質の高いサテライトサイトを作るための5項目-文字量や記事内容などの基本編

Googleは「自作自演の不自然なサテライトはマイナス評価」ということを明言しているのですが、そうはいっても、質の高いサテライトはSEOで上位表示させるために必要不可欠だったりします。

今回は「質の高いサテライトをどう作るか」ということを、ページ数や文字数、記事内容などといった細かい部分に焦点を当ててご紹介していきます。

1.サテライトのページ数はどれくらい?

19386-1280x800-[DesktopNexus.com]

まずサテライトのページ数ですが、「多ければ多いほど良い」というのが基本です。
3ページしかないサイトより、100ページあるサイトの方が評価されることは言うまでもありません。

ただ、サテライトサイトでそこまでのボリュームを作るのは現実的ではないので、実際には5~10ページくらいのボリュームがあればいいと思います。

僕の場合ですが、最初にサテライトを仕込む段階で5記事程度入れています。

検索エンジンにその5記事キャッシュされたのを確認してから、メインサイトへの発リンクが入った記事を投稿しています。

その後はなるべく1ヶ月に1回くらい更新したり、気が付いた時に記事を継ぎ足しています。

2.1ページあたりの文字量は?

nakami2

サテライトに使う記事の文字量ですが、僕は1500文字〜を入れています。

以前は「サテライトは数百字でOK」といわれていましたが、サテライトの質を高める意味で、今はこれくらいの分量が必要になってきています。

また、たとえば全部の記事が800字、というのも不自然ですので、ある記事は600字、ある記事は1200字(600字の記事を2つ足す)というような形で文字数をバラけさせています。他の稼いでいるアフィリエイターさんに聞いても、これくらいの文字数で、うまくバラけて記事を投稿している方が多いように感じます。

3.サテライト記事の内容は?

記事内容ですが、2つの作り方があります。

1.ふつうの日記⇒リンクを送るときのみメインと同じジャンルの記事を書くパターン

このパターンは、ふだんは適当な日常記事を書いておいて(今日あったこと、ニュースについて思うこと、悩み事など)、メインサイトへの発リンクを送るときだけ、そのジャンルの記事を書いてンクを送る、という作り方です。
こちらのサンプルブログをご覧ください。

このブログを見ていただけるとわかりますが、1つのブログのなかに、「料理」「アニメ・ゲーム」「芸術」と色んなカテゴリが分かりており、それぞれバラバラな内容の記事が投稿されています。
nakami1

まずは3~5記事ほど投稿しておいて、検索エンジンにキャッシュをさせる。そして、たとえば美容系のサイトにリンクを送りたいときは、ここに「美容」というカテゴリを作成し、美容系の記事を投稿してそこからリンクを出す、、、というような作り方です。

 

2.メインサイトのジャンルにあった記事だけで作るパターン

もうひとつの作り方は、「このサテライトはこのサイトにだけ使う」と事前に決めておいて、メインと同じジャンルの記事だけを投稿する、という作り方です。

たとえばメインサイトが「基礎化粧品」についてのサイトであるとします。すると、

  • 働く30代女性の肌の悩み
  • 乾燥肌のひとの化粧水選び
  • 寝不足・残業で疲れた肌を癒す方法!

みたいな、このメインに関連するようなサイトを作り、やはり3~5記事くらい投稿してキャッシュをさせたあとでメインサイトへの発リンク付記事を投稿します。

そのジャンルのサイトにしかリンクが送れなくなりますが、その分被リンク効果は高まります。僕はいつもこっちの方法を使っています。

4.サテライトの更新頻度は?

nakami4

サテライトの更新頻度は「多ければ多い方がいい」というのが基本です。

しかし実際には、【月1回更新を目指す】というのが現実的な数字だと思います。難しければ2ヶ月に1回でもOKで、まったく更新が止まってサイトが死んでしまうと良くないです。

また、たとえばメインサイトが3位くらいで止まっていてなかなか上に行ってくれないときの施策ですが、メインをいじくってどうこうするのではなく、サテライトを更新して強くすることで、メインサイトを強くする.…という方法があります。

これはけっこう効果的で、僕も、僕の周りで稼いでいるアフィリエイターさんもよく使っている更新手法になります。

5.サテライトからリンクを送る本数は?

pass

発リンクの本数は「少なければ少ない方がいい」というのが基本です。

たとえばAというサイトの力を仮に「10」としたとき、1本だけ発リンクを出すと、そのリンクの力は「10」になります。

しかし、10本リンクを出したとすると、そのサイトの力は分散されて、1つ1つのリンクの力は「1」になってしまいます。

そのため、サテライトの力をメインサイトへ送りたいなら、なるべくリンクの本数を抑える必要があるということ。つまり、1つのサテライトサイトにつき、発リンクは1本だけ、というのが理想の本数といえます。

ただ、これを実践するにはかなりの数のドメインやサーバー、無料ブログの数が必要になってきますので、自分がどの程度のお金をサテライトに投資できるかで調整してもいいと思います。

それでも10記事くらいのサテライトであれば、多くても3-4本が限界かな?と感じています。

1つのサテライトからたくさんリンクを出すのは危険!

ひとつ「これはダメ」と断言できるのは、1つのサテライトから何本も何本も、それこそペラページと大差ないサイトからたくさんのリンクが出ているようなサテライトです。

内容のないサイトからたくさんのリンクが送られているサイトは「スパム」と判断され、そこからリンクが送られているメインサイトの評価を下げることにも繋がります。

こんなサテライトを作ってリンクを送るくらいなら、いっそのこと何もやらないほうがマシです。

まとめ

ということでサテライトサイトの作り方をまとめると、

  1. まずは3~5記事程度の記事をアップロードする
  2. 1記事あたりの文字量は600~800字程度
  3. メインサイトへの発リンクを入れた記事をアップする
  4. その後、必要に応じて記事を更新していく
  5. 1つのサテライトから送るリンクの数はなるべく少なく抑える

というようなことになります。

こうやって書くとなかなかに骨が折れる作業に思えますが、外注さんを使ってサテライト記事を書いてもらえば、あとは投稿していくだけなので思ってるほどには大変ではなかったりします。

サテライト記事の集め方については、「サテライト用記事を短時間で効率良く集める方法」で詳しく書いていますので、そちらもご参考ください。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

売れやすい広告の見つけ方!僕がアフィリエイトの商品選定をするときに考える4つの判...

オールドドメインでメインサイトを作るときの6つの手順!

仕事をしながら勉強ができて、それが収益に結びつく。パリでサイトを作りながら考えた...

質の高い記事を書く外注ライターさんを見つける方法。ランサーズのタスクで「オーディ...

「何から始めていいかわかりません。書けることがそもそもありません」という人へ。ゼ...

「初報酬があがりました!」という嬉しい報告をいただきました。同じ1円でも、「自分...