フィレンツェ人に学んだテクノロジーとの付き合い方

フィレンツェの街を歩いていて驚くことは、待ちゆく人や談笑している人が、誰もスマホを持っていないということです。

日本の街路であれば、友達同士でいても、片手にはスマホがあっていじっているような印象がありますが、ここフィレンツェ人が片手に持っているのは、ワインやコーヒー。そうしていつまでもお喋りをして時間を過ごしているのです。

もちろん、連絡手段としてのスマホ端末は持っていて、たまに若い女の子たちが、ワインを片手にスマホを出している光景を見ることもあります。

しかしそれも、各自で遊んでいるのではなく、みんなで撮った画像についてお喋りをしていたり。日本とはだいぶ雰囲気が違うのです。

少し話は変わりますが、フィレンツェの街並みはもう数百年変わっていないそうです。

16世紀に作られた建物の中をリフォームして住み続けるなど、外観はそのままで、内側だけが入れ替わっています。(なので、部屋の中はけっこう隙間風が吹いたり、寒かったりして不便なのですが)

便利なテクノロジーと文化や歴史、習慣を比べたら、テクノロジーはそこまでいらないよね、というような雰囲気が街全体に流れているように感じました。

スマホ文化も、その街並みと同じ位置づけのような気がします。

便利だから使うけれど、テクノロジーはあくまでテクノロジーにしかすぎないし、「一番大切なのは人間だよね」とあくまでも自分たちのペースを崩さずに生きている。それはこの時代にあって、とても人間的な生き方でいいなあと感じました。

[kanren postid=”74″]
パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

2017年最初の妻とのデートは神戸へ、お気に入りの紅茶ブランド「MARIAGE ...

一生涯、夫婦で語れる思い出に投資する。なぜ夫婦で2ヶ月間のヨーロッパ旅行に出発し...

どんなに妻のリクエストを叶えても、120点はとれないのだと気がついた話。

パリのメトロ(地下鉄)、乗るときに気をつけたい改札のルール

改装中のリッツカールトン大阪。期間限定の特設クラブフロア(ラウンジ)を訪問してき...

NO IMAGE

【大西洋】頭の中の国境が、だんだんとなくなってきている