ハワイのティファニーで銀スプーン(ベビースプーン)を購入しました!まだ生まれてない相手にプレゼントを選ぶという行為の新鮮さ。

銀のスプーンをくわえてきた赤ちゃんは食べるものに困らない

西洋では古くからこんな言い伝えがあります。

当時銀スプーンは大変貴重なもの、また銀には魔除けの力があると信じられ、神聖なものとして使われてきました。

日本でもこの風習が伝わり、銀のスプーンを子どものために購入したり、出産祝いにベビースプーンを贈る風習ができたとされています。

ということで、、、

4月に生まれてくる娘のために、ハワイ(ホノルル)で銀スプーンのお土産を買ってくることにしました

妻からリクエストを受けたのは「ティファニー」。ティファニーはアメリカのブランドで、米国内で購入すると日本よりもずっと安く買えるのだとか。

早速、各有名ブランドが揃うアラモアナショッピングセンターに出向き、ティファニーで銀スプーンを選んできました。

アラモアナセンターのティファニーで銀スプーンを選ぶ


正確な商品名はわからなかったのですが、「Do you have baby spoon?」と聞くと、奥の食器スペースに案内されます。


ベビースプーンといっても、いくつか種類があります。

持ち手の部分がシンプルなものや、オープンハートになっているものなど。デザインが可愛かったこともあり、オープンハートのスプーンを選択しました!

これは可愛い!

銀スプーンは磨かないと錆びてしまうのですが、きちんと管理を続ければ、子どもが大きくなってもティースプーン&ケーキフォークとして使えそう。

ちなみに価格ですが、

  • 日本のオンラインショップ価格:38,340円
  • ハワイ価格:261USD

と、10,000円近く安い価格で購入できました!

といっても高価なものには変わりません。現状、うちで一番高いカトラリーは、娘のベビースプーンになりました(笑)

追伸1:

ハワイ(ホノルル)のティファニーの店舗ですが、

  • ワイキキ店(2100 Kalakaua Avenue, Honolulu 96815)
  • アラモアナ店(1450 Ala Moana Blvd. Honolulu)

の2店舗が出店しています。

ワイキキ店は、ニューヨーク本店の次に広い売り場面積を誇るのだとか。

アラモアナも、アクセサリー類だけでなく、食器やボールペンなどの小物類も揃っているため、探しものは見つかりやすいはずです。

追伸2:

今回銀スプーンについて調べていてわかったのですが、西洋の王族や貴族が銀スプーンを使っていた理由ですが、冒頭の理由の他に、安全面での理由もあったとのことです。

中世ヨーロッパでは毒殺が頻繁に起こっていたため、料理に青酸カリやヒ素化合物などの毒が入っていると、銀スプーンが変色します。

贅沢として使っていた面もありますが、実際には自分の命、子どもの命を守るための役割が大きかったのだそうです。

また大事な客人を招いて料理をふるまうときにも、銀食器にすることで「我が家の料理を安心して召し上がってください!」という意味もあったようです。

追伸3:

今、子どものベビー用品(日用品)を買い揃えているのですが、

「プレゼント」

を買ったのは今回がはじめてでした。

支払いを済ませるときに「そういえば、このプレゼントを渡す相手は、まだ顔を見たことも、会ったこともなければ、この世に生まれてもいないんだよなあ…」と思った時、新鮮な驚きがありました。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

僕が海外でも「基本、白シャツ」で行動するようになった理由

ハワイのトランプホテル宿泊レビュー!恋人同士やハネムーンにもおすすめなワイキキの...

【ハワイオフ会1日目】アラモアナセンターの隠れ家的レストラン「Vintage C...

【ハワイオフ会1日目】メンバーと合流してトランプホテルでランチ。その後、ワイキキ...

阪口が使っているカメラやレンズ、編集アプリのまとめ

アメリカの電話番号が月1$で持てるアプリ「iPlum」を使ってみた!