これからは、両手をPCとスマホ以外のものに触れる時間を、未体験の体験に触れにいく時間を、デートと呼ぶことにしよう。

僕らは夫婦でどこでも仕事をしているので、気が付くとお互いMacを広げて仕事をしていたり、スマホでSNSに投稿をしていたりします。

パリで、セブで、大阪で、台湾で、色んな場所で生活をしていたのですが、今回の台湾旅行でいろいろと話し合った結果、

「これって出かけてはいるけど、”デート”ではないよね」

との結論に達しました。

世界のどこでもできる仕事の仕組みを持っていること。

それは言い換えれば、いつでも仕事ができてしまい、オンとオフ、日常と非日常の境界線があいまいということでもあります。

実際この1年、世界を旅をしながら妻と仕事をしてきましたが、明確に「デート」と呼べる時間は少なかったのかもなぁと。

「日常」と「お出かけ」そして「デート」を区別する

IMG_20150908_100945

ということで阪口家では今回、

  • 日常
  • お出かけ
  • デート

この3つを明確に定義しよう!ということになりました。

そして、

  • ホテルやカフェ=日常
  • 必要な買い物や外出=お出かけ
  • 未体験の体験=デート

という定義付けをすることになりました。

デートとは、たとえばウミガメと泳ぐことである。

僕らはふだんからホテル泊が多いので、ホテルに宿泊するだけでは、それが高級ホテルであっても「デート」にはなりません。

また、たとえば新しい部屋に置く家具を見に行ったり、妻がネイルをしにいくのについていったり、そうした必要な用事を済ませるための外出は「お出かけ」に分類することにしました。

デートとは、まだ僕らが体験したことがない、「未体験の体験」をする時間のこと。

両手を、PCやスマホではなく、まったく別のものに触れさせる時間のことを、デートと呼ぶことにしました。

たとえば、

  • ウミガメのいる南国の海で泳ぐ。
  • 馬の背中に乗って手綱を握る。
  • 石垣島でシーサーの置物をつくる。
  • 鳥取砂丘でらくだに乗る。

こうした体験が「デート」です。

これまでは、このあたりの線引があやふやになっていて、だらだらと仕事をしたり、デートなのにPCを持って行ったりしていたので。

もっと妻といっしょにいる時間に集中したい、そしてふたりの想定の範囲外の体験や経験をすることに、もっと時間をとりたいなあと。

PCを置いて、外に出よう。

仕事をするならするで、本気でやろう。

そして、新しい世界をもっと、妻と二人で見に行きたいと思っています。

 

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2018年8月:フランス、イタリア+国内
2018年9月:フランス、イタリア、セルビア、スロベニア+国内
2018年10月:フランス、イタリア+国内

関連記事

仕事環境のスマホ化を推し進めて気がついた3つのメリット。

平日昼間、フィレンツェの街を歩きながら、この自由を叶えるためなら何度でも起業しよ...

NO IMAGE

築200年でも新しい!?フィレンツェに短期アパートを借りてみて感じたこと。

ミラコスタホテルの窓から、真夜中のディズニーシーを眺めて学んだこと。

阪口ユウキの仕事道具、旅の装備品一覧

サラリーマンブロガーのYさんとお話して学んだ、「サラリーマン感覚」と「自営業感覚...