INTERIOR

節分の日。鮨「心白」の恵方巻とチラシ寿司をいただきました。

1年半は予約が取れない人気店「鮨 心白」恵方巻とちらし寿司をいただきました。

心白は恵比寿にある鮨屋で、過去2回訪問したことがあります。1年半は予約が取れないことと、1回の食事時間が5時間かかることでも有名なお店です。和食は、今のところ、これまで食べた中でもっと美味しく、印象的だったお店です。

1年予約が取れない鮨屋「心白」に行ってきました。5時間23品に及ぶ美食の旅路。1年予約が取れないという鮨屋「心白」に誘っていただき行ってきました。 メニューは、店主おまかせの1コースのみ。ランチ時間に訪れたのです...

こちらの恵方巻とちらしが予約限定で販売していたので、注文することに。(毎度、こうした情報を教えてくれる宮坂君、ありがとう)

心白の恵方巻とちらし寿司

柊の葉のアクセントになった恵方巻のパッケージ。

今年の恵方は、北北西の北寄り。iPhoneのコンパスアプリで方向を見つけます。

iPhoneのコンパス、毎年恵方を確認する時以外は使わない気がする。

娘も恵方巻をがぶり。

恵方の方角にうさぎのぬいぐるみを置いて、「ぬりぐるみさんをみながら、喋らずに食べようね」と伝えました。

知られざる魚ちらし

恵方巻も美味しかったのですが、なにより驚いたのがこのちらし寿司。

題して「知られざる魚ちらし」なるもので、普段僕らが食べる機会のない魚がこれだけ詰め込まれています。この手紙がまた素敵でした。

約3800種
日本近海で水揚げされている魚介類。

約40種
我が国で消費されている主要魚種。

残りの約3760種は何処に?

僅か400年前、赤身以外は捨てられていた鮪

今では1尾が億を超えることもある

技術や知識、経験が価値を変える

400年後、この約40種という数字が

1000、2000種となっていることを

切に願って。

ー鮨 心白 石田大樹

このちらしが美味しいのはもちろんですが、この寿司を通じて、3760種の魚との未知なる出会いを想像することができました。自分の知らない魚が出てきたら、一層の興味をもってその食材に向き合いたいと思いますし、その度に僕はこの手紙の言葉を思い出すだろうと思います。

阪口ユウキ

ABOUT ME
阪口 ユウキ
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は東京で育児中心の生活を送っています。
パワートラベラー実践会について


パワートラベラー実践会は、僕が起業当初から続けてきた「WEB資産の作り方」そして「PC一台で理想の働き方を叶える方法」を伝えているオンラインスクールです。2014年からスタートし、現在は8年目になります。

現在は定期的なメンバー募集は行っておらず、数ヶ月に1回のペースでご案内しています。

パワートラベラー実践会の専用サイトはこちら

卒業生の声はこちら

こちらのページのフォームより優先通知にご登録いただきますと募集がはじまったときにご案内メールをお送りしています