家族をディズニーに連れて行くために、自由を掴む。

家族をディズニーランドに連れて行ってあげたい。

子どもって、親の影響をものすごい受けるんですよね。

ディズニーランドに行きたいってたまに話題に上がるんですが、
うちにはお金がないから……って子どもが言うんですよ。
僕らの口癖をそのまんま子どもは覚えちゃうんですよね。

それが情けなくて、このままじゃダメだと。

雇われの店長は先が見えてる。
僕は子どもに色んな風景を見せてあげたい。

ディズニーランドでも、海外でも、
家族で色んな場所に行けるような、そんな自由とお金が欲しいんですよ

札幌でとある古着屋チェーンの管理職をされている、Sさんとお話しました。

Sさんは、高校1年生と小学校2年生のお子さんがいるのですが、家族をなかなか外に連れて行ってあげることができない、家族で色んな世界を見に行きたい、まずはディズニーに連れて行ってあげたい。そんな想いを胸に、僕のところにやって来ました。

世界を飛び回るだけがパワートラベラーではない。

DSC00326

「企業や組織に属すことなく世界を自由に飛び回る力をつける」

これが、僕がパワートラベラーとして目指している状態です。しかし、実際に僕のところに来る方というのは、海外には興味がありつつも「飛び回る状態」までは求めていない方がほとんどです。

  • 家族やを色んな場所に連れて行きたい
  • 年に数回海外旅行に行きたい
  • 企業に属さずに出来る仕事をしたい

そんな状態を求めています。

周りにいる人たちを大事にしながら今よりもっと自由になりたい。北海道では6名の方と対面でお話しましたが、自分らしく生き、仕事をして周りの大切な人と幸せに暮らしたい、そんなささやかな状態を目指している方がほとんどでした。

世界を自由に飛び回る状態とは?

僕はパワートラベラーを名乗って活動をしていますが、必ずしも「旅」というものを絶対視していません。

ただ、

日本にしかいられない状態と
日本が好きだからいる状態、

ここにしかいられない状態と
ここでも、どこでも行ける状態は

根本的に違います。

そして僕は、

選択できる行動半径が広がり時間と場所に縛られない状態を「世界を自由に飛び回る力をつける」という言葉で表現しています。

いつでも家族を連れてディズニーランドに行くことができる状態。それは、僕が目指すパワートラベラーの理想となんら変わることがありません。

誰もが自由になれる。しかし、そのためには具体的な力がいる。

僕はうつ病になって仕事を辞めた時、半年ほどベッドに寝ていた時期があります。

そのとき、自分の方向性に悩み救いを求めてもがいていましたが、ただ悩んでいるだけでは毎日は何も変わりはしませんでした。

変化を求めてたくさんの本も読んでみました。自己啓発、人生訓、ビジネス書……音楽や映画、芸術にも触れてみた。しかし、実家に縛られている自分の状況、目の前に広がる風景は変わりませんでした。

この風景を変えるには具体的な力がいる。企業や組織に雇われる以外の、自分ひとりでも生計を立て、将来は誰か大切な人を養えるだけの力が

その力の必要性を、心の底から認識したとき、僕は素直に動けたのだと思います。

Sさんは家族をディズニーランドに連れて行く力を手に入れるために動き出しました。

僕もSさんを応援するためチームパワートラベラーの一員に迎え入れ、一緒にサイトを作ることにしました。

Sさんの行動が、家族に夢を与えるだけでなく、同じような悩みを持つお父さん方を刺激し、行動を促すようなそんな一歩になればと思っています。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

ドローン起業家・「東海空中散歩」主催の吉武 穂高さんとお会いしました。

タイの田舎町でとある個人貿易商社の社長に教わった、世界の市場を飛びまわる「貿易ト...

NO IMAGE

新生ヒストリカ|20年来の夢を追いかけ、1人でゲームリリースを達成した漢の話

1日の定義を勝手に「42時間」に設定して、1週間を7日 ⇒ 4日に最適化して生活...

「夢はカチカチ、250回唱えましょう」とある麻布の実業家に教わった、驚くほど夢や...

「君はこんなところで、24時間仕事をするために生まれてきたのかい?」とあるタイの...