2011年3月、起業宣言。

大学4年生の夏に、東南アジアを4ヵ月かけて周遊したことがある。

 

はじめての海外ひとり旅だ。

発展途上の未完成な風景、

路上に漂う香辛料の匂い、

日に焼けきった褐色の肌、

聞き馴染みのない丸っこい言葉、

ここに来なければ出会うことができなかったたくさんの人々。

僕の生きる世界は、あの旅で間違いなく広がったように思う。

 

ただ、その旅は楽しいものばかりではなかった。

 

財布の中身と相談する日々。

「この地域で一番に安い宿を…」と重いバックパックを背負い何件も梯子したり、

「あれおいしそうだけど我慢しなきゃ…」と、ぐっと生唾呑み込んでパンを頬張ったり、

「この船に乗ったら面白そうだけど…」とツアー料金に目眩を起こして泣く泣く冒険を諦めたり、、、

目の前に自分の知らない世界が広がっているのに、経済的な理由がために、それを見過ごさなければならない瞬間が本当に嫌で仕方なかった。

 

旅=自由。

 

誰もがそう思うだろう。僕もそう信じて疑わなかった。

けれど実際には、その「自由」には、たくさんの障害や制限があることを知った。

 

日に日に減っていく銀行残高。

時が経つほどに狭められていく旅の選択肢。

言葉や文化を深く理解することが叶わない限られた旅の期間。

見えない将来への不安。

 

それらの制限は、「いかにお金をかけずに遠くへ行けるか?」という情熱の燃料になる一方、財布の中身がさびしくなるほど、心は荒み、焦燥感に追いたてられる。

それは、とても、自由と呼ぶにはほど遠い精神状態だった。

自由なはずの世界に身をおきながら、そんな状態になってしまう自分を本当に悔しく感じたものだ。

 

「持続可能な旅」を実現したい。それが僕が起業した一番の理由だ。

 

そして、今から11ヶ月後、2012年4月に僕は出国をする。

この旅では、その当時の僕が「やりたい」と思いながらも、手の届かなかったことを全て詰め込もうと思っている。

 

現地の語学学校に通って,現地語をマスターすること。

小説を執筆し,それを電子書籍として発行すること。

異国の街で恋人をつくり一緒に暮らすこと。

 

そういったひとつひとつの目標を叶えるために、PC一台あればいつでも稼ぐことができる仕組みを作りたいのだ。

そして、その方法を体系化し、誰にでもできる状態に磨き上げ、次世代の旅人、特に若い世代にプレゼントしてまわりたい。

そしてそれは決して難しい話ではないと思う。

 

世界一周を貧乏旅行で実現するとき、その予算はだいたい80万-100万とされている。

8ヵ月間でそれを実現するとすると、1ヵ月あたり10万円が銀行口座に振り込まれれば、旅を継続することができる計算になる。

そしてそれはきっと、1年間しっかり準備に取り組めば、実現できる現実的な金額であると思うのだ。

 

今,インターネット上の情報世界では、

「月10万円」という金額は、
「副業」であったり
「自由になるためのお小遣い」

という位置づけになっている。

 

僕は「月10万円」という単位を「世界一周」に転換したい。

それだけの力があれば、今スグにでも旅立てるのだということを、この日本社会に朗らかに提唱してみたいのである。

 

僕はまだ、1円も稼げていない。スタートラインに立ったばかりだ。でも、この情熱だけは誰にも負けない自信がある。

残りあと11ヵ月。

真正面からぶつかって,夢を叶えてやるのだ。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

NO IMAGE

鬼の如くドメインを取得し、阿修羅の如くサイトを作る。

NO IMAGE

2月13日進歩状況報告【自分が受け取る価値の10倍社会に与えること】

NO IMAGE

旅する起業家、というスタイルについての覚書

起業日誌〜起業を志した日から出国するまで

NO IMAGE

出国

NO IMAGE

3月14日進歩状況報告