なぜ僕は「WEB資産」という言葉を使うのか?

メンテナンス作業をするだけで、毎月一定の収益を上げ続けてくれるWEBサイト。

僕はこれを、WEB上にある資産=WEB資産と呼んでいます。

メンテナンスというのは記事の更新作業や、サイトの管理を指します。1週間に1度、新しい記事をアップロードしたり、訪問ユーザーの動向をみながらサイトの細部を修正するなどですね。

そうしたメンテナンスをするだけで作業をするだけで、毎月10万、50万、100万という金額を運んできてくれるサイトを複数運営することができたなら。

世界のどこにいても、インターネットさえつながれば仕事ができる働き方が叶いますし、自分の好きな場所で暮らすこともできるようになります。

2011年に「世界を自由に飛び回りながら暮らすライフスタイルを叶える」と決めた時、僕が選んだのが、この「WEB資産を作る」仕事でした。

この記事では、「WEB資産とは何か?」そして、どうして僕がこの言葉を使うようになったのかについてお話したいと思います。

なぜ僕は「WEB資産」という言葉を使うのか?

dsc03300

僕が「WEB資産」という言葉を使っているのには明確な理由があります。

それは、「ただ”WEBサイト”を作っているだけでは、生計を立てる収益を上げることはできない」ということを、痛感しているからです。

僕は、ブログをはじめたのは2005年、大学1年生のときになります。

無料ブログ「excite blog」を立ち上げ、それを大学4年間更新し続けました。同時に、当時流行ったSNS、mixiやtwitter、facebookなどはすべて登録をして使っています。

その当時の僕は、「ビジネスをしよう」と思っていなかったこともありますが、

多くの人は、過去に個人のブログやHP、FacebookやTwitterなどのSNSを使ってみたことがあるかと思います。

そうして運営してきたサイトやメディアが、自然に収益をあげたことはあるでしょうか。ただサイトに記事をアップするだけで、それが収入に結びついた経験はありますか?






ない、というのが答えでしょう。

インターネットで稼ぐというとなぜか、

  • ただサイトを作って広告を貼れば報酬が上がる!
  • ネットで稼ぐのなんで簡単!

という風潮があります。

しかし実際には、ただWEBサイトを運営しても、それが自然と収益をあげることはまずありません。

それを叶えるだけのWEBマーケティングの知識や収益をあげるだけのサイトを作る技術が絶対に必要になります。

アフィリエイトサイトとWEB資産の違いとは?

一方で僕は、「アフィリエイトサイト」という言葉もあまり使っていません。

僕はアフィリエイトをはじめて、2016年で6年目になります。この6年間で、数えきれないくらいのサイトを作ってきました。

その中には、もうどんな内容で作ったかうまく思い出せないものや、一時的に収益をあげたものの、その後更新を止めてしまったサイトが数多く含まれています。

起業当初の僕は、収益があがればなんでもいいと考え、手当たり次第にサイトを作り続けてきました。

そうして一時凌ぎで作ったサイトは、すぐに繁期が終わって稼げなくなったり、更新を続けるほどの愛着もなく、そのまま捨ててしまうことが多かったのです。

2012年に出国をしたときには、月30万円くらいの収益がそうした細々としたサイトで上がっていました。しかしその報酬を維持するためには、サイトを作り続ける必要があったのです。

その毎日はとても忙しく、とても旅を楽しむ余裕もありません。

そうした忙しい海外生活を3ヶ月ほど続けた後で、「もう、小銭稼ぎのような仕事はしない!」と決意し、自分の仕事内容をガラリと変えることにしたのです。

  • 今後何年も付き合い続けるサイトを作ること
  • ユーザーにとってなくてはならないサイトを作ること
  • たとえ時間がかかっても、価値あるサイトを作ること

という方向にシフトしたのです。

これまで僕は、1日に1サイトペースで、数ページのサイトを作り続けるような毎日を続けていたのですが、「1年に数サイトだけ、しかし数百ページ単位のサイトを作り込んでいくというサイトの作り方にシフトしてきました。

今では、以前であれば、何百というサイトをかき集めて達成した報酬以上の額を、1つのサイトだけで達成できるほどになりました。

そうした過去の反省も踏まえて、

「ただ報酬を上げるだけの”アフィリエイトサイト”は作らない」

長く付き合い、ずっと収益を運んでくれるような”資産となるようなサイト”だけを作っていこう

そうした個人的な想いを込めて、僕は「WEB資産」という言葉を使うようになりました。

もし長く付き合うサイトを作るとしたら、あなたは何を作りますか?

もし、収益が上がりつつ、ずっと長く付き合っていけるようなサイトを作るとしたら。

あなたはどんなジャンルで、どんなサイトを作ってみますか?

一体どんなサイトを作りたいですか? そのサイトで収益をあげるとしたらどんな方法が考えられますか? 

ワクワクしながら、そんな長く付き合うようなサイトのイメージを膨らませてみてください。そしてその内容を、ぜひ僕にも教えて下さい。

次回のミニ講座では、「好きなもので生計を立てるために、なぜアフィリエイトの技術が必要なのかというテーマでお話をしていきます。ちょっと胡散臭い感じがあるアフィリエイトのイメージを、変えるようなメールになっています。

好きなもので生計を立てるためにはどうすればいいのか。次回の予習メールも、お楽しみにお待ちください^^

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

Youtubeの再生速度を低速〜倍速に変える方法

キーワードの選定方法とその基準を学ぼう。Googleキーワードプランナーの使い方...

数年後の大きな収穫を得るために、新サイトの仕込みをしています!始めればもう、半分...

赤ちゃん子育て中のママでもサイトは作れる? 限られた時間の中でサイトを作るための...

メルマガQ&A「旅関係のアフィリエイトは儲かりませんか?」

「初報酬があがりました!」という嬉しい報告をいただきました。同じ1円でも、「自分...