これからは、両手をPCとスマホ以外のものに触れる時間を、未体験の体験に触れにいく時間を、デートと呼ぶことにしよう。

僕らは夫婦でどこでも仕事をしているので、気が付くとお互いMacを広げて仕事をしていたり、スマホでSNSに投稿をしていたりします。

パリで、セブで、大阪で、台湾で、色んな場所で生活をしていたのですが、今回の台湾旅行でいろいろと話し合った結果、「これって出かけてはいるけど、”デート”ではないよね」との結論に達しました。

[kanren postid=”20353″]

世界のどこでもできる仕事の仕組みを持っていること。

それは言い換えれば、いつでも仕事ができてしまい、オンとオフ、日常と非日常の境界線があいまいということでもあります。

実際この1年、世界を旅をしながら妻と仕事をしてきましたが、明確に「デート」と呼べる時間は少なかったのかもなぁと。

「日常」と「お出かけ」そして「デート」を区別する

IMG_20150908_100945

ということで阪口家では今回、

  • 日常
  • お出かけ
  • デート

この3つを明確に定義しよう!ということになりました。

そして、

  • ホテルやカフェ=日常
  • 必要な買い物や外出=お出かけ
  • 未体験の体験=デート

という定義付けをすることになりました。

デートとは、たとえばウミガメと泳ぐことである。

僕らはふだんからホテル泊が多いので、ホテルに宿泊するだけでは、それが高級ホテルであっても「デート」にはなりません。

また、たとえば新しい部屋に置く家具を見に行ったり、妻がネイルをしにいくのについていったり、そうした必要な用事を済ませるための外出は「お出かけ」に分類することにしました。

デートとは、まだ僕らが体験したことがない、「未体験の体験」をする時間のこと。

両手を、PCやスマホではなく、まったく別のものに触れさせる時間のことを、デートと呼ぶことにしました。

たとえば、

  • ウミガメのいる南国の海で泳ぐ。
  • 馬の背中に乗って手綱を握る。
  • 石垣島でシーサーの置物をつくる。
  • 鳥取砂丘でらくだに乗る。

こうした体験が「デート」です。

これまでは、このあたりの線引があやふやになっていて、だらだらと仕事をしたり、デートなのにPCを持って行ったりしていたので。

もっと妻といっしょにいる時間に集中したい、そしてふたりの想定の範囲外の体験や経験をすることに、もっと時間をとりたいなあと。

PCを置いて、外に出よう。仕事をするならするで、本気でやろう。そして、新しい世界をもっと、妻と二人で見に行きたいと思いました。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

1メートル超の巨大肉にかぶりつく!ウィーンの人気スペアリブ店「Ribs of V...

なぜこの国にもっと早く出会えなかったのだろう。すぐにでも台湾に戻りたくて、もうう...

ウィーン観光にも便利!夫婦旅・家族旅行にもオススメなホテル「Starlight ...

パリの日本人御用達「ブックオフ・パリオペラ店」に行ってきた。一瞬パリにいることを...

高級ホテルの空港送迎サービスを利用したら、これまでの旅行初日はなんだったんだろう...

NO IMAGE

築200年でも新しい!?フィレンツェに短期アパートを借りてみて感じたこと。