旅と日常をシンプルにする。僕が日本でも海外でもひたすら白シャツばかりを着回している理由。

僕は基本的にいつも白シャツだけで行動をしています。
日本でも、東南アジアでも、ヨーロッパでも、基本的に同じ格好をしています。

旅人というとTシャツやラフな格好のイメージがありますが、一着も持っていません。気に入った白シャツ4枚くらいを着まわしながら、古くなったものから買い換えるということを続けています。

「一番好きな服が白シャツだから」という理由ももちろんあるのですが、「旅の荷物の中で一番場所を取るのは洋服だから」という物理的な理由も大きいです。

色んな種類の服を持てば、それだけバリエーションが多くなります。
「この服にはこの組み合わせ、この服にはこうして……」
とすると、スーツケースの容量が足りなくなります。それを考える頭の中も大変です。

コーディネートをきちんとしようとすると、スーツケースの限られたスペースでは足りなくなります。

そこで、自分が一番テンションが上がり、なおかつ人にも良い印象を与えやすい白シャツだけに統一して、残りの服は全部処分することにしました。

白シャルが4枚とジーンズ、黒の綿のパンツが一枚。あとはジャケットと圧縮ができるアウターだけ。どこにいくにもこの格好です。

夏の東南アジアでも、冬のヨーロッパでも、基本的にこれで乗り切ります。

アジアで長いパンツは熱いですし、冬のヨーロッパはこれでは寒いのですが、考えることは少なくなったので、日常がとてもシンプルになりました。

旅の日常にかかせないミニアイロン!

シャツを着る、というと気になるのが洗濯とアイロンです。
僕は旅中も毎朝、自分が着るシャツをアイロンがけしています。

DSC04924ここ数年つかっているのが、写真の赤いアイロン。

mireというメーカーの「ミニスチームアイロン」というものですが、手のひらサイズにおさまるサイズでありながら、水を入れるスペースもあり、スチームもできるのです!

もちろん電圧は世界対応。これに、折りたたみ式のアイロンマットがあれば、世界のどこでもアイロンがけができてしまいます。これを手に入れてから、しわを気にせず、どこでも白シャツが着れるようになりました。

自分が一番着ていて気持いいと思える服を毎日着回す。自分の旅のスタイルを決める。こうすることで、旅も日常もシンプルにすることができます。

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

東京以外で、1人で年商一億円のネットビジネスをつくる方法

「会社から逃げたい」という理由も立派な起業の理由になる。ネガティブな動機からはじ...

チェンマイでパワートラベラー仲間と合流しました! 世界でできる仕事を持って、ふら...

スマホの音声入力に新しいワークスタイルの幕開けを見た。

サラリーマンブロガーのYさんとお話して学んだ、「サラリーマン感覚」と「自営業感覚...

「ノマドワーカーになりたい」その前に、考えなければならない3つのこと。