白髪のかつらに18世紀末の華やかな衣装。「ウィーン・モーツァルト・オーケストラ」のコンサートに出かけてきました。

オーストリアの首都ウィーンにて、モーツァルトのコンサートに行きました。

音楽と芸術の街ウィーン。僕には、「この街に滞在したらやろう」と思っていたライフタイルがあります。

それは、昼間のうちに仕事を終わらせて、夜になったらコンサートホールに出かけること。

僕はクラシックにはあまり詳しくなく、コンサートではいつも途中で眠くなってしまうのですが、「ウィーンの夜に、コンサートホールに出かける」という生活には、憧れを抱いていました。

日本だとコンサートに行くというと、肩肘張ったものに感じますが、ウィーンではもっと気軽に、身近にコンサートが楽しめるに違いない……。はじめて滞在する街でしたが、そんな淡い期待をこめて、当日のチケットを予約しました。

楽友協会にコンサートを聴きに行く。

場所はウィーン楽友協会です。

このコンサートホールは、後で調べたところによると世界的に有名なホールだそうで、「黄金のホール」と呼ばれているとか。

年季の入ったホール内には、1870年に建設されて以降、毎日のように演奏された音楽が染み付いているように感じます。DSC05577 DSC05550 DSC05551 DSC05571 DSC05561

18世紀末の衣装とかつらで演奏!「ウィーン・モーツァルト・オーケストラ」を聴く。

この日予約したのは、「ウィーン・モーツァルト・オーケストラ」の公演です。

Orchester_900x600px Chatting gross (1)このオーケストラの特徴は、なによりそのコスチューム。30名のメンバー全員が、白髪のかつらと、18世紀末の色鮮やかなコスチュームに身を包んでいます!

DSC05565 DSC05568僕らが予約したのはB席だったのですが、たまたま2階の、ステージを見下ろすことができるボックス席にあたりました。間近でステージを見下ろすことができて大満足です!

モーツァルトの楽曲は、知らず知らずのうちに聞き馴染みがある曲も多かったです。クラシック初心者の僕ら夫婦も、リラックスしてコンサートを楽しむことができました。

ウィーンの夜に、コンサートホールに出かける。この生活は思った以上に素敵でした。

ウィーンだから、というのではなく、できることなら日本に帰国してからも、「夜には気軽にコンサート」といえるような、そんな生活をしたいなあと感じた夜でした。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

リスボンで現地SIMカードを買ってみた結果⇒下り10Mbps以上のサクサク回線!

ゆっくりホテル滞在を楽しむ:妊婦と行く大人ディズニーデート@Sheraton G...

【フィレンツェ】日本だからこそ、PC一台で生計が立てられる?

改装中のリッツカールトン大阪。期間限定の特設クラブフロア(ラウンジ)を訪問してき...

語学研修中に叶ったふたつの夢

【世界喫茶店探訪】リスボンのシアード地区・Armazens do Chiado内...