• ART

ウィーン少年合唱団を聴きに行ってきました!この街にはいつも音楽が流り響いている。

ウィーン少年合唱団を聴きに行ってきました。

ウィーンでコンサート、というとまず真っ先に思い浮かぶのがこの「ウィーン少年合唱団」。「海外遠征中かな?」とも心配したのですが、すぐに週末コンサートチケットを取得することができました。

ウィーン少年合唱団とは?

ウィーン少年合唱団は、10歳〜14歳の少年団員100人あまりが在籍する合唱団です。合唱団は、25人×4つのグループに分かれていて、うち1つのグループが交代で海外ツアーに、もう3つのグループが国内でのコンサートと音楽教育を受けています。スクリーンショット 2015-06-01 12.56.11こちらは公式サイトに掲載されていたスケジュール。日本だとめったに聴きに行くことができないコンサートですが、ここオーストリアでは毎日のようにコンサートホールや礼拝堂などでその歌声を聴きに行くことができます。

ということで、ウィーン少年合唱団を聴きに行ってきました!

今日のコンサート場所は「MuTh」という劇場です。DSC05594DSC05593DSC055952012年にオープンした、ウィーンでも新しい劇場です。客席のキャパは400名。マイクを使わない合唱のコンサートホールだと、これくらいがちょうどよいのだと思います。

こちらの劇場では、毎週金曜日の午後にウィーン少年合唱団による定例コンサートが開催されています。スクリーンショット 2015-06-01 13.00.15Musik&Theater MuTh(劇場公式サイト)
http://www.muth.at/enスクリーンショット 2015-06-01 13.05.02チケットは劇場公式サイトからインターネットで簡単に買うことができます。チケットの値段は66€/54€/39€、ボックス席が89€です。僕らは一番安い39€の座席を予約したのですが、劇場自体がこじんまりしているので、まったく気になりませんでした。

ウィーン少年合唱団が、この街と人に与えている影響。

ウィーンはオーストリアの首都ですが、首都といっても東京のような大都会ではありません。人口は約170万人。これは日本の都市と比較すると、札幌市よりもちょっと少なく、京都市よりもは多いくらいの人口です。DSC05447DSC05469 DSC05472ウィーンの中心地は、徒歩と路面電車、地下鉄でどこも行けるくらいに小さいくまとまっていて、その中に、コンサートホールや劇場がたくさん林立しています。コンサートに行くことが特別なことではなく、日常に溶け込んでいます。

そうしたまとまった都市の中で、10歳〜14歳までの少年たちで構成された、世界で最も有名な合唱団があるということ。それは、この街や街に住む子どもたちに、なんらかの影響を与えているのではないかと思います。

ウィーンの街を歩いていると、とても静かで落ち着いていて、人々も穏やかに暮らしている印象を受けます。極端な話ですが、もしウィーンがクラシックの都ではなく「ロック」や「ジャズ」の聖地であったら、街の印象や雰囲気は違ったと思うのです。

この街にはクラシックが似合いますし、この街で暮らす人々の文化や生活習慣にも、クラシックに通じるものが流れている。そうしたもののひとつの役割を担っているのが、ウィーン少年合唱団なのかなと感じました。

滞在してわかった!ウィーンのおすすめホテルと観光に便利なエリアまとめ

2015.08.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
阪口ユウキ
PC一台でできる仕事をやりながら、家族と旅して暮らす生活を叶えています。収益サイトの構築と自分メディア運営が得意。起業してからの軌跡は著書『うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話』にまとめています。

旅の様子と資金を稼ぐ方法はニュースレターで配信しています。

ニュースレターでは今僕が取り組んでいるビジネスや、ゼロからPC一台で稼ぐ力をつける方法、海外で見つけたビジネスのアイディアなどを配信しています。セミナーや勉強会などの情報もいち早くお伝えしています。

関連記事一覧

阪口ユウキ YUKI SAKAGUCHI


仕事をしながら世界各地を巡るパワートラベラー。夫婦ふたりで旅暮らしをしています。


旅の様子はニュースレターで配信しています。
苗字  *
名前  *
メールアドレス  *

BOOKS



パソコン一台でできる仕事で起業をしてから、出国するまでの2年間の軌跡が本になりました!

FACEBOOK

facebook-top

リアルタイムな旅の様子はFacebookで配信しています。友だち申請・フォロー歓迎です!

NEW ENTRY

PAGE TOP