自分が好きでやりたいと思っていることは、必ずしも、最高の結果を生み出すわけではない。

1月末は東京出張、そして今は沖縄に来ています。

最近、自分の生き方をちょっと変えてみることにしました。

自分が会ったことがない人に会う、異業種の人と言葉を交わすということをしています。

東京では、妻の投資のお師匠さんをはじめ、外資系コンサルで働いている高校時代の同級生や、解剖生理学を専門とされている大学教授と。

今日沖縄では、以前からFacebookでお付き合いのあったトリックアートの画家さんとお話する予定です。

自分が住んでいる世界と、違う世界で住んでいる人の言葉は新鮮で、新しい気づきをたくさんいただいています。

PCを通じて見える世界は、世界のほんの一部でしかない。

僕の仕事は、収益があがるWEBメディアを個人で運営すること、そして、そうした仕事で見える風景をインターネットを通じて発信することです。

そのため、PCに向き合う時間が自然と長くなりますし、一日中ずっと画面に張り付いている日も少なくありません。

ですが、

PCを通じて見える世界は、世界のほんの一部でしかありません。そんな当たり前のことを、ここ数日改めて気付かされました。

好き、ということの弊害

1453563507_featured.jpeg

僕は自分の仕事が「好き」なので、時間を気にせず、ずっとPCに向かい続けてしまうのですが、

「好き」ということが、

自分の目を曇らせたり、無意識のうちに世界をフィルタリングしていることもあるのだと、思うようにもなりました。

自分が好きでやりたいと思っていることは、必ずしも最高の結果を生み出すわけではない

これは、妻の投資のお師匠さんから教わった言葉です。

自分が好きでやりたいと思っていることは、あらゆる選択肢の中のひとつでしかありません。ですが、仕事が「好き」である限り、

より生産性が高く、より結果を出す選択肢があるのではないか?

という思考には至りません。

僕はもともと小説家やミュージシャンを目指していましたが、それによって得たい結果は、

・時間と場所にとらわれない仕事がしたい

色んな世界に触れに行きたい

といったものでした。

しかし今、そうした時間や場所にとらわれない仕事を叶えられているのは、小説でも音楽でもなく、ビジネスとインターネットの力です。もし、僕が「好き」だからという理由で小説を書き続けていたら、今もくすぶっていたに違いありません。

好き、ということに甘えずに生きる

好きな仕事をやる、やりたいと思うことをやる、それは幸せな状態です。でもそれが、

・世界のあらゆる可能性の中で、一番好きか?

・世界のあらゆる選択肢の中で、一番結果に結びつきやすいか?

といった検証は、あまりしないものです。

そこで思考を止めないこと。様々な異分野の人に会い、色んな世界に触れながら、自分のあり方を模索し続けること。

今目の前の仕事の成果を上げる努力をするだけではなく、そうした問いかけを続けることも、生きる上ではとても大事なことなのだと感じています。

あなたが好きでやりたいと思っていることは、本当に、最高の結果を生み出すものですか?

[kanren postid=”21784″]

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2018年8月:フランス、イタリア+国内
2018年9月:フランス、イタリア、セルビア、スロベニア+国内
2018年10月:フランス、イタリア+国内

関連記事

ドローン起業家・「東海空中散歩」主催の吉武 穂高さんとお会いしました。

うつ病を克服するために起業を決意!抗鬱剤ではなく「一人でも生きる力をつける」とい...

自分はどの基準値で生きていくか、を考える。

ロンドン・ヒースロー空港で宿泊できる? 治安は? ターミナル5で夜明かししてみた...

「いちばん可能性が高い失敗要因はなんだろう」NASAのアポロ計画に学ぶ、実現不可...

NO IMAGE

自分の「強み」で起業するのは間違い? ひとり起業では「絶対にやりたくないこと」を...