舞浜シェラトンのガーデンプールってどう?家族で訪問しました(2021年夏/宿泊プランも解説)|POWER TRAVELER|阪口ユウキ
子連れ旅行

舞浜シェラトンのガーデンプールに子どもと行ってきました(2021年夏/宿泊プランも解説)

2021年7月17日から営業が始まった舞浜のシェラトン「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」に家族で行ってきました。

東京に引っ越してきて2年目の夏。今年は帰省も長期旅行もしないのですが、夏休みっぽいことをしたいと思い、条件としては、

・家から車で30分以内
・屋外のプール
・蜜にならなそうなところ

ということで、チケット販売枚数にも限りがありそうなホテルのプールを選びました。

舞浜シェラトンのガーデンプールを利用する方法

宿泊者以外の利用も可能とHPには記載があるのですが、ホテルの方に聞いたところ、現在は販売しておらず、プールを利用したい場合は、

1)プールチケット付きの宿泊プランを予約する

2)宿泊をして当日プールに空きがあれば入れる

のどちらかだそうです。

今回はプール目当てなので確実に入れるようにプールチケット付きのプランにしました。予約時に「チェックイン日の午後プール利用」「チェックアウト日の午前中プール利用」と選ぶことができました。(7月24日以降の宿泊はナイトプールも選択できるようです)

ガーデンプールの様子はこんな感じ

デッキチェアの配置も心なしかゆとりがある感じがします。

当日受付で申し込みすると有料ですが、パラソル付きのデッキチェアも選ぶことができます(2000円)。

お金はかかるものの、決まった場所が確保できるのはありがたいです。ホテル側もその時間中はそのゲストが独占することになるので、使う人が何回も変わるより消毒の手間が省けるのかな?と思いました。

こんな取り組みもあり、プールは蜜にならず、むしろ空いているので過ごしやすかったです。

舞浜の他のホテルも調べてみたのですが、プールだけ利用できる所は少なく、ディズニーアンバサダーホテルではランチとセットになっていました。宿泊するより安くていいなと思ったのですが、ランチ付プランも人気で空いていないので、次回は予約日に電話しようと思っています。

今回のプール

  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • プールチケット付きの宿泊ゲストのみ利用(チケットに空きがあれば宿泊ゲストも利用可能)
  • パラソル付きデッキチェア(有料2席で2000円だったかな)
  • プール内で食事可能(現金のみ、チケット制)
  • ガーデンプールは帽子なしでもOK
  • 室内プールは帽子要(無料貸し出しあり)
  • ビーチボールや浮き輪は両プールともOKなようです
  • 大きなフロートをもっている方はいなかったのでOKかは未確認
  • 浮き輪をふくらませる機械が置いてありました、便利!

724日からはナイトプールもはじまるそうです!

ABOUT ME
阪口 ユウキ
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪-東京のデュアルライフで育児中心の生活をしています。
パワートラベラー実践会について


パワートラベラー実践会は、僕が起業当初から続けてきた「WEB資産の作り方」そして「PC一台で理想の働き方を叶える方法」を伝えているオンラインスクールです。2014年からスタートし、今年で8年目になります。

次回の募集は未定です。早ければ11月20日を予定していますが、現在メンバー数が多いため募集をする場合も定員を設けて、優先通知にご登録いただいている方から順にご案内予定です。

パワートラベラー実践会の専用サイトはこちら

卒業生の声はこちら

こちらのページのフォームより優先通知にご登録いただきますと募集がはじまったときにご案内メールをお送りしています