1メートル超の巨大肉にかぶりつく!ウィーンの人気スペアリブ店「Ribs of Vienna」に行ってきました。

ウィーンで巨大スペアリブが食べられる予約必須の人気店「Ribs of Vienna」に行ってきました!

ウィーンの目抜き通り、ケルントナー通りから徒歩5分くらい。地下にあるお店なので入口がわかりにくいかもしれませんが、夜はいつも観光客と地元のウィーンっ子たちで賑わいます。DSC05492 DSC05494店内は落ち着いた雰囲気。肉が焼ける香ばしい匂いが漂っています。DSC05495看板メニュー「Ribs of Vienna」は14.80€。その他のスペアリブも、10〜15ユーロくらいの価格帯で注文することができます。つけあわせのサラダやスープもありますが、ここは看板メニューを注文します。DSC05497「エーデルワイス」というオーストリアのビールを注文。名前が素敵だったので注文したのですが、3ユーロせずに大ジョッキはありそうなグラスが運ばれてきて驚きました。スッキリとして飲みやすく、フルーティーで、日本のビールのような苦味がありません。DSC05501foodpic6125390こちらがそのスペアリブです!

スペアリブは3本に分かれていて、1本につなげると長さが1メートルになります。3本の味はそれぞれ微妙に違っていて、最後まで楽しめます。foodpic6125395こんなにたくさんの量のスペアリブにかぶりついたのは初めての経験でした。
妻とふたりで1人前を分けたのですが、それでも肉が余るくらの量でした。値段にも味にも大満足です!DSC05499ちなみに、こちらの「Ribs mix For 2(29ユーロ)」のメニューを注文すると、メニューに掲載されているスペアリブを5本自由に選ぶことができるとのことです。隣のテーブルの夫婦が注文していたのですが、皿にこぼれんばかりに盛り合わされた肉の塊を前に、唖然、そして苦笑いを浮かべていました。現地のウィーン人でもちょっと引くくらいのボリュームを、ぜひ味わってみてください。

「Ribs of Vienna」の情報と予約について

【Ribs of Vienna】
住所:Weihburggasse 22, Vienna 1010, Austria
営業時間:月-金 12時-15時・17時-24時/土日祝日 12-24時(ラストオーダーは22:30まで)

【予約】
予約は店に直接でもいいですし、ホテルのフロントスタッフにお願いすれば、店の予約をとってくれるはずです。
僕らは当日行ったのですが、「予約なしのお客さんは、9時半以降しか入れないんだ」と言われたので、翌日の予約をその場でして出直しました。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

NO IMAGE

ドバイ空港のプライオリティパス(ラウンジ)に行ってきたよ!居心地はなかなか、しか...

【旅=自由ではない】旅資金を稼ぐ力を身につけた人しか見られない風景がある。

リッツのリワードポイントは購入できる? 無料宿泊に足りない「1000ポイント」を...

妻がフィリピンに行くと言い出した。その理由がすごい。

パリ・シャングリラホテル、○○経由で予約すると3泊目が無料に! 10万円以上お得...

ウィーン1位のステーキハウス「Dstrikt Steakhouse」でランチをし...