「これだ!」と思う人はいつ現れるかわからない。出会って1ヶ月で猛スピード婚を決めた話

IMG_20140512_113028

僕は、2014年の3月に、今の妻と出会いました。

そして、翌月の4月に告白とプロポーズを同時にしています大阪で初対面を果たし、初デートは1ヶ月後の京都で。その翌日にプロポーズ。合計しても、24時間くらいしか一緒にいませんでした。

そういう事情もあって、「どうしてそんなにすぐ、結婚を決断したんですか?」とよく聞かれます。この記事では、僕が短期間で結婚に踏み切った理由や、猛スピード婚ならではのドタバタについてお話していきます。

僕がすぐに結婚を決意できた理由。

GOPR0108-1300x975

結婚を決断できた一番の理由。それは、僕が思い描くライフスタイルと、彼女が理想とするライフスタイルが重なっていたからでした。

僕はPC一台で世界を飛び回る「パワートラベラー」という仕事をしています。2012年の7月に出国してから、これまでに7ヶ国9都市、日本を含めると、8ヶ国11都市に住み着いて仕事をしてきました。

異国の街にアパートを借りること、語学学校に通って現地の言葉を覚えること、wifiの繋がる喫茶店で仕事をすること。その風景を配信することをライフワークにしています。そして、もしパートナーになる女性は、こういった生活を一緒に楽しんでくれる人、その自由を一緒に広げてくれるような人であればいいなと思っていました。

「結婚」と「自由」は両立できる?

IMG_20140513_123120

それまで僕は、結婚というものをネガティブに考えていました。

こういったライフスタイルに付き合ってくれる女性はそう多くはありません。ふつう結婚をして家庭を持てば、今のように自由な生活はできなくなります。「パワートラベラーは、独身男性だからできるライフスタイルだよね」と言われることもありましたが、僕自身、結婚するときにはこの仕事は廃業かなと思っていたのも事実です。

しかし、彼女と出会ったとき、結婚に対するネガティブな意識がなくなりました。結婚をすることで広がる自由もあることに気がついたからです。

彼女は僕に会う以前から、自分でビジネスを興していましたし、月に1回国内外を旅行しながら、その風景を伝えるようなことをしていました。自分の好きを仕事にすること、理想のライフスタイルを叶えられる働き方をすること、そしてそこから見える景色を色んな人に伝えること。僕は彼女と一緒になれば、自分の世界がもっと広がるに違いないと思いました。

「これだ!」と思う人はいつ現れるかわからない。

10896_922447101115103_8093890065432039513_n猛スピード婚を経験してみて思ったのは、「これだ!」と思う人はいつ目の前に現れるかわからないということです。

僕は正直、結婚なんて遠い先のことだと思っていました。おそらく、スピード婚を決めた多くの人が、似たような理由なのではないかと想像します。目の前にチャンスが急に落ちてきて、それを掴みとることができるかどうか、力づくでもモノに出来るかどうか。男性でも女性でも、そこには大きな勇気とエネルギーが必要です。

そういった決断ができるためには、「自分」というものを理解している必要があるのだと思います。もし自分が何を求めていて、どんな生活をしたいと思っているのか、それが固まっていなければ、どんな人をパートナーに選べばいいのかわからないからです。

「これだ!」と思う人はいつ現れるかはわかりません。でもそのチャンスをつかむための準備は、今すぐにでもできるのです。

2017年10月スタートメンバー募集

【2017年10月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年9月18日〜9月24日
募集人数:50名→満席

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。
→定員に達しましたので期間内ですが募集を終了させていただきました。

資産サイト構築のノウハウを学ぶことができる「WEB資産構築マニュアル(43800円)」は引き続き販売をしております。実践会にご興味がある方、少しでも早くPC一台で生計を立てる技術を身につけたいという方は、こちらのマニュアルで実践していただければと思います。(マニュアルをご購入いただいた方は、優先的に実践会の振替案内をお送りさせていただきます)

WEB資産構築マニュアルのご購入はこちら

関連記事

iPhoneのテザリングが繋がらない時にやっている3つの手順

「暇なんで」という理由でも行動する奴が勝ち~貯金ほぼ0円で出国してしまった男の行...

チェンマイでパワートラベラー仲間と合流しました! 世界でできる仕事を持って、ふら...

大阪梅田エリアの新しい会議室「アットビジネスセンター大阪梅田」を内覧してきました...

夫婦ふたりで、世界を自由に飛び回る状態は叶えることはできるのか?

NO IMAGE

地方にいることは情報過疎の言い訳にならなくなってきている。