これからは、両手をPCとスマホ以外のものに触れる時間を、未体験の体験に触れにいく時間を、デートと呼ぶことにしよう。

僕らは夫婦でどこでも仕事をしているので、気が付くとお互いMacを広げて仕事をしていたり、スマホでSNSに投稿をしていたりします。

パリで、セブで、大阪で、台湾で、色んな場所で生活をしていたのですが、今回の台湾旅行でいろいろと話し合った結果、

「これって出かけてはいるけど、”デート”ではないよね」

との結論に達しました。

世界のどこでもできる仕事の仕組みを持っていること。

それは言い換えれば、いつでも仕事ができてしまい、オンとオフ、日常と非日常の境界線があいまいということでもあります。

実際この1年、世界を旅をしながら妻と仕事をしてきましたが、明確に「デート」と呼べる時間は少なかったのかもなぁと。

「日常」と「お出かけ」そして「デート」を区別する

IMG_20150908_100945

ということで阪口家では今回、

  • 日常
  • お出かけ
  • デート

この3つを明確に定義しよう!ということになりました。

そして、

  • ホテルやカフェ=日常
  • 必要な買い物や外出=お出かけ
  • 未体験の体験=デート

という定義付けをすることになりました。

デートとは、たとえばウミガメと泳ぐことである。

僕らはふだんからホテル泊が多いので、ホテルに宿泊するだけでは、それが高級ホテルであっても「デート」にはなりません。

また、たとえば新しい部屋に置く家具を見に行ったり、妻がネイルをしにいくのについていったり、そうした必要な用事を済ませるための外出は「お出かけ」に分類することにしました。

デートとは、まだ僕らが体験したことがない、「未体験の体験」をする時間のこと。

両手を、PCやスマホではなく、まったく別のものに触れさせる時間のことを、デートと呼ぶことにしました。

たとえば、

  • ウミガメのいる南国の海で泳ぐ。
  • 馬の背中に乗って手綱を握る。
  • 石垣島でシーサーの置物をつくる。
  • 鳥取砂丘でらくだに乗る。

こうした体験が「デート」です。

これまでは、このあたりの線引があやふやになっていて、だらだらと仕事をしたり、デートなのにPCを持って行ったりしていたので。

もっと妻といっしょにいる時間に集中したい、そしてふたりの想定の範囲外の体験や経験をすることに、もっと時間をとりたいなあと。

PCを置いて、外に出よう。

仕事をするならするで、本気でやろう。

そして、新しい世界をもっと、妻と二人で見に行きたいと思っています。

 

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

ハワイに行ってきました!最高だったので物価や住みやすさを調べてみました。

AMANGIRI(アマンギリ)宿泊レビュー@Mesa View Suite|ホテ...

世界には「今の自分が知らなければならないモノ」が隠されている。

男は常に女性を気遣わねばならない。パリで店員に怒られて学んだ「レディーファースト...

【近況報告】帰国してから早1ヶ月、こんなことをしていました。

【世界のスタバ】プラハ城のお膝元、マラーストラナ広場のスターバックスでノマドして...