【バルセロナ-リスボン】鉄道・バス・飛行機を比べてみたけど、フライトがコスパ最強&最安値だったよ!

バルセロナからリスボンまでの経路を、飛行機-鉄道-バスで比較してみました。

結論からいうと、フライトがコスパ的にも価格的にもおすすめ。各経路の値段と所要時間をまとめましたのでご参考ください。

IMG_20140125_131650

飛行機で行く場合

利用したのはこちらの航空会社。

TAP PORTUGAL

昼12:30出発、約2時間のフライトで、ポルトガル着が現地時間の13:30。真昼間のフライトにもかかわらず116USDという安値で、美しい地中海を空から一望できる、あっという間のフライトでした。

skyscannerで検索すると、この経路を飛ぶ多くのLCCが検索できます。
http://www.skyscanner.pt/

TAPの他にも安いLCCが出ていますね。skyscannerは世界の格安航空券を検索できるサイト。iPhone/Androidアプリも出ているので、入れておくとなにかと便利です。

ちなみにこの区間、安い日であれば1万円ジャストくらいで見つかりました。

バルセロナ市内から空港までのアクセス。

空港までの一番簡単なアクセスが、水色の車体のシャトルバス。

AEROBUS。空港から街の中心地であるカタルーニャ広場までを結んでいます。広場の右側の通りにわかりやすいブースが出ています。

朝6時-深夜1時まで5-20分おきに運行。値段は片道で、空港までは約30分。「A1」がターミナル1へ、「A2」がターミナル2へ向かうバスなので、予め自分のターミナルを忘れずにチェックしておきましょう。

DSCF1424

鉄道でリスボンまで行く場合。

鉄道でバルセロナ-リスボン間を行く場合は、ネットで調べた感じだと、「バルセロナ⇒マドリッド」で乗り換えて、「マドリッド⇒リスボン」を移動。

乗り継ぎがスムーズに行けば、夕方バルセロナを出て、2時間半~3時間でマドリッドへ。その後、21時50分の列車に乗り換えて、翌朝7時半にリスボンに到着します。合計約14時間、14000円~程度。

バルセロナ-リスボン間(Renfe)

  • 40€~(プロモーション料金の場合)
  • 朝6時より約1時間おきに運行(2時間半)

http://www.renfe.com/

マドリッド-リスボン間(Rail Europe)

  • 8590円
  • 21:50発-7:30着(10時間40分)

詳細な情報は、バルセロナサンツ駅あたりで聞いてみるほうが確実です!

バスでリスボンまで行く場合。

バスで行く場合、EUROLINESから安いバスが出ていました。

これによると、毎週月・木・土・日に運行されていて、昼12:00に出発し、到着が翌朝の6:45。

値段が、今日のレートで10791円となっています。フライトと同じかちょい安程度ですが、18時間のバス旅とか…どうなのよ?

こちらもネットで調べただけですので、詳細はサンツ駅ターミナルで聞いてみてください。バルセロナからの国際線は、ほぼサンツ駅からバスが出ています。

おすすめは断然フライト!

「陸路移動にこそ意味がある」という沢木耕太郎的なこだわりが特に無いなら、フライト移動が断然オススメです。なぜなら、太陽が輝く真昼間の時間、地中海とヨーロッパ大陸の境界線を見下ろしながらのフライトは、最高に気持ちが良いからです。

この眺め!

IMG_20140125_131412

IMG_20140125_131650
IMG_20140125_131326
IMG_20140125_143605
IMG_20140125_144510

ベタ塗りしたような地中海のエメラルドグリーン。この海の色は日本ではお目にかかれませんよね。

晴れた日の昼の便に乗れば、この地中海の眺めを堪能した後で、午後早い時間にホテルにチェックインし、リスボンの市内観光もすることができます。

ということでバルセロナ-リスボン間を比較してみましたが、飛行機とバスが最安値、ただしコスパと時間を考えると飛行機が最強、という感じで個人的に結論。同区間を移動される方はぜひご参考ください。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

岡山市内のカフェを転々としながら、収益構造の分散化を考えている。

宿泊するホテルグループを揃えていたら、香港のホテルで優遇されるようになった話。

サグラダファミリアの年間パスをゲット!”友の会”への入会方法まとめ

平日昼間、フィレンツェの街を歩きながら、この自由を叶えるためなら何度でも起業しよ...

ウィーンデートにおすすめ!シュテファン大聖堂を望むルーフトップバー「SKY Ca...

旅中も毎日靴を磨け!異国の街で靴を磨き続けることのメリット。