【フィレンツェ】日本だからこそ、PC一台で生計が立てられる?

 

 

日本では日夜、ヤマト運輸や佐川急便など、宅配便サービスの事業車が街を走り回っているのを見かけますが、イタリアではそれっぽい車を全く見かけることはありませんでした。

現地の人に話を聞いてみると、あまり物流のインフラが整っていないそうで、

  • 物が届かないことが多い
  • 手紙も届かないことが多い
  • 不在でも3回目までは配送する必要があるのに、2回目の不在でセンターに送り返す

というようなことがよくあるとか。ちなみにAmazon Italyでは注文したモノが届くまでに1週間はかかるそうです(笑)

また、たとえばフィレンツェの街は街路が狭く、人が溢れており、石畳の道路はスピードが出しづらいため、そもそも物流サービスがうまく機能するような街の作りになっていません。

興味があって調べたところ、イタリアで、インターネットショッピングをする人口は全体のわずか7%という数字が出ていました。物流のインフラが整わなければ、ネットショッピング利用者が増えないのも無理がないのかもしれません。

http://www.explido.de/blog/affiliate-marketing-around-the-world-spain-portugal-and-italy/

またこれも現地に住んでいる方に聞いたのですが、イタリアではまだADSL回線がほとんど。ようやく北部の街で、光ファイバーが通り始めたというインフラ状況だそうで、そもそもネット回線が遅い、途切れるさくさくとしたネット検索が難しいという状況なのです。ヨーロッパではこのように回線が弱い地域というのが多く、インターネットのインフラが日本のように充実していません。

日本では、あたりまえのようにネットで何かを購買することができていますが、それは、

  • 物流のインフラ
  • 回線のインフラ

が充実しているからで、この両方が整っている国は、世界を見渡してもそれほど多くはありません。少なくとも僕たちは、インフラが整っていないことに不便さを感じた経験はあまりないはずです。


僕はPC一台で生計を立てていて、通販サイトの運営やアフィリエイトプログラムを利用したサイト運営が、収益の大半を占めています。しかし、こういったビジネスが成り立つのも、日本ならではなのかもしれません。

日本だからこそ、インターネットを最大限活用できるインフラが整っていますし、ネットでの売買があたりまえのものとして根付いています。日本は他の国とくらべても働き方の自由がない、労働時間もとても長い国ですが、そういう生真面目な民族が作ったインフラが整っているからこそ、逆に自由をつかみとるチャンスがあるのだと思います。

[kanren postid=”74″]
2017年10月スタートメンバー募集

【2017年10月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年9月18日〜9月24日
募集人数:50名→満席

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。
→定員に達しましたので期間内ですが募集を終了させていただきました。

資産サイト構築のノウハウを学ぶことができる「WEB資産構築マニュアル(43800円)」は引き続き販売をしております。実践会にご興味がある方、少しでも早くPC一台で生計を立てる技術を身につけたいという方は、こちらのマニュアルで実践していただければと思います。(マニュアルをご購入いただいた方は、優先的に実践会の振替案内をお送りさせていただきます)

WEB資産構築マニュアルのご購入はこちら

関連記事

サントリーニ島はあまりに過酷? ネットの情報と生の情報の差異

シンガポールデートにもおすすめ!クラークキー(Clarke Quay)のEnot...

明日から2泊3日、妻と台湾デートをしてきます。

英語を話すためには英語力だけでは足りない。言葉を交わすには「人間力」が絶対に必要...

パリの紅茶専門店・マリアージュ フレールに行ってきました。100種類以上の紅茶缶...

理想のライフスタイルを「とりあえず」生きる。人生の方向性を決めるにはプチ冒険が必...