3月25日:東京交流会に参加することにしました。

お恥ずかしい話なのだけどこの半年間、

ろくに人と会話する機会を持たず、ひたすら自分との闘い、PCとの闘いを続けていたために、

口の筋肉が退化して、全く喋れなくなっているのである。

昨日、塾の東京交流会に参加すると決めた後で、ひさしぶりになにか喋ってみたら、自分だけ水中に潜っているような気分になり、とても情けなくなった。

もう本当に、この半年間で失ったものと、得たものと、どちらが多いのかわからない。

まあ、このあたりはカラオケにでも行って、ブルーハーツを3日3晩歌い続ければ、喉も開いて解決するのだけど、

あまりにもこの半年間、人と断絶された、まるで精神と時の部屋に籠っていたような、自分自身のストイックな生活ぶりには困惑せざるを得ない。

だけど、正直な話、稼げるまでは誰にも会いたくなかったというのが本音で、友達にも家族にも、こんなスラム街で生活している自分の姿など、見てもらいたくなかったのだ。

いくら「稼ぐ」という気高い目標と情熱があろうと、稼げていないうちは「無職」でしかない。

そんな自分の姿は、やはり、誰にも見せたくなかった。見せられるもんじゃなかった。

大学時代、デザインを生業とするベンチャー企業で、営業をしていたことがある。

そこで毎日泣かされながら、ビジネスについて、テレアポについて、コミュニケーションについて、そして夢をかなえるための心構えについて教わった。

社長は夢をかなえるプロセスを「穴を掘り続けること」と例えた。

お前が穴を掘っていると、穴の中にいろいろな声が放り込まれてくる。

 ”そんなところ掘ったって、なんにも出てこないよ。”
 ”そんな不毛なことしてないで、飲みに行こうぜ。”
 ”可愛い女の子紹介するからよ。早くこっちに出てこいよ。”

 お前が穴を掘り始めたら、周りはそれを制止しようとしてくる。

 その声に耳をふさいで、延々と穴を掘り続けられるかが、お前の戦いだ

身寄りのない大阪の街を選んだことで、結果的に、誰の制止の声も耳に届くことはなかったのだけど、

「辛い、厳しい、稼げない、今日も0円だ、貯金が減る、とても生きていけない」

という、四六時中胃壁にからみついてくる自分自身の言葉から、いかに耳をふさぎ、薙ぎ払い、決意を押し通せるかという戦いの毎日だった気がする。

(今でもそうだけど)

ただ今は、何か吹き込まれる程度では自分は揺らがないと思うし、籠って仕事を続けてきた半年間があるからこそ、あらためて、

いろいろな人の話に耳を傾けてみたい。

誰かと協力し合い、一緒に成功する。

そうしなければ、常に成功し続けることは難しいと思うから。

ということで東京交流会参加予定のみなさま、よろしくお願いします。

阪口ユウキ

P.S.

ちなみになぜ東京交流会なのかというと、

たまたま月末に千葉の実家に帰る予定があったからで、交流会が終わったら、夜行バスに乗ってまた大阪に戻る予定です。

新宿でお酒飲むとか、ホント久しぶりだなあ。

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

3月17日:アニメ着うたフルサイトの成功事例

1月10日:日給1万円からの210円へ

2月16日:盛大に熱を出して寝込んでいました

9月25日:ここは、可愛い女の子の生息地域ではないのだ。

働き方も生き方も、選べるのだと気がついた日。

2月24日:今日もまたノーマンズランドへ