パリ・シャングリラホテル、○○経由で予約すると3泊目が無料に! 10万円以上お得に泊まれる会員サービスとは?

今回、パリ・シャングリラホテルに3泊したのですが、3泊目は無料で宿泊することができました。

パリのシャングリラは、一番安い部屋でも1000ユーロ(約13万円)以上します。

3泊すると40万なので、この1泊分が無料というのは大きいですね。下は、2015年5月のレートで調べた値段です。

スクリーンショット 2015-05-17 9.58.17

どうして3泊目が無料になるかというと、「公式サイト」の中にある、シャングリラの会員サービス「ゴールデンサークル」というものを経由して予約したためです。

簡単にいうと、よくシャングリラを利用する人のための「お得意さん」プログラムのようなものです。

スクリーンショット 2015-05-17 10.15.23

(ゴールデンサークルとは)
ゴールデンサークルは、シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツの特別なゲストのために考案されたフリークエントゲストプログラムです。世界中のシャングリ・ラにご滞在いただくたびに、各ホテル独自の特別なサービスと特典をお楽しみいただけます。

このゴールデンサークルは、無料で誰でも会員になることができます。

そして会員になるとすぐにIDが発行され、このIDで会員サイトにログインをすると、会員だけの特別オファーにアクセスをすることができます。

このオファーの中に、「パリシャングリラで2泊すると3泊目が無料!」という特典があったので、今回はこれを利用して予約をしました。

スクリーンショット 2015-05-17 9.49.58

このオファーは3泊目が無料になるだけではなく、朝食(2人で116ユーロ)のサービスと、シャンパンボトルやフルーツのサービスまでついてきます。

今回はハネムーンということを伝えていたためか、シャンパンの他にマカロンの盛り合わせももらいました。

DSC04736

シャングリラは他のホテルと同じように、AgodaやHotels.com、一休などの予約サイトからも予約することができますが、記念日などは特に、公式サイトや会員サイトからの予約がオススメです。

外部サイトを経由するより、直接予約をしたほうが、良い部屋が割り当てられたり、滞在中の特典が充実していることが多いです。

ホテルとしても、外部からのお客より、公式サイトや会員サイトを経由して予約してくれる常客を大事にしたいと思うのでしょう。

DSC04833

シャングリラのゴールデンサークルのように、一度も宿泊したことがなくても、その日から申込ができる会員プログラムは多くあります。

リッツカールトンやマリオットなどもそうですね。こうしたホテルも、会員だけの特別オファーを用意しているホテルが多いです。

ですので、ちょっと高級なホテルを予約するときは、そのホテル独自の会員サービスがないかどうかを調べることをオススメします。もし加入できるようなら、何かお得なオファーがあるかもしれません。

高級ホテルにかぎらず、ビジネスホテルでもこうした会員制プログラムを用意しているところは多くあります。たとえばアパホテルやコンフォートホテル、東横インなど。会員になっておくとレイトチェックアウトが無料でできたり、提携サービスの割引が適用されるなど何かとお得です。

もしデイリーに使うホテルや、お気に入りの高級ホテルがあるならば、忘れずにその会員プログラムをチェックしてみてくださいね!

[kanren postid=”18832″] [kanren postid=”3423″]
パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

2017年最初の妻とのデートは神戸へ、お気に入りの紅茶ブランド「MARIAGE ...

これからは、両手をPCとスマホ以外のものに触れる時間を、未体験の体験に触れにいく...

妻がフィリピンに行くと言い出した。その理由がすごい。

【キロ単位1€~】外食も安いポルトガルは、スーパーも激安価格でお財布歓喜!

紅茶を頼むにもルールがある。「事前知識」がなければ、たとえ英語がわかっても会話を...

平日昼間、フィレンツェの街を歩きながら、この自由を叶えるためなら何度でも起業しよ...