サントリーニ島はあまりに過酷? ネットの情報と生の情報の差異

この写真は、あの白と青のコントラストで有名なサントリーニ島で撮影した写真です。

白と青の世界はどこへやら、カラカラに乾いた大地に、
ポツポツと家々が点在しているだけの風景です。

もちろん、よく写真で見るような白と青が美しい街並みも存在します。

しかしそれは、島の中心部(Fira)と島の北部(Oia)の一部の地域だけで、
島全体を見渡すと、一見して住みづらそうな荒涼とした風景が広がっています。

もちろん、島の中心部はお洒落な街並みとwifiの繋がるカフェ、
迷路のように入り組んだ街並みを楽しめます。

ただこのハイシーズンは、どこの街路も観光客で溢れており、
散策はちょっと忙しいものになりました。(それはそれで楽しかったのですが)

IMG_20140913_104431

サントリーニ島を歩いていて感じたのは、
映像やネットでの情報と、直に肌で感じる情報では、明らかに差があるということです。

僕はサントリーにという島は、美しいあこがれの島、
というそれだけの印象しか持っておらず、
それだけの印象で、いつかは住みたいと思っていました。

しかし訪問した今では、
もちろんサントリーニは美しい島ですが、

実際に住むとしたら、ミコノス島やロードスの方が
住みやすいだろう
と思うようになりました。
訪問した前と後では、まるで意見が変わっているのです。

こうしたことが、世界を歩いていれば、この先何度もあるのだろうと思いました。

自分の五感で感じること。その感覚と意見を大切にすること。

ネットがあれば何でも「わかる」時代だからこそ、
そういった感性が大切になるのだと感じます。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

【世界のスタバ】プラハ城のお膝元、マラーストラナ広場のスターバックスでノマドして...

台湾の街を歩いて。外国で日本語が通じるということが、こんなに心地よいものとは知ら...

パリの風を感じながら走る。パリ市街を走るオープンバスに乗ってきました!

パリ・シャングリラホテル、○○経由で予約すると3泊目が無料に! 10万円以上お得...

ゆっくりホテル滞在を楽しむ:妊婦と行く大人ディズニーデート@Sheraton G...

AMANGIRI(アマンギリ)宿泊レビュー@Mesa View Suite|ホテ...