白髪のかつらに18世紀末の華やかな衣装。「ウィーン・モーツァルト・オーケストラ」のコンサートに出かけてきました。

オーストリアの首都ウィーンにて、モーツァルトのコンサートに行きました。

音楽と芸術の街ウィーン。僕には、「この街に滞在したらやろう」と思っていたライフタイルがあります。

それは、昼間のうちに仕事を終わらせて、夜になったらコンサートホールに出かけること。

僕はクラシックにはあまり詳しくなく、コンサートではいつも途中で眠くなってしまうのですが、「ウィーンの夜に、コンサートホールに出かける」という生活には、憧れを抱いていました。

日本だとコンサートに行くというと、肩肘張ったものに感じますが、ウィーンではもっと気軽に、身近にコンサートが楽しめるに違いない……。はじめて滞在する街でしたが、そんな淡い期待をこめて、当日のチケットを予約しました。

楽友協会にコンサートを聴きに行く。

場所はウィーン楽友協会です。

このコンサートホールは、後で調べたところによると世界的に有名なホールだそうで、「黄金のホール」と呼ばれているとか。

年季の入ったホール内には、1870年に建設されて以降、毎日のように演奏された音楽が染み付いているように感じます。DSC05577 DSC05550 DSC05551 DSC05571 DSC05561

18世紀末の衣装とかつらで演奏!「ウィーン・モーツァルト・オーケストラ」を聴く。

この日予約したのは、「ウィーン・モーツァルト・オーケストラ」の公演です。

Orchester_900x600px Chatting gross (1)このオーケストラの特徴は、なによりそのコスチューム。30名のメンバー全員が、白髪のかつらと、18世紀末の色鮮やかなコスチュームに身を包んでいます!

DSC05565 DSC05568僕らが予約したのはB席だったのですが、たまたま2階の、ステージを見下ろすことができるボックス席にあたりました。間近でステージを見下ろすことができて大満足です!

モーツァルトの楽曲は、知らず知らずのうちに聞き馴染みがある曲も多かったです。クラシック初心者の僕ら夫婦も、リラックスしてコンサートを楽しむことができました。

ウィーンの夜に、コンサートホールに出かける。この生活は思った以上に素敵でした。

ウィーンだから、というのではなく、できることなら日本に帰国してからも、「夜には気軽にコンサート」といえるような、そんな生活をしたいなあと感じた夜でした。

2017年10月スタートメンバー募集

【2017年10月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年9月18日〜9月24日
募集人数:50名→満席

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。
→定員に達しましたので期間内ですが募集を終了させていただきました。

資産サイト構築のノウハウを学ぶことができる「WEB資産構築マニュアル(43800円)」は引き続き販売をしております。実践会にご興味がある方、少しでも早くPC一台で生計を立てる技術を身につけたいという方は、こちらのマニュアルで実践していただければと思います。(マニュアルをご購入いただいた方は、優先的に実践会の振替案内をお送りさせていただきます)

WEB資産構築マニュアルのご購入はこちら

関連記事

フラートンベイホテル(The Fullerton Bay Hotel)宿泊レビュ...

ウィーンデートにおすすめ!シュテファン大聖堂を望むルーフトップバー「SKY Ca...

これからは、両手をPCとスマホ以外のものに触れる時間を、未体験の体験に触れにいく...

パリのシャングリラホテルで誕生日サプライズ!エッフェル塔ビューのテラス付き部屋に...

[ホテルヨガ]AMANEMUのモーニングクラスで無料のヨガ体験をしてきました。

【熊本のインフラ情報】インターネット / 道路 / 電話回線 / 緊急宿泊場所 ...