日常の中にポジティブなルーティーンを取り入れたら、充実感がちょっと高まった気がする。

最近、寝る前に必ずしているのがPCとスマホの掃除です。

キーボードの隙間に詰まった埃を掻きだしてくれるクリーナー(写真のうさぎ)と、ディスプレイ専用の消毒液を用意。画面とキーボードをきれいに拭いてから仕事を終えるようにしています。

これは以前、イチロー選手の「道具の扱い」に刺激を受けたものです。

イチロー選手は、バットでもグラブでも、他の選手が驚くほど丁寧に扱うのだとか。試合が終わったあとは、ロッカーでグラブを磨きながら、今日一日の反省をするそうです。

「ルーティーンワーク」というとつまらない、マイナスなイメージがありますが、ある種のルーティーンはポジティブな変化を与えてくれるのだと学びました。

これを真似して、自分の「仕事道具」はなんだろうなと思うと、やはり「PC」と「スマホ」が挙げられます。ということで、この2つを掃除してから寝るというルーティーンを生活に組み込みました。

まだはじめたばかりですが、一日の終わりにPCをピカピカにしておくと、翌朝、画面を開くのが楽しくなります。指紋でべったりのディスプレイより、ピカピカの画面で仕事をしたほうが報酬も上がりそうですよね。

余談ですが、僕のアフィリエイター仲間で、

毎朝神棚に拝んで仕事をしたときと、拝まずに仕事をしたとき。どちらが報酬が伸びるか?

を調べた方がいます。

結果、「神棚に拝んで仕事をしたときの方が、報酬も伸び、仕事もはるかに進んだ」とのことです。それ以来彼は、神棚に拝んでから仕事をすることを、毎日のルーティーンにするようになりました。神頼みがどうこうというより、一日のはじめにきちんと「拝む」という行為が、生活仕事に一本、筋を通したのではないかと思います。

あなたの仕事や生活の中に、なにか組み込める「ルーティーン」はありますか?

ちょっとしたことでも取り入れてみると、新鮮な気持ちで日々、物事に取り組めるかもしれません。

[kanren postid=”20155″]
パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

仕事環境のスマホ化を推し進めて気がついた3つのメリット。

旅と日常をシンプルにする。僕が日本でも海外でもひたすら白シャツばかりを着回してい...

チェンマイでパワートラベラー仲間と合流しました! 世界でできる仕事を持って、ふら...

こんなポジティブなルーティーンしています!ニュースレターの読者さんから色んな事例...

会社を辞めて自由に働きたい!ひとり起業で成功する人の共通点とは?

もう時間と場所に縛られない。世界を旅しながら「個人で」できる仕事9選!