築200年でも新しい!?フィレンツェに短期アパートを借りてみて感じたこと。

フィレンツェで借りたアパートは、観光スポットとして有名なヴェッキオ橋から、徒歩3分の立地にある場所でした。

フィレンツェの街は、どれも中近世の頃から変わっていない街並みが残っています。そのひとつでも日本に持ってきたら、ちょっとした観光名所になりそうな、そんな家の中で暮らすことができます。

僕ら夫婦が越してきたアパートは、改築したばかりでとても新しいのですが、外観や部屋に辿り着くまでの階段は、とても歴史を感じるものでした。

「ちなみにこの建物、築何年くらいなんですか?」

とアパートの管理人さんに話を聞くと、

「だいたい18世紀くらいのものですね。フィレンツェの物件では、けっこう新しい方ですよ」

築200年で、新しいほう!!

たしかに街中をぐるぐる回っても、家の建て替え工事をしてる光景には、出くわしたことがありません。

残っているものをあえて壊して新しいものにする必要性はないよね。中が不便なら、何十年かに一回リフォームすれば住めるよね、という感じで、外観はそのまま残して、家の中とそこに住む人だけを新陳代謝させているようでした。

その街にはその街の、歴史やルールや雰囲気があります。

僕はなるべく移動を少なくして、その土地に出来る限り長く滞在するような旅を続けていますが、それは、少しの間だけでもその街の一員になって、こういったルールや雰囲気の中に自分を溶けこませたいという想いがあるからです。

いつでも自分が住み着けるような街を世界中に持つこと。お気に入りのカフェや美味しいバニーニが食べられるお店や、好きな雰囲気の路地裏を、たくさん自分の選択肢の中に持つこと。

いろんな街を巡りながら、そんな選択肢を増やしたいと思っています。

[kanren postid=”74″]

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

妻と世界を旅してきましたが、昨年に娘が生まれたため現在は育児をしながら国内外を旅しています。(旅の記録はこちら

関連記事

改装中のリッツカールトン大阪。期間限定の特設クラブフロア(ラウンジ)を訪問してき...

フラートンベイホテル(The Fullerton Bay Hotel)宿泊レビュ...

パリの風を感じながら走る。パリ市街を走るオープンバスに乗ってきました!

妻がフィリピンに行くと言い出した。その理由がすごい。

どんなに妻のリクエストを叶えても、120点はとれないのだと気がついた話。

リスボンで現地SIMカードを買ってみた結果⇒下り10Mbps以上のサクサク回線!