モチベーションではなく生存欲求に仕事をさせよう。

モチベーションに左右される、
というのは、とても贅沢な状況だと思ってきました。

左右されるのは、
左右されるだけの経済的余裕があるからで、

「今日稼げなければ、明日ご飯が食べられない」

という状況に追い詰められれば、きっと人間は、

モチベーションの有無などど吹っ飛び、
辛かろうが苦しかろうが、がむしゃらに頑張るのではと思います。

「死にたくない」
「生き延びたい」

という人間の本能。

人間の生存欲求というものは非常に強烈で、
僕が昨年9月からずうっと頑張り続けてこられたのは、
モチベーションに頼らず、この生存欲求を頼りにしたからだと考えています。

ご存知の通り、アフィリエイトというものは、
今月の成果がすぐ月末に入ってくるものではありません。

今月の成果は、
2ヶ月後に振り込まれるというのが普通で、

つまり、

今日成果を出さなければ、
2ヶ月後の自分は飯が食えない。

ということを意味します。

昨年9月から、
月収が15万円を超えた4月までの8ヵ月間、

僕は常にこの、

「2ヶ月後も、まだ生き延びていたい」

という生存欲求と共に生活を続けてきました。

僕の場合、住んでいる場所が場所だったので、
その欲求は、かなり切実で切羽詰まったものでした。

僕が入っていたアフィリエイト塾は
2000人の塾生がいましたが

「生き延びたい」という理由で
カリキュラムを進めていたのは
僕だけだったのではないかと思います。

たとえば今、スマートCやアクトレの報酬画面を見て、
そこに表示された金額が、
2ヶ月後の自分の月給だと想像してみてください。

その金額分しか、生活することができないとしたら、
背筋が凍る、胃が締め付けられる方が多いのではないでしょうか。

たとえ本業があったとしても、たとえ貯金があったとしても、
そのことは一度スッパリ忘れて、
その金額が、自分の全給料だと思い込んでみてください。

そして、そうなった時に感じた危機感や恐怖感を、
そのまま作業へのエネルギーに転換してみてください。

きっと、モチベーションでは絶対に発揮できない
湧き上がるような力が出てくるハズです。

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2019年5月:マレーシア、フィリピン、モナコ(instagram

関連記事

NO IMAGE

12月の収益報告

NO IMAGE

2011.07 自分だけの国土を開拓しに行こう

高卒で働く二十歳の地に足ついた逞しさ

NO IMAGE

最終日、島を出る。

NO IMAGE

印象・わかば

NO IMAGE

旅する起業家、というスタイルについての覚書