「声なんてものはな、どうにでもなる」とあるベンチャー社長に教わった、自分の性格は変えられなくても”性格以外は変えられる”という話。

僕は、自分の声というものが好きではありませんでした。

誰かと話すときは、いつも、話しながら自分の声が気になって仕方がありませんでした。自分の声を意識するせいで、口ごもってしまったり、うまく話せなくなってしまったり。

1424318_941052242638101_5641413721281151802_n

人前で話すことも苦手で、セミナーや勉強会は滅多に開催しません。

この写真は、僕が主催するオンラインサロンのメンバー限定のセミナーだったのですが、開催が決まった2週間ほど前からそわそわと過ごしていました。

もともと僕は、うつ病になって企業を辞めたのがきっかけで起業をしています。そして、うつになったきっかけは、人とうまく話すことができないことからくるストレスでした。

誰かを目の前にして話そうとすると、喉の奥がいつも引っかかる。一緒に働き、コミュニケーションをとらなくてはならない環境に、耐え難い苦痛がある。

そうしたことが積み重なってうつになったことが、今の「PC一台あれば、誰に会わなくてもできるビジネスの構築」という働き方につながっています。

pc1

未だに僕は誰かと会うことに抵抗を感じますし、「うまくしゃべれるかなあ」とか、「なんて思われるかなあ」とか、色々なことを考えてしまいます。

これは性格的なもので、今後も変わらないのだろうと思います。

人前に立つことが苦手な性格は変えられない、でも変えられるものもある。

とはいっても、自分のライフスタイルを伝える活動は僕のライフワークですし、直接誰かのライフスタイル設計をお手伝いしたり、こうして人前に立つ機会がどうしてもでてきます。

そのときまで僕は、人と話すことが苦手な自分そのものを変えようと努力していました。

どうすれば緊張をしなくなるか、自信のある振る舞い方とは何か、どんなマインドで当日に臨めばいいのか……。

そうした本やセミナーを受けましたが、どうにも自分が変わったような気がしません。人と会って話すときにドギマギする自分は、どうしてもいなくならなかったのです。

そこで僕は考え方を変えることにしました。

 

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/1375910_738091926217289_684995378_n.jpg” name=”僕” type=”l”]自分の性格は変わらないかもしれない。でも、それ以外のものは変えることができるのではないか……?[/voice]

 

たとえば僕は、自分の声が嫌いでした。

僕の地声は高く、見た目も年齢の割には幼く見えることが多いので、声でずいぶん損をしていると感じてきました。腹から声を出すこともできませんし、議論をするような機会があれば、声量で押し負けます。

もし僕がもっと低く、説得力のある声を持っていたら。

声に対するコンプレックスがなくなったら。

もっと楽に、誰かと話したり、人前に立つことができるようになるのではないか……?

僕は自分の性格を変えるのではなく、「自分の声を変えることの努力」をすることに切り替えました。

ベンチャー企業の社長に教わった自分の声を変える2つの工夫

自分の声を、変える。

そのヒントを僕は、学生時代、インターンシップ生として働いていたベンチャー起業の社長に教わったことがあります。

僕は大学3年生のときに半年間ほど、営業のインターンシップをしていました。

今考えると無謀な挑戦ですが、、、西新宿にあるとあるデザイン会社に通いながら、毎日スーツを着、飛び込み営業に精を出していました。

営業のインターン生ということで、会社で営業研修があります。

テレアポのかけかた。

飛び込み先での営業方法。

会社や商品の説明について。

そうしたものを、小さなオフィスの一角で、社長や先輩に教わっていました。

「阪口、お前はまず声をどうにかしろ」

ある日の研修時、

 

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]阪口、お前はどうしてそう、おどおどと話してるんだ?[/voice]

 

僕は社長にそんな風に言われました。

 

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/1375910_738091926217289_684995378_n.jpg” name=”僕” type=”r”]そ、そんなにおどおど話していますか?[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]ああ、今にも絞め殺されそうな鶏みたいな声で話してるな。そんな声じゃ取れる契約も取れんぞ。やりとりを覚えるのもいいが、まずお前はその声をどうにかしろ。[/voice]

