旅中も毎日靴を磨け!異国の街で靴を磨き続けることのメリット。

タイでもイタリアでもポルトガルでも、そして日本でも。

僕は旅人の一番の仕事道具は何かと聞かれたら「」と答えます。旅人の仕事は、まずなによりも歩くこと。そして、その風景を色んな人に届けること。パワートラベラーを名乗る僕としては「パソコン」と答えるのが定石ですが、それでも靴がなければどこに行けないわけで。やはり靴はとても大事にしています。

日本に住んでいれば、何足も靴を履き替えることができるのに対し、旅をしていると、基本的にはひとつの靴を、多くても二足(カジュアルとドレスシューズ)を、履き潰すことになります。

そして、歩きやすくてお洒落な靴は数万円はします。履きつぶすにはもったいない金額です。だから、少しでも長くひとつの靴を履き続け、最後には履きつぶすために、毎日磨く。それを、手洗いうがいや、風呂や、そんな日常あたりまえにやる動作として組み込んでいます。

IMG_20140505_194727

靴磨きセット。これをいつも、スーツケースの隅に詰めています。

異国の街で靴を磨くことの意外なメリット

また、靴を磨く理由は他にもあって、たとえば異国の街で女の子と会ったとき、やはり靴は見られる。

これは日本でも同じですが、海外でもやっぱり見られる。特に、東南アジアではその傾向がとても強く、小奇麗なスニーカーや革靴を履いているだけで、サンダルのときと対応が全然違います。

ちょっと余談になりますが、東南アジアは収入が少なく、多少金銭的に余裕がある人でないとお洒落を楽しめません。

だから、お洒落をするということは、収入の良い仕事についているということの証にみなされます。逆にいえば、たとえお金があったとしても、汚い格好をしていれば恋愛対象に見られないし、小綺麗な格好をしていればそれだけで好印象を持たれる。靴に気を遣うことのメリットはとても大きい。

異国の街での処世術としての「靴磨き」。

lovers-in-italy-alone-in-big-city

パワートラベラーというライフスタイルは、気に入った街にある程度滞在することを前提としています。

異国の街にアパートを借りる、語学学校に通う、好きなひととデートをする。そのためには現地に溶け込む必要がありますし、「旅人」の格好、よくあるバックパッカーのような格好は、それには不都合が色々と多い。

僕らだって、汚い格好をした外国人とお近づきになるのは嫌だと思うんです。穴の空いたズタボロのスニーカーを履きつぶしているより、小奇麗なスニーカーや、デッキシューズや革靴や、そんなのをこざっぱりと履きこなしている外国人の方が安心する。女性目線だと、特に。

日本で過ごすのと同じ、小奇麗で、こざっぱりした格好。これを異国の街でも心がける。簡単なことですが、友達を作ったり、恋人を作ったり、異国の街で楽しくクラスためにまず靴に気を遣う。簡単なことですが意外と効果的な、海外の処世術だったりします。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

※2014年7月より続けてきたオンラインサロン「パワートラベラー実践会」は、育休のため2017年3月に募集を停止いたしました。現在はこちらの...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

 icon-tag メールマガジンも配信しています

メールマガジン「パワートラベラー養成講座(無料)」では、旅資金を稼ぐ簡単な方法やアイディア、僕のライフスタイルについて配信しています。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。 「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」 そんな働き方を叶...

関連記事

【写真付】パリオペラ座のスターバックスに行ってきた。宮殿のような装飾にインテリア...

NO IMAGE

飛行機にも「途中下車」がある? ドバイかと思いきや、行き先はバンコクだった。

アメリカの電話番号が月1$で持てるアプリ「iPlum」を使ってみた!

ウィーンデートにおすすめ!シュテファン大聖堂を望むルーフトップバー「SKY Ca...

なぜこの国にもっと早く出会えなかったのだろう。すぐにでも台湾に戻りたくて、もうう...

理想のライフスタイルを「とりあえず」生きる。人生の方向性を決めるにはプチ冒険が必...