4月15日:あいりん地区からの卒業

荷造りは、瞬く間に済んだ。

バックパックにパソコンと、机代わりにしていた本を詰めて、服と洗面用具類をまとめれば、それで終わり。

8ヶ月間暮らしていたとは思えないくらい、荷物は少なかった。

よく、晴れていた。

最上階にある僕の部屋は、廊下から屋上にのぼることができた。屋上からあいりんの街並みと、通天閣を眺めていると、これまでのことが鮮明に思い浮かんできた。

この8ヶ月間で、僕は変わることができたのだろうか。

8ヶ月前よりも体重が5キロ減った。人付き合いが苦手な性格もそのまま、相変わらず友達もいない。むしろ、引きこもっていたせいで余計にひどくなった気がする。

しかし、ここにきた初日。この屋上で同じ景色を見下ろしたとき。僕はここ以外で生きる力もなければ、ここですら生活を成り立たせられるかわからなかった。

今の僕は、ここででも、他の場所ででも、生きることができる力をつけた。

もちろん、今の稼ぎでは行動範囲は限られるけれど、余裕がなかろうがなんだろうが、今、ぼうkにはそこで生き抜くための力があり、そこで生きるための武器をもっている。その違いは、天と地ほどの差に思えた。

これから僕は世界に出る。

そして仕事を続けて、今の何倍も稼ぐ力を身につける。

そうしたら、お洒落をしたり、友達や恋人をつくる余裕もでてくるだろう。そのうちに性格も明るくなるかもしれない。その、ひとつひとつの力を、一歩一歩、進んで身につけていけばいいのだ。僕がこのあいりん地区で、ひとりでも生きる力を身に着けたように。

まずは実家の千葉へ。そういえばここに来る前、僕は鬱病で実家のベッドで伏せっていたのだった。もうそれは、遠い過去の、前世のようにも感じた。

しばらくは千葉で目を治し、僕がこのあいりん地区で学んできたことを、それを求めている人に伝え、そして、

出国します。

阪口ユウキ

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

4月12日:生活と感情

5月7日:最初の成約を達成した携帯サイト考察。

1月5日:新規390サイト作成

給料をもらう仕事と、自分で稼ぐ仕事は違うのだと知る。

2月10日:ようやく仕事の面白さが五臓六腑に沁み渡る。

4月2日:3月の成果報告と4月の目標設定覚書