シンガポールデートにもおすすめ!クラークキー(Clarke Quay)のEnoteca L’operettaでディナーをしてきました。

気候の良いシンガポール。オープンテラスの雰囲気の良いレストランで、ディナーやデートをしたいという方も多いかと思います。

現地に住んでいる友人に「シンガポールでディナーをするならどこのエリアがおすすめですか?」と聞いてみたところ、返ってきた答えが「クラークキー(Clarke Quay)」。

クラークキーは、シンガポール川の周辺に、レストランやバー、カフェ、クラブなどが並ぶ繁華街。

繁華街といっても雑多な印象はなく、どの店も洗練されていて大人な雰囲気。潮風が屋外のテラスを気持ちよく吹き抜ける、雰囲気の良いレストランが揃っています。

IMG_2591

オープンテラスの席からはシンガポールの夜景とマリーナベイサンズが!

川沿いのテラス席ということもあり、熱帯夜のシンガポールの中にあって空気も涼しいです。

IMG_2593

川沿いにずらりと並ぶレストラン。僕らはイタリアンのお店に入りましたが、隣は日本食屋、その奥にはシンガポール名物チリクラブを出す中華も。国際色豊かなシンガポールの、ありとあらゆる食事がこのクラークキーでは楽しめます!

IMG_2595

僕らが入ったのは「ENOTECA L’Operetta」という日本人シェフのいるイタリアン。

IMG_2584

日本人シェフということで、味も日本で食べるイタリアンと遜色ありません。このロケーションでありながら、パスタは15$〜、ピザは10$〜とコスパも良いです。(1シンガポール$=約80円)

IMG_2594

拡大写真を撮り忘れたのですが、ピザの右隣にあるのがロブスターのスープ。たしか13$くらいでしたが、とても美味しくお気に入りの一品。ちなみに僕ら夫婦は、ふだんあまりお酒を飲まないので、ランチやディナーでは炭酸水を飲んでいることが多いです。

IMG_2587

夜よりも、だんだんと日が落ちていく18時くらいから店に入り、シンガポールの夜を迎えるのが素敵だと思います!

IMG_3057

ということで、シンガポールのディナー場所としておすすめな「クラークキー(Clarke Quay)」をご紹介しました。マーライオンのいるマリーナベイ付近に観光に出て、「夜はどこに行こう?」と迷ったら、このエリアまで歩いてくれば何かしらのお店は見つかります。

ちなみに、このクラークキーからマーライオンまでは徒歩15分くらい。ちょっと遠く感じますが、道程はどこも美しくライトアップされていたり、オブジェなどのアートもあるので散歩にピッタリです!

僕らも今回の1週間の滞在中、2回もこのエリアで食事をしてきました^^

シンガポールの夜のデートやディナー場所に困ったら、ぜひクラークキー界隈のお店を検索してみてください。

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

サグラダファミリアの年間パスをゲット!”友の会”への入会方法まとめ

リスボンで現地SIMカードを買ってみた結果⇒下り10Mbps以上のサクサク回線!

これでもう焦らない!海外のスターバックスでの注文手順をまとめました。

英語を話すためには英語力だけでは足りない。言葉を交わすには「人間力」が絶対に必要...

NO IMAGE

居心地の良いカフェがどれだけあるか。僕が世界で住み着く街を決めるときの条件。

妻がフィリピンに行くと言い出した。その理由がすごい。