リスボンで現地SIMカードを買ってみた結果⇒下り10Mbps以上のサクサク回線!

リスボンで現地SIMカードを買ってみたよ!

ポルトガル・首都リスボン、ポルテラ空港に到着。

到着ロビーにさっそく「Vodafone」の支店を見つけましたので、さっそく現地SIMカードを購入してみました!

DSCF1426

SIMカードを買うとどうなるの?

現地SIMカードを買ってスマホに差し込むとと、現地の人が使っているのと同じ安い料金プランで、ネットや電話ができるようになります。

例えば日本のSoftbankの海外パケットを利用すると1980円-2980円/日もかかってしまいます。しかし現地のSIMを購入すると、同じ値段で、月上限1GB~使い放題のプランに加入できてしまうのです!

必要なもの・流れ

ポルトガルのSIM契約は外国人も簡単にできます。パスポートすら要りませんでした。

ショップの兄ちゃんに「SIMカード欲しいんだけど(Please give me a SIM card)」と言ったら、すぐにセッティングしてくれました。

僕がやったことは、料金プランを選ぶことと、スマホの言語設定を日本語⇒英語にしたくらいです。日本語のままにしていると、店の人がやりづらそうにすることがあるので。

DSCF1438

料金プラン

契約したのは「月上限1GB=16ユーロ」のプラン。日本のように事務手数料もなく16ユーロポッキリ。

料金表の写真を取るのを忘れてしまったのですが、上限半分の500MBで12ユーロでした。ポルトガルは、ホテルはもちろん、どこのレストランや喫茶店でもWifiが通っているので、Wifiとデータ通信を使い分けるとかなり節約できそうです。

速度は?

Screenshot_2014-01-26-15-19-33

街の中心部で測定してみたところ、

下り:10.69 Mbps
上り:1.42 Mbps

出ていました。サックサクやで!

ちなみに下りで10Mbpsあると、youtubeなどのHD動画がサクサク見れる速度。街の色んなところで繋げてみましたが、最大で下りは12Mbps、上りで4Mbps近くまで出ていました。

感想:思った以上にサックサクのポルトガルSIM。これは買わないと損!

これを書いている今はポルトガル滞在6日目ですが、申し分ない、全く快適なネット生活を送っています。

このSIMに限らず、意外にもポルトガルはホテルやアパート、喫茶店の無料Wifiが非常に優秀で、サイトの作成やアップロードまで、ストレスフリーで仕事ができています。

リスボンは、ヨーロッパの他の都市に比べても治安が良いため、スマホで街の写真をガンガン撮ってすぐFacebookにアプロード、みたいなことをしてOKな街。ポルトガルに滞在の折は、ぜひ現地SIMを差し込んで、リアルタイムな旅の様子を配信してみてください!

P.S.リスボンの街中でSIMを買うなら。

DSCF1891
わかりやすい場所だと、リスボンの中心地・ロシオ駅前広場に面した、南側の通りに支店がありました。陸路からリスボンにINした方はこちらでどうぞ!

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

※2014年7月より続けてきたオンラインサロン「パワートラベラー実践会」は、育休のため2017年3月に募集を停止いたしました。現在はこちらの...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

 icon-tag メールマガジンも配信しています

メールマガジン「パワートラベラー養成講座(無料)」では、旅資金を稼ぐ簡単な方法やアイディア、僕のライフスタイルについて配信しています。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。 「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」 そんな働き方を叶...

関連記事

ウィーンデートにおすすめ!シュテファン大聖堂を望むルーフトップバー「SKY Ca...

パリの紅茶専門店・マリアージュ フレールに行ってきました。100種類以上の紅茶缶...

[ホテルジム]アマネム(AMANEMU)のフィットネスジムを貸し切ってトレーニン...

【バルセロナ-リスボン】鉄道・バス・飛行機を比べてみたけど、フライトがコスパ最強...

NO IMAGE

【大西洋】頭の中の国境が、だんだんとなくなってきている

世界には「知らなくてはならないもの」が隠されている