スタバファンの聖地・北野異人館のスタバが素敵すぎる!

「スタバファンの聖地」として有名な神戸・北野異人館のスタバに行ってきました。

こちらの建物は、1907年に建築された木造2階建ての洋館。1995年の阪神・淡路大震災の被害を受けた後に取り壊される予定でしたが、神戸市が解体・部材保管し、その後民間事業者によって現在の場所に移築されたそうです。

僕が行ったのは平日の午前11時頃だったのですが、それでもたくさんの観光客や地元民が。

入口に溜まっているのは中国からの観光客で、どうやら向こうのガイドブックなどにも掲載されているようです。

DSCF2881 DSCF2885 DSCF2889 DSCF2887 DSCF2891 DSCF2894 DSCF2895 DSCF2896

明治時代に建てられた洋館は有形文化財にも登録されており、館内はまるでジブリ映画に出てくるようなレトロな雰囲気

ラウンジ、ダイニングルーム、ゲストルームなど大小7つの部屋があり、当時の調度品もそのまま残してあります。さすがは「聖地」と呼ばれるだけの素敵さでした。

洋館をまるまる改装しているだけあって、これまで訪れたどのスタバよりも広々。

ゆったりと座って談笑できるソファ席もとても多く、インテリアや内装を担当された方のこだわりが随所に見受けられる造りとなっていました。

DSCF2897 DSCF2899 DSCF2902 DSCF2903 DSCF2906

平日にいったのに、お昼ごろには当然満席。平日でこれなら、休日は混み合って、絶対座れないだろうなあと。

小一時間ほど仕事をしていたのですが、そのうち、あまりに周囲をラブラブな観光カップルに囲まれて、砂糖吐きそうになり逃げ出してきました。

居心地もいいですし、仕事もしやすいのですが、このスタバがある北野界隈はお洒落で落ち着いたお店がとても多いので、やはりデートで来るのが一番のようです。

この喫茶店に行く!

  • 兵庫県 神戸市 中央区 北野町3-1-31 北野物語館
  • 8:00-20:00

 

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

【バルセロナ-リスボン】鉄道・バス・飛行機を比べてみたけど、フライトがコスパ最強...

結婚することで広がる自由もある、とパリで妻のワンピースを選びながら気がついた話。

これが台北5つ星ホテルのスイート!シャングリラ台北のプラザスイートに無料宿泊して...

英語を話すためには英語力だけでは足りない。言葉を交わすには「人間力」が絶対に必要...

札幌の路面電車を貸切りって。就職以外の生き方を模索する佐々木壮一さんのインタビュ...

NO IMAGE

【バルセロナ】ツーリストとアパート滞在者は感動ポイントが違う?