ウィーン少年合唱団を聴きに行ってきました!この街にはいつも音楽が流り響いている。

ウィーン少年合唱団を聴きに行ってきました。

ウィーンでコンサート、というとまず真っ先に思い浮かぶのがこの「ウィーン少年合唱団」。「海外遠征中かな?」とも心配したのですが、すぐに週末コンサートチケットを取得することができました。

ウィーン少年合唱団とは?

ウィーン少年合唱団は、10歳〜14歳の少年団員100人あまりが在籍する合唱団です。合唱団は、25人×4つのグループに分かれていて、うち1つのグループが交代で海外ツアーに、もう3つのグループが国内でのコンサートと音楽教育を受けています。スクリーンショット 2015-06-01 12.56.11こちらは公式サイトに掲載されていたスケジュール。日本だとめったに聴きに行くことができないコンサートですが、ここオーストリアでは毎日のようにコンサートホールや礼拝堂などでその歌声を聴きに行くことができます。

ということで、ウィーン少年合唱団を聴きに行ってきました!

今日のコンサート場所は「MuTh」という劇場です。DSC05594DSC05593DSC055952012年にオープンした、ウィーンでも新しい劇場です。客席のキャパは400名。マイクを使わない合唱のコンサートホールだと、これくらいがちょうどよいのだと思います。

こちらの劇場では、毎週金曜日の午後にウィーン少年合唱団による定例コンサートが開催されています。スクリーンショット 2015-06-01 13.00.15Musik&Theater MuTh(劇場公式サイト)
http://www.muth.at/enスクリーンショット 2015-06-01 13.05.02チケットは劇場公式サイトからインターネットで簡単に買うことができます。チケットの値段は66€/54€/39€、ボックス席が89€です。僕らは一番安い39€の座席を予約したのですが、劇場自体がこじんまりしているので、まったく気になりませんでした。

ウィーン少年合唱団が、この街と人に与えている影響。

ウィーンはオーストリアの首都ですが、首都といっても東京のような大都会ではありません。人口は約170万人。これは日本の都市と比較すると、札幌市よりもちょっと少なく、京都市よりもは多いくらいの人口です。DSC05447DSC05469 DSC05472ウィーンの中心地は、徒歩と路面電車、地下鉄でどこも行けるくらいに小さいくまとまっていて、その中に、コンサートホールや劇場がたくさん林立しています。コンサートに行くことが特別なことではなく、日常に溶け込んでいます。

そうしたまとまった都市の中で、10歳〜14歳までの少年たちで構成された、世界で最も有名な合唱団があるということ。それは、この街や街に住む子どもたちに、なんらかの影響を与えているのではないかと思います。

ウィーンの街を歩いていると、とても静かで落ち着いていて、人々も穏やかに暮らしている印象を受けます。極端な話ですが、もしウィーンがクラシックの都ではなく「ロック」や「ジャズ」の聖地であったら、街の印象や雰囲気は違ったと思うのです。

この街にはクラシックが似合いますし、この街で暮らす人々の文化や生活習慣にも、クラシックに通じるものが流れている。そうしたもののひとつの役割を担っているのが、ウィーン少年合唱団なのかなと感じました。

[kanren postid=”19340″]
パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

自分にとっての異国とは、心理的な距離によって決められるのだと、新山口駅で気がつい...

パリの紅茶専門店・マリアージュ フレールに行ってきました。100種類以上の紅茶缶...

ウィーン国立歌劇場の「野外オペラ」が面白い!リアルタイムで上映中の作品をスクリー...

なんだこのバンズの美味さは! アムステルダム1位のバーガー店「LOMBARDO’...

【バルセロナ-リスボン】鉄道・バス・飛行機を比べてみたけど、フライトがコスパ最強...

NO IMAGE

セブ・ボホール島にて海外不動産の視察ツアーに参加してきました