25歳、脱サラ、鞄職人へ。「かばんばか」の川本有哉さんとお話してきました。

若き鞄職人、川本有哉さんとお話してきました。

川本さんは現在25歳。
「かばんばか」というブランドを一人で立ち上げ、制作から販売までを一人で行っています。

川本さんは、もともと小さな商社で働いていたのですが、

「このまま企業で働いていて、人生の展開はたかが知れている」

と退職を決意。

学生時代に海外を旅したとき、
「もっと面白い鞄で世界を歩けたらいいのに」
と思ったことを胸に、

京都の鞄職人のもとに弟子入りをして、
ゼロから鞄制作を学び始めました。

現在プロデュースしているのが、
こちらのの「カバック」というバックパック。

「かば」をモチーフにしたバックは、
両肩のところにぴょこんと耳が乗っかっていて、
遠目から見てもとても目立つシルエット。

革でできた鞄の手触りは滑らかで心地よく、
「これ、独立して1年ちょっとで学んで作ったの!?」
と驚くようなものでした。

特に印象的だったのが彼の手。

きっと、
会社勤めをしていたときには
綺麗だったろう両手は、
今は大きく、温かく、ひび割れた、
まさに「職人の手」になっていました。

飄々と朗らかに話す川本さんの姿に、
新しい人生を自らの足で踏みしめていく、
漢の生き様を感じました。

川本さんのHP:
http://kawamoto2968.com/kabanbaka/pg75.html

追伸:
写真の鞄「カバック」は、1月頃にクラウドファンディングで資金を募るとのことです。シルエットが可愛く気に入ったので、僕も応援する予定です!

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

住み込みトラベラー大崎君に学ぶ、荒削りでも前に進み続けることの大切さ。

安全とは、企業で働くことでなく、自分で稼ぐ力が身についている状態である。

HotelsCombined社の韓国オフィスを訪問してきました!

仕事を辞め、福岡から逃げ出し、それでも男は理想を目指す。ゼロから理想のライフスタ...

NO IMAGE

骨董屋のTさんに聞いた、「本物」と「偽物」の見分け方。

住み込みトラベラー大崎くんに学ぶ、「やりたいことが特にないことの強さ」