数年後の大きな収穫を得るために、新サイトの仕込みをしています!始めればもう、半分は終わっているのだ。

阪口家では、妻と離れ、僕がひとりで泊まりにでかけることを「出張」と呼んでいます。

基本的に僕ら夫婦は、常に一緒に行動をしていて、

国内の移動も、
国外の移動も、
仕事をしているときも

となりには妻の姿があるのですが、

時々僕も「集中して仕事をしたい!」という時がでてきます。集中して記事を書きたいとか、サイトをつくりたいという時ですね。

そういうときは僕ひとり、バックに1-2泊の荷物を詰め込んで、大阪市内のホテルやカフェにこもって、ひたすらPCに向かって作業をするようなことをしています。

今日も、大阪・御堂筋線のとある駅のホテルに拠を構え、カフェをはしごしていまして、

・スタバ
・タリーズコーヒー
・エクセルシオール
・ミスタードナツ(←今ここ)

と移動をしながらPCに向かい続けています。

今回の出張ではこんなことをしています

今回の出張では何を何をやっているかというと、

今年作る予定のサイトのおおまかな企画をつくって

「ひたすらに記事を発注する!」

ということをしています。

僕はWEBサイトの作成・運営を本業としており、その広告収益で生計を立てています。

サイトに掲載している記事は、僕が書いている記事もあるのですが、ほとんどは外部のライターさんに委託をして書いてもらっているものです。

僕は「編集長」的な立ち位置

サイトの全体の企画や方向性を決めて、

どんな記事を書いてもらうか、どうやって集客し、収益化をしていくか?ということを考えるのが主な仕事です。

今年は、そうした新しいメディアを10サイトほどつくる予定です。10冊の新しい雑誌を刊行するというイメージですね。

今年サイトができなくてもいいじゃない

もちろん、10冊の雑誌をひとりで刊行することはできません。

外注さんをうまく組織化したとしても、10サイトできるかと言われると、かなり手にあまる感じです。

ただ、僕はこの仕事を今年だけではなく、来年、再来年も続けていく予定です。

なので、1年後、2年後のことを考えた時、手持ちのメディア数を今ガッと増やすことは、間違いのない選択肢だと思っています。

どんな形でもいいので、とりあえずは刊行してしまう。

そして、市場やタイミングをみながら注力していくサイトを決めていく。

そうして、2-3年くらいかけて、いろいろな柱を作っていくことをイメージしています。

[kanren postid=”21697″]

始めればもう、半分は終わっているのだ。

仕事でも、プライベートでも、どんなことでもそうだと思うのですが、今日やって、明日すぐに実がなるようなものはありません。

でも、なにごともそうですが、

種を撒かないかぎり収穫期を迎えることもありません。

これをやっても上手くいかないんじゃないか、成果が出るまで時間がかかるんじゃないか、それまでに自分は、挫折してしまうのではないか。

そんな風に思って最初から「やらない」ことを、僕はたくさん経験してきました。

でも、そのやらなかったことを振り返ってみると、

あのとき、

ちょっとでも始めていたなら、

今はどんな形であっても育っているものがあったのではないかな、それはもったいなかったなーなんて思うのです。

始めは全体の半ばである 

というのは、古代ギリシャの哲学者の言葉ですが、それは正しいのだと思います。

一番エネルギーを使うのは、はじめの一歩。

それさえ踏み出してしまえば、あとは慣性の力でどんどん前に進んでいく。

そしていったら、1年後、2年後に見える風景というのは、今とは全く違うものになるのではないかと思います。

1年後の今日、3年後の今日、自分の思い描く何かを収穫するために。あなたは今日、どんな種を撒きますか?

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

自由な人を増やす、仕事をしよう。パワートラベラー実践会の卒業生メンバーとチェンマ...

NO IMAGE

外注はいつからはじめる? 月1万円からはじめる外注戦略

【スマホ仕事術】強制的にシングルタスク環境を手に入れる

どんな心がけで仕事をするかで、得られる未来も変わる。僕がサイトを作るときに心がけ...

資産サイト構築への道ー圧倒的な情報収集をすることから始めよう。

海外でもアフィリエイトをやり続けるために、僕が工夫している3つのこと。