フィレンツェ人に学んだテクノロジーとの付き合い方

フィレンツェの街を歩いていて驚くことは、待ちゆく人や談笑している人が、誰もスマホを持っていないということです。

日本の街路であれば、友達同士でいても、片手にはスマホがあっていじっているような印象がありますが、ここフィレンツェ人が片手に持っているのは、ワインやコーヒー。そうしていつまでもお喋りをして時間を過ごしているのです。

もちろん、連絡手段としてのスマホ端末は持っていて、たまに若い女の子たちが、ワインを片手にスマホを出している光景を見ることもあります。

しかしそれも、各自で遊んでいるのではなく、みんなで撮った画像についてお喋りをしていたり。日本とはだいぶ雰囲気が違うのです。

少し話は変わりますが、フィレンツェの街並みはもう数百年変わっていないそうです。

16世紀に作られた建物の中をリフォームして住み続けるなど、外観はそのままで、内側だけが入れ替わっています。(なので、部屋の中はけっこう隙間風が吹いたり、寒かったりして不便なのですが)

便利なテクノロジーと文化や歴史、習慣を比べたら、テクノロジーはそこまでいらないよね、というような雰囲気が街全体に流れているように感じました。

スマホ文化も、その街並みと同じ位置づけのような気がします。

便利だから使うけれど、テクノロジーはあくまでテクノロジーにしかすぎないし、「一番大切なのは人間だよね」とあくまでも自分たちのペースを崩さずに生きている。それはこの時代にあって、とても人間的な生き方でいいなあと感じました。

[kanren postid=”74″]
2018年パワートラベラー実践会

【2018年1月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年12月24日朝9時〜12月25日夜9時
募集人数:30名→定員になりました

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。

→定員に達したため募集は終了いたしました。

パワートラベラー実践会の詳細はこちら

 

関連記事

パリ・シャングリラホテル、○○経由で予約すると3泊目が無料に! 10万円以上お得...

AMANEMの貸切プライベート温泉ってどんな感じ? 見学に行ってきました。

【写真付】パリオペラ座のスターバックスに行ってきた。宮殿のような装飾にインテリア...

【フィレンツェ】日本だからこそ、PC一台で生計が立てられる?

ウィーン1位のステーキハウス「Dstrikt Steakhouse」でランチをし...

どんなに妻のリクエストを叶えても、120点はとれないのだと気がついた話。