「何から始めていいかわかりません。書けることがそもそもありません」という人へ。ゼロからでも収益を上げるために必要な2つのコト。

阪口さん、こんにちは。Kと申します。

アフィリエイトをやりたいのですが、初めての私にとって何からはじめればいいのかわかりません。というか、私に書けるような事が思い当たらないのですが、なにかアドバイスはありますでしょうか?

Kさん、ご質問いただきありがとうございます。

まず最初にお伝えしたいのは、「自分の中にすでにある経験が、そのままお金に変わることはとても稀」だということです。

なかなか自分の中にあるもの、経験したものをそのまま書いて、収益があがるということはありません。これは大学生、社会人、主婦、どういった状況にある人にかかわらず当てはまります。

たまに、

転職のコンサルタントを本業でやっている人が、転職サイトを作る。
キャバ嬢をやっている人が、キャバ嬢向けの物販サイトを運営する。

そんな例もあったりしますが、傍から見ればお金に結びつくような経験を持っている人であっても、本人は「いざ、書こうとすると何も書けない」「何を書けばいいか検討がつかない」と、僕らと似たようなことで悩んでいます(笑)

はじめからスラスラとサイトを作ることができる人に、僕は出会ったことがありません。

それでも収益があがるサイトを作るために、どうするか?

では、そういう僕らが何をテーマにサイトを作るかというと、

市場が大きいテーマで、ゼロから調べてサイトを作る

ということをやっていきます。

自分のなかにあるもので勝負しても勝てないので、戦えるレベルまで知識を入れて自分を引き上げていく、ということですね。

たとえば、アフィリエイトで収益が大きいジャンルというと、

  • 美容(ex.化粧品、エステ)
  • 健康
  • 転職
  • お金(ex. 株、FX、ローン)
  • 恋愛
  • 保険
  • 情報

などが挙げられます。

他にも、旅行やアルバイト、資料請求など取っ付きやすいテーマもありますが、どれでもかまわないので、何かのテーマに詳しくなるところから始めていきます。

アフィリエイト広告の選び方については、こちらの記事が詳しいです。

[kanren postid=”3192″]

たとえばメンズエステでサイトを作ると決めたときの例。

たとえば「メンズエステ」をテーマにしたとします。

このとき、自分がメンズエステに通ったことや、このテーマの知識がなかったとしても、ある程度のレベルまでは自分を引き上げることができます。

たとえば、

 

  • 本を読む
  • メンズエステの市場データを調べる(「メンズエステ データ」などで調べると出てきます)
  • エステ店舗のチラシやサイトを見比べて特徴を調べる
  • 実際に体験エステに行ってみる
  • 実際に通っている人を見つけてインタビューをする
  • Yahoo知恵袋などでこのテーマに興味がありそうな人の悩みを調べる

 

など、、、

こんなことを繰り返していくと、だんだん自分の中で知識が積み重なっていきますし、サイトを作る糸口を見つけることもできます。稼げるレベルになるまで、自分を鍛えていくということですね。

自分は一切記事を書かずにサイトを作ることもできる

また、資金に余裕があるのであれば、そのテーマに詳しい人に記事を代わりに書いてもらうこともできます。

「ランサーズ」や「クラウドワークス」といったクラウドソーシングを活用すれば、あらゆるジャンルで記事を書いてくれる人を見つけることができます。

スクリーンショット 2015-08-23 12.00.17

 icon-angle-double-right ランサーズ(http://www.lancers.jp/

[kanren postid=”19409″]

値段は、記事のクオリティによって、1000文字100円のものから1000円のものまでピンきりですが、とにかく、「記事を書いてくれる誰か」は見つかります。

僕の仲間のひとりは、自分で記事を書くことを諦めて、ライターさんに渡す記事執筆代を、アルバイトで稼いでいる人もいます。

 

[voice icon=”https://powertraveler.jp/wp-content/uploads/2015/08/backpacker.jpg” name=”” type=”l fb”]

自分、記事書くのめっちゃ遅くて、1記事3時間くらいかかるんですね。

それなら時給1000円のバイトすれば3000円稼げますよね。そしたらその3000円で記事を外注すれば、自分よりもクオリティの高い記事が手に入るじゃないですか。

それに、1記事300円とかで記事を発注すれば10記事。自分で書くよりも作業が早いんですね。
自分は肉体労働そんなに苦じゃないんで、そんなふうにやってます。[/chat]

 

自分で書くのも、記事を書くのが得意な誰かに書いてもらうのも、得られる結果は変わりません。僕自身、最近は自分で記事を書くよりも、誰かに依頼して書いてもらうことのほうが多くなりました。

自分の中になにもテーマがなくてもサイトは作ることができます。必要なのは、自分の現状のスキルを見極めた上で、「じゃあどういう行動をして収益をあげていくか?」という戦略と、本人の本気度なのだと思います。

結局は、どれだけ本気で取り組むか。

自分の中にお金になるような経験がなかったとしても、「勉強量」と「戦略」で乗り越えることはできます。

もしKさんが何かしら、稼がなくてはならない「のっぴきならない理由」があるのであれば、こうした障害は自然と乗り越えていくだろうと思います。

逆に、「私に書けるような事が思い当たりません」という理由で諦めるのであれば、そこまでの本気度ということで、自分が本気を出せる別のものに方法を変えることをオススメします。

収益をあげる方法は他にもたくさんありますし、行動を続けていけば、自分にあった方法と巡り合う確率も高くなります。

どちらにせよ、やっていけば自然に答えが出てきます。なのであまり気にせず、取り組んでいきましょう!

 

<追伸>
阪口への質問は、「パワートラベラー養成講座」の読者さんから受け付けています。また、僕のアフィリエイトの手法はこちらの勉強会動画で詳しく解説しています。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

【卒業生004】残業を切り上げてコツコツ資産サイトを構築→月46万円の報酬確定!...

「検索順位が上がらない!」その時やるべき7つの対策とその手順

NO IMAGE

【勉強会ミニ講座5】売れるサイトを作るために必要なあるひとつの考え方

オールドドメインでメインサイトを作るときの6つの手順!

Yahooキーワードアドバイスツールの登録方法と使い方を解説!検索ユーザーの男女...

検索しても出てくる情報が古い! 最新版の情報だけをGoogleで検索する方法