サントリーニ島はあまりに過酷? ネットの情報と生の情報の差異

この写真は、あの白と青のコントラストで有名なサントリーニ島で撮影した写真です。

白と青の世界はどこへやら、カラカラに乾いた大地に、
ポツポツと家々が点在しているだけの風景です。

もちろん、よく写真で見るような白と青が美しい街並みも存在します。

しかしそれは、島の中心部(Fira)と島の北部(Oia)の一部の地域だけで、
島全体を見渡すと、一見して住みづらそうな荒涼とした風景が広がっています。

もちろん、島の中心部はお洒落な街並みとwifiの繋がるカフェ、
迷路のように入り組んだ街並みを楽しめます。

ただこのハイシーズンは、どこの街路も観光客で溢れており、
散策はちょっと忙しいものになりました。(それはそれで楽しかったのですが)

IMG_20140913_104431

サントリーニ島を歩いていて感じたのは、
映像やネットでの情報と、直に肌で感じる情報では、明らかに差があるということです。

僕はサントリーにという島は、美しいあこがれの島、
というそれだけの印象しか持っておらず、
それだけの印象で、いつかは住みたいと思っていました。

しかし訪問した今では、
もちろんサントリーニは美しい島ですが、

実際に住むとしたら、ミコノス島やロードスの方が
住みやすいだろう
と思うようになりました。
訪問した前と後では、まるで意見が変わっているのです。

こうしたことが、世界を歩いていれば、この先何度もあるのだろうと思いました。

自分の五感で感じること。その感覚と意見を大切にすること。

ネットがあれば何でも「わかる」時代だからこそ、
そういった感性が大切になるのだと感じます。

2018年パワートラベラー実践会

【2018年1月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年12月24日朝9時〜12月25日夜9時
募集人数:30名→定員になりました

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。

→定員に達したため募集は終了いたしました。

パワートラベラー実践会の詳細はこちら

 

関連記事

ウィーンでアパートを借りてみた!部屋の検索方法と借りるまでの手順、おすすめエリア...

英語を話すためには英語力だけでは足りない。言葉を交わすには「人間力」が絶対に必要...

パリの日本人御用達「ブックオフ・パリオペラ店」に行ってきた。一瞬パリにいることを...

リッツのリワードポイントは購入できる? 無料宿泊に足りない「1000ポイント」を...

ウィーン1位のステーキハウス「Dstrikt Steakhouse」でランチをし...

改装中のリッツカールトン大阪。期間限定の特設クラブフロア(ラウンジ)を訪問してき...