築200年でも新しい!?フィレンツェに短期アパートを借りてみて感じたこと。

フィレンツェで借りたアパートは、観光スポットとして有名なヴェッキオ橋から、徒歩3分の立地にある場所でした。

フィレンツェの街は、どれも中近世の頃から変わっていない街並みが残っています。そのひとつでも日本に持ってきたら、ちょっとした観光名所になりそうな、そんな家の中で暮らすことができます。

僕ら夫婦が越してきたアパートは、改築したばかりでとても新しいのですが、外観や部屋に辿り着くまでの階段は、とても歴史を感じるものでした。

「ちなみにこの建物、築何年くらいなんですか?」

とアパートの管理人さんに話を聞くと、

「だいたい18世紀くらいのものですね。フィレンツェの物件では、けっこう新しい方ですよ」

築200年で、新しいほう!!

たしかに街中をぐるぐる回っても、家の建て替え工事をしてる光景には、出くわしたことがありません。

残っているものをあえて壊して新しいものにする必要性はないよね。中が不便なら、何十年かに一回リフォームすれば住めるよね、という感じで、外観はそのまま残して、家の中とそこに住む人だけを新陳代謝させているようでした。

その街にはその街の、歴史やルールや雰囲気があります。

僕はなるべく移動を少なくして、その土地に出来る限り長く滞在するような旅を続けていますが、それは、少しの間だけでもその街の一員になって、こういったルールや雰囲気の中に自分を溶けこませたいという想いがあるからです。

いつでも自分が住み着けるような街を世界中に持つこと。お気に入りのカフェや美味しいバニーニが食べられるお店や、好きな雰囲気の路地裏を、たくさん自分の選択肢の中に持つこと。

いろんな街を巡りながら、そんな選択肢を増やしたいと思っています。

[kanren postid=”74″]

2018年パワートラベラー実践会

【2018年1月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年12月24日朝9時〜12月25日夜9時
募集人数:30名→定員になりました

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。

→定員に達したため募集は終了いたしました。

パワートラベラー実践会の詳細はこちら

 

関連記事

世界には「知らなくてはならないもの」が隠されている

英語を話すためには英語力だけでは足りない。言葉を交わすには「人間力」が絶対に必要...

7000記事規模のサイトを作る。チェンマイに来て1週間、こんな感じで仕事をしてい...

滞在してわかった!ウィーンのおすすめホテルと観光に便利なエリアまとめ

ウィーンのコンサートを自分で予約したい!チケットの予約手順とおすすめサイトをまと...

【写真付】パリオペラ座のスターバックスに行ってきた。宮殿のような装飾にインテリア...