウォーターの単位に置き換えて計算すると、

24リットル:1,596円(最低利用期間なし)

となりました。ウォーターサーバーと比べて3分の1の価格になりました!

カクヤスの唯一のデメリット

注文したら即座に届けてくれる、価格も安いということないカクヤスの、唯一のデメリット。それは、

ペットボトルが大量に出る!

ということです。

うちは、だいたい毎日2リットルボトル2本くらい使います。そうなると、1日でボトル2本が空になり、1週間で14本。ペットボトルのゴミはかなりの量になります。

環境のことを考え、でも価格は変えることなく、ペットボトルの量を減らす新しい選択肢を探していたのでした。

辿り着いたのがBRITAの浄水器

ということで辿り着いたのが、今日から仲間入りをした「BRITA(ブリタ)」のタンク型浄水器です。

環境基準の厳しいドイツで生まれた浄水器で、水道水をタンクに入れると専用フィルターで水を濾過してくれます。

タンク型の容量は、4.85リットル。これだけ容量が大きければ、1日1回の水補給でガンガン使えます。

金額は、本体価格が5,500円(税込/公式価格)となっています。

内容物はこの3つ。タンクと浄水フィルターのカートリッジ、そして蛇口。サイズは炊飯器くらいの大きさで、すっきりコンパクト。

浄水カートリッジをとりつけます。

この部分に水道水を入れると、フィルターを通して濾過された水が下のタンクに溜まっていきます。濾過のスピードは僕には早いと感じられたのですが、数分で1リットル程溜まってくれました。

BRITAの毎月かかる金額(カートリッジ代)について

カートリッジの交換目安は4週間。1個のカートリッジで150リットルの水を濾過してくれます

カートリッジは3個入で3718円となっています。1個あたりの価格は約1,240円

先程のウォーターサーバーのフォマットで価格を比較すると、

12リットル×2:198円

と自分で計算していて驚くような格安金額になりました。これは安い!

安いと思っていたカクヤスの8分の1。当初予定していたウォーターサーバーの21分の1という、圧倒的な価格差です。

カートリッジの交換目安は、フタに取り付けられているLEDのメーターが教えてくれるようになっています。

BRITAの水は美味しい。まろやかで、丸くなった!

カートリッジを月1で交換する、という以外は、特に気をつけることはなさそうです。キッチンに設置をしましたが、わりと小型で置きやすいですし、なにより水が美味しい。

水明らかにまろやかで丸くなりました。普段と同じ淹れ方で紅茶を淹れても、口あたりが柔らかくなり、美味しく感じます。水だけでこんなに違うのか、、、と驚いています。

この価格帯であれば続けやすいですし、設置スペースが限られている家庭でも置きやすいと思います。

ウォーターサーバーを置きたいコスパが良いものを探している、設置スペースがないという方は、導入を検討されても良いと思いました!

阪口ユウキ

ABOUT ME
阪口 ユウキ
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は東京で育児中心の生活を送っています。
パワートラベラー実践会について


パワートラベラー実践会は、僕が起業当初から続けてきた「WEB資産の作り方」そして「PC一台で理想の働き方を叶える方法」を伝えているオンラインスクールです。2014年からスタートし、2022年の8月からは9年目になりました。

現在は定期的なメンバー募集は行っておらず、数ヶ月に1回のペースでご案内しています。

<お知らせ>スケジュールが決定しました!次回の募集は「2022年9月20日12時〜」となります。こちらは一般募集は行わず優先通知にご登録いただいている方を対象に行う予定です。

優先通知登録はこちら

パワートラベラー実践会の専用サイトはこちら

卒業生の声はこちら

こちらのページのフォームより優先通知にご登録いただきますと募集がはじまったときにご案内メールをお送りしています