台湾の街を歩いて。外国で日本語が通じるということが、こんなに心地よいものとは知らなかった。

色んな人から「台湾は日本語喋れる人が多いですよー」と聞いていたのですが、実際のところは半信半疑でいました。日本語は東国にマイナー言語のひとつ。海外を歩いていて、現地の人に日本語で喋りかけられる機会は滅多にないからです。

しかし、台北のシンボルマークである「台北101」を歩きながら、その疑念は驚きをもって払拭されます。

どの店に入っても、とにかく日本語で接客される。英語ではなく、日本語で接客を試みようと努力してもらえる。こちらが英語でいこうとしているところに「いらっしゃいませ。2名様ですか?」と日本語で先回りされる、、、こんな経験はこれまで体感したことがないものでした。

「あれ、日本語っていつから国際公用語になったっけ?」

と思わず勘違いしてしまうほど。

英語圏の人ってこんな感覚なのかなぁと。どこに行っても、ある程度は英語が通じる。自分の言語に他国の人が合わせてくれる。そして会話ができる人の数も多い。そうした安心感と心地よさを、ここ台湾ではじめて感じることができました。IMG_20150908_195940小籠包で有名な鼎泰豊。

席に案内されるとき、メニューを読むとき、注文をするとき、料理が運ばれて机の上に並ぶとき、そして会計を済ませるとき、すべてのプロセスを日本語で行うことができました。驚き。IMG_20150908_201826ちょっと歩いただけでこれだけ日本語ができる人にぶつかるなら、「学生街に済んだらどれだけ友達が出来るんだろう……」とか、マッサージや台湾語も日本語で学ぶことができるでしょうし、今回はちょっと街を歩いただけですが、異次元の住みやすさを感じました。

もしもっと早く、それこそ最初に訪れた国が台湾だったら、語学学校に通ってここに住み着いていたんだろうなあ。そうしたらまた別の体験が待っているわけで。ワンダーランドな世界をもっと体験しに外に出かけなきゃ!と改めて思った時間でした。台湾、また戻ります。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

パリの日本人御用達「ブックオフ・パリオペラ店」に行ってきた。一瞬パリにいることを...

【フィレンツェ】日本だからこそ、PC一台で生計が立てられる?

フィレンツェでアパートを借りてみた!検索方法と手続き、おすすめ宿泊エリアをまとめ...

白髪のかつらに18世紀末の華やかな衣装。「ウィーン・モーツァルト・オーケストラ」...

語学研修中に叶ったふたつの夢

2017年最初の妻とのデートは神戸へ、お気に入りの紅茶ブランド「MARIAGE ...