オテルドパリ公演のリハーサルに向けて出発!

さあ、とうとう本番。オテルドパリでの公演に向けて、機材搬入とリハーサルに向かいます。

レンタカーの荷台に、演奏用の機材を詰め込んでいきます。

電子ドラムからアンプからミキサーまで、一台の車に収納するとこんな感じ。まるでテトリスのような作業。

会場であるオテルドパリに到着!ヴィラからホテルまでは車で20分ほどです。ホテルスタッフの方に搬入経路を確保いただき、機材をホテル内のボールルームに運んでいきます。

こちらが、演奏会場です!

オテル・ド・パリは1864年に創業。歴史的建造物ともなっている荘厳なファサードと創業時の17世紀の装飾はそのままに、大改築を経て今の姿になりました。会場は、まばゆいばかりの黄金色、天井からは美しく壮大なシャンデリアが並んでいます。

僕らは真ん中に設営されたステージ上で演奏します。タキシードとロングドレスを着こなした、ヨーロッパの紳士熟女たちの目前にて。昨年もこの舞台では演奏をしましたが、何度やっても、身震いがするほど美しいステージです。

演奏タイミングとしては、食事が済んだデザート前とのことでした。演奏タイミングを聞かされるのも、このときが最初です。

音出しをしながらスタッフと音響を確認。準備万端です。

設置終わってからの一枚。これからヴィラに戻り、タキシードに着替えて、夜の本番を迎えます。

 

POWERTRAVELER 阪口ユウキ

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

 

関連記事

モナコでの演奏旅行から帰国しました!はじめての子連れ海外&演奏旅行で学んだ3つの...

エミレーツ国際線で楽器(ベース)を預け入れ。カウンターでの手続き方法について解説...

僕がモナコに通うようになった理由:畑中由利江先生がグレートコレクションに謎のセレ...

ニース・コートダジュール空港でレンタカーをPICK UP。ターミナル場所や受付手...

薔薇の舞踏会DAY2|モンテカルロ・ベイホテルで朝食を

Featured Video Play Icon

2020年1月11日、モナコ公国エルミタージュホテルにて演奏をしてきます。