これからは、両手をPCとスマホ以外のものに触れる時間を、未体験の体験に触れにいく時間を、デートと呼ぶことにしよう。

僕らは夫婦でどこでも仕事をしているので、気が付くとお互いMacを広げて仕事をしていたり、スマホでSNSに投稿をしていたりします。

パリで、セブで、大阪で、台湾で、色んな場所で生活をしていたのですが、今回の台湾旅行でいろいろと話し合った結果、

「これって出かけてはいるけど、”デート”ではないよね」

との結論に達しました。

世界のどこでもできる仕事の仕組みを持っていること。

それは言い換えれば、いつでも仕事ができてしまい、オンとオフ、日常と非日常の境界線があいまいということでもあります。

実際この1年、世界を旅をしながら妻と仕事をしてきましたが、明確に「デート」と呼べる時間は少なかったのかもなぁと。

「日常」と「お出かけ」そして「デート」を区別する

IMG_20150908_100945

ということで阪口家では今回、

  • 日常
  • お出かけ
  • デート

この3つを明確に定義しよう!ということになりました。

そして、

  • ホテルやカフェ=日常
  • 必要な買い物や外出=お出かけ
  • 未体験の体験=デート

という定義付けをすることになりました。

デートとは、たとえばウミガメと泳ぐことである。

僕らはふだんからホテル泊が多いので、ホテルに宿泊するだけでは、それが高級ホテルであっても「デート」にはなりません。

また、たとえば新しい部屋に置く家具を見に行ったり、妻がネイルをしにいくのについていったり、そうした必要な用事を済ませるための外出は「お出かけ」に分類することにしました。

デートとは、まだ僕らが体験したことがない、「未体験の体験」をする時間のこと。

両手を、PCやスマホではなく、まったく別のものに触れさせる時間のことを、デートと呼ぶことにしました。

たとえば、

  • ウミガメのいる南国の海で泳ぐ。
  • 馬の背中に乗って手綱を握る。
  • 石垣島でシーサーの置物をつくる。
  • 鳥取砂丘でらくだに乗る。

こうした体験が「デート」です。

これまでは、このあたりの線引があやふやになっていて、だらだらと仕事をしたり、デートなのにPCを持って行ったりしていたので。

もっと妻といっしょにいる時間に集中したい、そしてふたりの想定の範囲外の体験や経験をすることに、もっと時間をとりたいなあと。

PCを置いて、外に出よう。

仕事をするならするで、本気でやろう。

そして、新しい世界をもっと、妻と二人で見に行きたいと思っています。

 

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

フィリピン航空の飛行機内Wifi「in AiR」を試してみた。もう、Wifiがつ...

結婚することで広がる自由もある、とパリで妻のワンピースを選びながら気がついた話。

夫婦で、世界のどこにいても仕事ができる環境を作る。

プラハのオーガニックスキンケア店「Botanicus」に行ってきました。突き抜け...

オーストリアのカーシェアリングが便利そう!専用アプリで簡単に予約・乗車でできる「...

iPhoneのテザリングが繋がらない時にやっている3つの手順