 

できることなら僕だって、堂々とした声で話してみたい。

だけど、これが僕の声であるし……。正直に僕は「自分の声に自信がないんです」と社長に伝えることに。

 

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]阪口、自分の声に自信ないなら一人カラオケに行け。[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/1375910_738091926217289_684995378_n.jpg” name=”僕” type=”r”]一人カラオケですか?[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]そうだ。そしてブルーハーツを歌うんだ。[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/1375910_738091926217289_684995378_n.jpg” name=”僕” type=”r”]ブルーハーツ……?[/voice]

 

そのとき僕は、ブルーハーツの名前や「リンダリンダ」などの有名曲の名前は知っていましたが、じっくり聞いたことはありませんでした。

 

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]ブルーハーツはいいぞ。腹から声を出せるし、歌詞もわかりやすい。発声をするというただひとつのことに集中できるからな。[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]歌詞を追いかけるような歌うのが難しい曲は歌うな。そして大声で歌えない曲は歌うな。お前は今日からブルーハーツだけを歌えばいい。お前、ブルーハーツは好きか?[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/1375910_738091926217289_684995378_n.jpg” name=”僕” type=”r”]ぜ、全然聴いたことがありません……[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]今日から歌え。青空を歌い、終わらない歌を歌い、首つり台の上からシャララを歌い、テトラポットの上で1000のバイオリンを歌うんだ。[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]俺も昔、まだ新入社員の営業として他の会社で働いていた時、会社帰りにカラオケに行って、ブルーハーツを歌っていた。発声練習にも、気分転換にもなる。騙されたと思ってやってみろ。[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/1375910_738091926217289_684995378_n.jpg” name=”僕” type=”r”]は、はい![/voice]

「声が出ないなら、一人カラオケで発声練習すればいい」自分の地声を諦めていた僕にとって、それは衝撃的なアドバイスでした。

「阪口、声なんてものはな、どうにでもなるんだよ」

 

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]阪口、声なんてものはな、どうにでもなるんだよ。[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/1375910_738091926217289_684995378_n.jpg” name=”僕” type=”r”]そうなんですか?[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]お前、俺の声、どう思う?[/voice]

 

社長の声は、低く、良い感じに枯れていて、どっしりとしている。人混みの中で聞いても、一発で社長の声だとわかるような存在感のある声でした。

僕がその感想をそのまま伝えると、社長は驚くような一言を言いました。

 

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]俺の声はな、これは作ったんだよ。[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/1375910_738091926217289_684995378_n.jpg” name=”僕” type=”r”]もともとその声じゃなかったんですか!?[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]ああ。前の会社で営業をやってたときにな、憧れの先輩がいたんだよ。その先輩のことはなんでも真似ようと思ってな。[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]その先輩の声が、またいい声なんだ。低くて枯れてて説得力があってな。ああ、こうした声を持っていると契約がとれるんだと学んだんだ。だから俺は、自分の声を変えようと思ったんだ。[/voice]

 

社長のこの声は、生まれ持ってのものではないっと知ったときの、衝撃。

 

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]ブルーハーツを歌えといったろう。あれは発声練習になるだけじゃない、繰り返し歌ってると、自分の声が枯れるんだ。お前もカラオケの翌日は、声が枯れて低くなっていることがあるだろう。あれだ。[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]あれをな、声帯が治る前に、またブルーハーツを歌うんだ。そしてまた声を枯らす。治ると思ったらまた枯らす。それを繰り返すんだ。[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]そうしているとだんだん、自分の地声が変わってくるんだよ。いい感じに低く、枯れる感じに地声がなってくる。そしてそのトーンで落ち着くようになるんだ。[/voice]

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]俺はこの声になってから、営業成績は上がった。阪口、お前も自分の声が嫌いと思うなら、声を変えればいいんだよ。[/voice]

だから僕は、自分の声を変えることにした。

インターン生の頃は、毎日を乗り越えることに必死で、結局、一人カラオケに通うことができたのは数回しかありませんでした。

ブルーハーツはたしかに歌いやすく、腹の底から声が響くような感覚を感じましたが、一人カラオケがはじめてだった僕は変にテンションがあがってしまい、いろんな曲に浮気をしてしまったことを覚えています。

