タイムズカーシェアの会員証は、もはや、旅先や出張先でなくてはならないものになっている。

旅や出張中に意外と役立つ、というか、なくてはならないアイテムになっているのが「タイムズカーシェア」です。

今日は成田に到着後、予定がある場所までのアクセスが悪かったので、駅で車を借りて移動することにしました。

レンタカーだと、諸々予約や手続きが必要になるのですが、カーシェアは、専用アプリで最寄りのパーキングを検索して、空き車両があればその場で予約、すぐに乗れるようになります。

こちらはアプリの画面。成田駅から徒歩圏内には3つのステーションがありました。

会員証がロックキーになっているのですが、車にかざすとロックが空いて、ダッシュボード中の鍵を取り出し、運転することができます。

レンタル時間は15分単位でいけるので、今日のようにアクセスの悪い場所への用事を済ませたり、ふらっと観光名所に立ち寄ったり、車でドライブに行きたくなったときにも役立ちます。

旅先の観光地ではだいたいタイムズのカーシェアがある場所が多いので、会員証を持っておくとなにかと便利。この日も、秋晴れの成田をドライブしながら、気持ちよく予定を済ませることができました。

僕は、普段はクラシックカー(1972年のフィアット500)に乗っているのですが、こちらのカーシェアと使い合わせて使っています。一人の移動はフィアットで、娘連れの移動はカーシェアで(フィアットにはチャイルドシートが乗らないため)しています。

自分の人生の幅を広げるアイテムとしてのクラシックカーと、

日常使いのカーシェアと、

使い合わせているのですが、けっこうこの組み合わせ、気に入っています。

今日はマツダのデミオがパートナー。毎回、違う車に乗ってドライブできるというのも、カーシェアのたのしみだったりします。

タイムズカーシェアの詳細はこちら:https://plus.timescar.jp/

追伸1:

カーシェアサービスは各社やっていますが、ステーションの数的に、タイムズが絶対的におすすめです。

利用には月会費(1300円)がかかり、利用料は15分/206円になりますが、ガソリン代や駐車場代、維持費の一切がかからないので、僕のように旅先で利用する他、たまにしか車に乗らないよーという方にもおすすめできます。

追伸2:

今日は予定を済ませたあとで、前から立ち寄ってみたかった、成田郊外の「丘の上珈琲」でランチをしてきました。

料理も美味しかったのですが、珈琲カップや食器類が素敵で、欲しくなるアイテムばかりでした。こうした空間にふらっと立ち寄れるのも、カーシェアならではのたのしみだなと感じました。

POWER TRAVELER 阪口ユウキ

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2018年8月:フランス、イタリア+国内
2018年9月:フランス、イタリア、セルビア、スロベニア+国内
2018年10月:フランス、イタリア+国内

関連記事

新年のご挨拶と今年の抱負

プリンセス・クルーズの日本発着船の発表会に出席してきました!日本国内を航路で巡る...

竹芝、インターコンチネンタル東京ベイに宿泊したら、東京のホテル選びに革命が起きた...

1日の定義を勝手に「42時間」に設定して、1週間を7日 ⇒ 4日に最適化して生活...

住み込みトラベラー大崎君に学ぶ、荒削りでも前に進み続けることの大切さ。

明洞の焼肉屋で教わった「うまく行っているときほどトボトボ歩け」という生き方。