【バルセロナ-リスボン】鉄道・バス・飛行機を比べてみたけど、フライトがコスパ最強&最安値だったよ!

バルセロナからリスボンまでの経路を、飛行機-鉄道-バスで比較してみました。

結論からいうと、フライトがコスパ的にも価格的にもおすすめ。各経路の値段と所要時間をまとめましたのでご参考ください。

IMG_20140125_131650

飛行機で行く場合

利用したのはこちらの航空会社。

TAP PORTUGAL

昼12:30出発、約2時間のフライトで、ポルトガル着が現地時間の13:30。真昼間のフライトにもかかわらず116USDという安値で、美しい地中海を空から一望できる、あっという間のフライトでした。

skyscannerで検索すると、この経路を飛ぶ多くのLCCが検索できます。
http://www.skyscanner.pt/

TAPの他にも安いLCCが出ていますね。skyscannerは世界の格安航空券を検索できるサイト。iPhone/Androidアプリも出ているので、入れておくとなにかと便利です。

ちなみにこの区間、安い日であれば1万円ジャストくらいで見つかりました。

バルセロナ市内から空港までのアクセス。

空港までの一番簡単なアクセスが、水色の車体のシャトルバス。

AEROBUS。空港から街の中心地であるカタルーニャ広場までを結んでいます。広場の右側の通りにわかりやすいブースが出ています。

朝6時-深夜1時まで5-20分おきに運行。値段は片道で、空港までは約30分。「A1」がターミナル1へ、「A2」がターミナル2へ向かうバスなので、予め自分のターミナルを忘れずにチェックしておきましょう。

DSCF1424

鉄道でリスボンまで行く場合。

鉄道でバルセロナ-リスボン間を行く場合は、ネットで調べた感じだと、「バルセロナ⇒マドリッド」で乗り換えて、「マドリッド⇒リスボン」を移動。

乗り継ぎがスムーズに行けば、夕方バルセロナを出て、2時間半~3時間でマドリッドへ。その後、21時50分の列車に乗り換えて、翌朝7時半にリスボンに到着します。合計約14時間、14000円~程度。

バルセロナ-リスボン間(Renfe)

  • 40€~(プロモーション料金の場合)
  • 朝6時より約1時間おきに運行(2時間半)

http://www.renfe.com/

マドリッド-リスボン間(Rail Europe)

  • 8590円
  • 21:50発-7:30着(10時間40分)

詳細な情報は、バルセロナサンツ駅あたりで聞いてみるほうが確実です!

バスでリスボンまで行く場合。

バスで行く場合、EUROLINESから安いバスが出ていました。

これによると、毎週月・木・土・日に運行されていて、昼12:00に出発し、到着が翌朝の6:45。

値段が、今日のレートで10791円となっています。フライトと同じかちょい安程度ですが、18時間のバス旅とか…どうなのよ?

こちらもネットで調べただけですので、詳細はサンツ駅ターミナルで聞いてみてください。バルセロナからの国際線は、ほぼサンツ駅からバスが出ています。

おすすめは断然フライト!

「陸路移動にこそ意味がある」という沢木耕太郎的なこだわりが特に無いなら、フライト移動が断然オススメです。なぜなら、太陽が輝く真昼間の時間、地中海とヨーロッパ大陸の境界線を見下ろしながらのフライトは、最高に気持ちが良いからです。

この眺め!

IMG_20140125_131412

IMG_20140125_131650
IMG_20140125_131326
IMG_20140125_143605
IMG_20140125_144510

ベタ塗りしたような地中海のエメラルドグリーン。この海の色は日本ではお目にかかれませんよね。

晴れた日の昼の便に乗れば、この地中海の眺めを堪能した後で、午後早い時間にホテルにチェックインし、リスボンの市内観光もすることができます。

ということでバルセロナ-リスボン間を比較してみましたが、飛行機とバスが最安値、ただしコスパと時間を考えると飛行機が最強、という感じで個人的に結論。同区間を移動される方はぜひご参考ください。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

※2014年7月より続けてきたオンラインサロン「パワートラベラー実践会」は、育休のため2017年3月に募集を停止いたしました。現在はこちらの...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

 icon-tag メールマガジンも配信しています

メールマガジン「パワートラベラー養成講座(無料)」では、旅資金を稼ぐ簡単な方法やアイディア、僕のライフスタイルについて配信しています。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。 「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」 そんな働き方を叶...

関連記事

ポルトガル・リスボンで短期アパートを借りてみた!契約までの流れと手続きまとめ。

パリの風を感じながら走る。パリ市街を走るオープンバスに乗ってきました!

【熊本のインフラ情報】インターネット / 道路 / 電話回線 / 緊急宿泊場所 ...

世界には「知らなくてはならないもの」が隠されている

NO IMAGE

エミレーツの"大規模"ロストバゲッジに遭遇! 対応策は?補償...

サグラダファミリアの年間パスをゲット!”友の会”への入会方法まとめ