途中で僕は身体を壊し、インターンシップは中止になったのですが、そのとき社長に教わった衝撃的なアドバイスは、その後もずっと記憶の中に残っていました。

うつ病になってから起業をし、PC一台でできる仕事をはじめたとき。

僕の声はまた、もとの、自分が嫌いな声に戻っていました。

それでも、誰かと会ったり、人前に立って話す機会はでてくる。

僕はあらためて、社長のアドバイスを素直に実践することにしました。

「1000のバイオリン」を、1000回歌えばいいじゃない。

選んだのは「1000のバイオリン」。

これを、1000回歌うことを目標にしました。

毎日近くにある「じゃんから」に通い、「1000のバイオリン」を声が枯れるまで歌う。

潰れ過ぎないギリギリのところで止める。そしてまた翌日、ブルーハーツを歌う。

そのときの僕の履歴は、すさまじいことになっていたと思います。

今日は20バイオリン、今日は17バイオリン。そうして1週間ほど一人カラオケに通っていると、、、

いつのまにか自分の声が、2トーンくらい低くなったまま、そのまま戻らないことに気が付きました。

そのときはまだ、せいぜい100回くらいしか歌っていなかったと思います。

でもたったそれだけで、僕の声はいつのまにか、それまで嫌いだった自分の声と別のものになっていたのです。

人前に立つのが苦手な性格は変わらない。でも、性格以外のものは変えることができる。

それから僕は、コンサルをするときや、人前に立つような機会があるときは、必ず一人カラオケに通って声を調整するということを続けています。冒頭のセミナーのときも、僕は1週間くらい前からカラオケに通い、声を調整するということをやりました。

生まれ持った自分の性格は、変えることは難しいです。

誰かと話すことが苦手であったり、人前に立つことに抵抗を感じたり。性格的にどうしてもできないことは多々あります。

でも、性格は変えることはできなくても、それ以外のことは変えることができるのだと、僕はこの声を変えるプロセスで気が付きました。

発声練習をしたり、声のトーンを変える。他にも、たとえばプレゼン内容を暗記したり、自分の喋り方を録音・録画して修正したり、ぬいぐるみを前に置いてコンサルの練習をしたり、いろいろあります。ちなみに、僕は全部しました。

そして不思議なことに自分の性格以外のものを変えていくと、人前に立つときも、誰かと話すときも、以前ほどはおどおどせずに話すことができることに気が付きました。

club2

自分の声に自信を持つこと、練習をしてきたという自信を持つこと、そうしたことは自然と普段の自分にもポジティブな影響を与えてくれます。

性格は変えられないかもしれない。でも変えられるものはある。その、変えられるものの可能性にかけて、自分ができるだけのことをする。

そうした意識で取り組めば、どんな苦手なものも、人並み程度にはできるようになることを僕は学びました。

これからも僕は人前に立ち続ける機会がある限り、一人カラオケに通い、1000のバイオリンを歌い続けることでしょう。そして1000回を達成したときには、なにか見えるものがあるかもしれません。

 

[voice icon=”http://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/12/bigstock-handsome-young-man-in-suit-84028202.jpg” name=”社長” type=”l”]阪口、声なんてものはな、どうにでもなるんだよ。[/voice]

 

あなたには何か「自分はこんな性格だから」と逃げているものはありませんか?

もしかしたらそれは、努力や練習でどうにでもなるものかもしれません。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

男は常に女性を気遣わねばならない。パリで店員に怒られて学んだ「レディーファースト...

夢を叶えることではなく、ライフスタイルを叶えることにフォーカスしたら、人生が劇的...

ミラコスタホテルの窓から、真夜中のディズニーシーを眺めて学んだこと。

出かけていく旅はツマラナイ。本当の冒険はいつも「自分の内側」にある。

スーツケースに何を詰めるか。それはその時の自分にとって一番大事なものは何なのか?...

長期旅行をマンネリ化させないために、僕が工夫しようと思っている「ハイブリッド滞在...