自分にとっての「成功の条件」とは何か?それは、世間体や常識や周りの評価を外れたところにある。

 僕があいりん地区にいたとき、
自分にとっての成功の条件とはなんだろう
ということをずっと考えていました。

一般的な成功というと、

高級車に乗ったり、都内の高級レジデンスに住んだり、
素敵な女性と毎夜のように遊んだり、、、そんなきらびやかな生活が浮かんできます。

でも僕は、そうした生活を楽しんでいる自分の姿がどうしても思い浮かびませんでした。

そうした生活にも憧れはあります。しかし、それよりも、

たとえば数ヶ国語を喋れていたり。世界のどこでも、
日本と同じような感覚で住める柔軟性があったり。
現地の人と仲良くなって、お互いの文化や価値観を交換していたり。大切な人とその風景の中を一緒に歩いていたり、、、

世界のどこにいても自然体で楽しんでいる自分の姿に、強く憧れました。

そのとき僕は、

どんな状態であれば「自分らしい成功」と呼べるか、それをノートにまとめてみたことがあります。

そうしたところ、次の5つの項目が浮かんできました。


一、世界を自由に飛び回る力があること。

一、世界に自分の居場所を持っていること

一、好きな街の言葉を喋ることができること

一、世界中に頼りになる仲間がいること

一、大切な人と一緒にいられること

この五つが叶っている状態。

もし僕がビジネスだけ成功していても、
海外に出ることをためらっていたり、
英語のひとつも喋れないようであればそれは「僕の成功」ではない、と思ったのです。

だから僕は、2012年7月に世界に出てから、ビジネスを伸ばしていくことと並行して

海外にアパートを借りて暮らし、現地語を覚えて、その国の人と触れ合ったり、
その国のライフスタイルや価値観、恋愛文化を学んできました。
今回のドゥマゲッティのように英語の研修プログラムに参加することも、そのひとつです。

この「成功の条件」を満たすための努力を、
ビジネスを伸ばすための努力と同じくらいの比率で続けてきました。

ビジネスで成功をすることは、
数ある成功の条件のうちのたった「ひとつ」の側面でしかありません。


自分にとっての成功の条件とはなんなのか。
世間体や常識や周りの評価を外れたところで自分はいったい、どんなものを求めているのか。

そうしたものを素直に考えて、行動することが必要なのだと思うのです。

あなたにとっての「成功の条件」はなんですか?

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

※2014年7月より続けてきたオンラインサロン「パワートラベラー実践会」は、育休のため2017年3月に募集を停止いたしました。現在はこちらの...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

 icon-tag メールマガジンも配信しています

メールマガジン「パワートラベラー養成講座(無料)」では、旅資金を稼ぐ簡単な方法やアイディア、僕のライフスタイルについて配信しています。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。 「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」 そんな働き方を叶...

関連記事

コンフォートゾーンを広げよう。身体を張って飛び出せば 世界は必ず味方をしてくれる...

NO IMAGE

自分の「強み」で起業するのは間違い? ひとり起業では「絶対にやりたくないこと」を...

働き方や稼ぎ方の選択肢はいくらでもある。大事なのは「どの人生のストーリーを選択し...

どんな心がけで仕事をするかで、得られる未来も変わる。僕がサイトを作るときに心がけ...

NO IMAGE

【夢を諦める方法】僕が10年追いかけたミュージシャンの夢を諦められた「1つの気づ...

5年前の目標宣言を読み返して。強く恋い焦がれるほどにイメージできた目標は、必ず叶...