【フィレンツェ】日本だからこそ、PC一台で生計が立てられる?

 

 

日本では日夜、ヤマト運輸や佐川急便など、宅配便サービスの事業車が街を走り回っているのを見かけますが、イタリアではそれっぽい車を全く見かけることはありませんでした。

現地の人に話を聞いてみると、あまり物流のインフラが整っていないそうで、

  • 物が届かないことが多い
  • 手紙も届かないことが多い
  • 不在でも3回目までは配送する必要があるのに、2回目の不在でセンターに送り返す

というようなことがよくあるとか。ちなみにAmazon Italyでは注文したモノが届くまでに1週間はかかるそうです(笑)

また、たとえばフィレンツェの街は街路が狭く、人が溢れており、石畳の道路はスピードが出しづらいため、そもそも物流サービスがうまく機能するような街の作りになっていません。

興味があって調べたところ、イタリアで、インターネットショッピングをする人口は全体のわずか7%という数字が出ていました。物流のインフラが整わなければ、ネットショッピング利用者が増えないのも無理がないのかもしれません。

http://www.explido.de/blog/affiliate-marketing-around-the-world-spain-portugal-and-italy/

またこれも現地に住んでいる方に聞いたのですが、イタリアではまだADSL回線がほとんど。ようやく北部の街で、光ファイバーが通り始めたというインフラ状況だそうで、そもそもネット回線が遅い、途切れるさくさくとしたネット検索が難しいという状況なのです。ヨーロッパではこのように回線が弱い地域というのが多く、インターネットのインフラが日本のように充実していません。

日本では、あたりまえのようにネットで何かを購買することができていますが、それは、

  • 物流のインフラ
  • 回線のインフラ

が充実しているからで、この両方が整っている国は、世界を見渡してもそれほど多くはありません。少なくとも僕たちは、インフラが整っていないことに不便さを感じた経験はあまりないはずです。


僕はPC一台で生計を立てていて、通販サイトの運営やアフィリエイトプログラムを利用したサイト運営が、収益の大半を占めています。しかし、こういったビジネスが成り立つのも、日本ならではなのかもしれません。

日本だからこそ、インターネットを最大限活用できるインフラが整っていますし、ネットでの売買があたりまえのものとして根付いています。日本は他の国とくらべても働き方の自由がない、労働時間もとても長い国ですが、そういう生真面目な民族が作ったインフラが整っているからこそ、逆に自由をつかみとるチャンスがあるのだと思います。

[kanren postid=”74″]

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

※2014年7月より続けてきたオンラインサロン「パワートラベラー実践会」は、育休のため2017年3月に募集を停止いたしました。現在はこちらの...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

 icon-tag メールマガジンも配信しています

メールマガジン「パワートラベラー養成講座(無料)」では、旅資金を稼ぐ簡単な方法やアイディア、僕のライフスタイルについて配信しています。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。 「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」 そんな働き方を叶...

関連記事

妻がフィリピンに行くと言い出した。その理由がすごい。

サントリーニ島はあまりに過酷? ネットの情報と生の情報の差異

突然ですが、セネガルでのホームステイが決定しました。

紅茶を頼むにもルールがある。「事前知識」がなければ、たとえ英語がわかっても会話を...

NO IMAGE

【大西洋】頭の中の国境が、だんだんとなくなってきている

ウィーンのコンサートを自分で予約したい!チケットの予約手順とおすすめサイトをまと...