1月12日:10日で3000サイト作ってきて思ったこと

■1月の活動目標
・6000サイト作成
⇒4000サイトに修正

■1月12日の達成事項
・76サイト作成
・無料スペース登録200件

■1月作成サイト数
・2994サイト(累計6604サイト)

■1月12日報酬
・1314円+未確定10500円

なんだかわけがわからないのですが、最後、
駆け込みで10500円の報酬が上がったとの報告がありました。

ただ管理画面を見ると、5分置きにまとめて3件の成約だったので、もしかしたら同一の登録かもしれません。

というか、バグだろ、バグ。

報酬が上がったのはmoba8だったのですが、ここの報酬画面は、正月から無表情に「0」を並べるばかりで、喜びよりも不信感の方が大きいというのが本音。

報酬確定までは気を抜けない状況が続きそうです。


正月から今日まで一気に3000サイトくらい作ってきたのだけど、もう無茶な作り方はしないと心に決めた。

1ヶ月に1度くらいならぶっこんで作るのもありなのだけど、
それが10日も続くとさすがに嫌気がさしてくる。

もうコピペをするのも嫌だ。
無料スペースの登録もまっぴらだ。
マウスの握りすぎて右手の薬指が腱鞘炎気味で痛いし。

1日300も400も作るとまったく反省する時間がなくなるので
自分が今何をやってるのかまったくわからなくなってくる。

そんな盲目的な作業は、ビジネスじゃない。

特に自分ひとりで生計を立てるフリーランスにとって
冷静に自分を反省する「自己の目」を失うことは、
廃業に直結するような気がする。

昨日読んだビルゲイツの『思考スピードの経営』には

「自分の仕事を毎日、可能なあらゆる方法で点検しなければならない」

「その分析は、さらに、新たな分析につながるのではなく、常に行動を支援するものでなければならない。分析は一歩一歩、決定と行動に近づくものでなければならない。われわれは考え、行動し、評価し、適応しなければならない」

と厳しい自己点検の義務が語られていた。

アフィリエイトの作業は孤独な自分ひとりの作業だからこそ、
厳しい評価を忘れてはならない。

サイトを量産することに慣れると同時に、
評価することにも慣れなければならないのだと思う。

自分はベルトコンベアーに配属された従業員ではない。
ひとりの自立した経営者としての自覚を持ち続けたい。

追伸

最近はピノキオPの曲に励まされています。

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

2月29日:フィリピン語学留学先(仮)に問い合わせ

2月14日:胡座仕事から立ち仕事へ

2月26日:2ヶ月半ぶりにアルコールを摂取する

2月9日:一人前の経営者であるために『易経』に挑戦する意味

1月10日:モチベーションではなく生存欲求に仕事をさせよう。

4月14日:あいりん地区を卒業するときが来た